Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

趣味

戦国大名と分国法 (岩波新書)/ 清水 克行 ~思ったのとは違う側面が見えてきて面白い。~

本のタイトルにひかれて購入。 学校で習って以来あんまり気にすることもなかった分国法。この分国法って、戦国大名が自国経営のために作ったという感じで教えられていたような気がしますが、読んでて印象がだいぶ変わりました。 むしろ、これを読んでみると…

EVと自動運転――クルマをどう変えるか/ 鶴原 吉郎 ~答えのない中で進んでいくのかなぁ。。。~

本屋さんに行ったときに気になったので購入。 読んでの感想は、よく記事で見かける内容とほぼ変わらないなというのが印象。特に新しい内容があるわけではない。 ただ、いままで出てきている内容をベースに組み立てられているので、納得感がある。 世の中のト…

財布の習慣―一瞬で、金運がアップする!/佐藤 伝 ~財布にまつわるあれこれ~

普段からお世話になっている財布。 そこの習慣を変えていくという内容です。 財布にまつわることを見ていくと、ふむふむなるほどなと。 財布は、2年9カ月でかえていくこと。だいたい1000日ということなんですかね。。。 財布に入れる金額は、年齢×1000円。 …

相手に「伝わる」話し方/池上 彰 ~具体的に話す。なかなかできないことですよね。。。~

池上さんといえば、非常にわかりやすい説明をされる方。 むしろ、あそこまでしゃべりたいとすら思えてくる。 「たとえ」とか「具体的」というのをうまく使って、視聴者の目線で話してくれているのがわかるからこそ、非常にわかるのかも。 他人に説明するのに…

管仲〈下〉/宮城谷 昌光 ~鮑叔の身の引き方がきれいすぎる。。。~

管仲の下巻。 君主がなくなったあとの政変からうまく身を隠した鮑叔と公子小白と、その中にぎりぎりまで残った公子糾。 外にでることで、暗黙の抗議の形を示したことで、公子小白。それに対して、残ることで同調性を問われることとなった公子糾。 この2人の…

管仲〈上〉/宮城谷 昌光 ~管鮑の交わりのような関係が気づければ幸せなのかも。。。~

管鮑の交わりで有名な管仲の話。 管仲が斉の宰相になる前の話。 むしろ、斉に入る前の話が非常に長い。そっちがメインというか。。。 個人的に、管仲の変遷があまりにもかわいそうな気がしてならない。 それに対して、鮑叔が管仲を斉に薦めたりとかいろいろ…

仕事は楽しいかね? 2/デイル・ドーテン ~上司になっても大変。。。~

仕事は楽しいかね?の第二弾。 第一弾が非常に面白く、参考になるところが多かったので続きを読んでみました。 今回は上司になったとき編ですかね。 偉くなっていたときに、どのように組織を運営し、自分を助けてくれる人々をどう探していくのか?ということ…

マーケティングリサーチとデータ分析の基本/中野 崇 ~分析って難しい。~

データ分析しておしまいとなることが多々。 そこまで集めて安心というか、納得というか。そこが問題なのかなと。 分析で重要なのは意思決定やアクションにつながるアウトプットを作ることです。数字を活用することだけが分析ではないと覚えておいてください…

外資系コンサルの知的生産術 プロだけが知る「99の心得」/山口 周 ~ストックをどれだけ増やすかか。。。~

知的付加価値を上げる。 昨今のビジネスモデルを考えると、いかに付加価値をあげるか?というのが肝になります。 組み立てるだけならあまりメリットがすくなく、そこに対してデザイン性やら機能性といった付加価値をつけていくことで価値の高いものになって…

ザ・プラットフォーム:IT企業はなぜ世界を変えるのか?/尾原 和啓 ~経営理念と一体になっているような感じなのかな?~

プラットフォームが世界を変えるという、言葉にひかれて本書を読み始めてみました。 プラットフォームの本書の位置づけは次のようなものです。 個人や企業などのプレイヤーが参加することではじめて価値を持ち、また参加者が増えるほど価値が増幅する、主にI…

深く考えるための 最強のノート術 (年収1億稼ぐための基礎力養成講座)/午堂登紀雄 ~ノート一つだけど、なかなか難しい。~

仕事ではノートや手帳でメモしたりすることが多い。 また、プライベートで思いついたことを残しておくのにノートに書いておくことも多い。 ただ、うまく使えているか?というとなかなか説明ができないところも。。。 あと、セミナーとかでてても、なかなか漠…

ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務/石野 雄一 ~投資って難しいねぇ。。。~

投資先のお金の動きをきちんと理解する。 それが投資を判断していく上で非常に大事なこと。 大事なのは、リスクをいかに取りつつ、企業の価値を最大限にいかにしていくかということ。 ただ、リスクというのは見る立場によって大きく異なる。 企業を大きくし…

フリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略/クリス・アンダーソン ~いろんなFREEで取り組む方法があるのだなぁ。~

10年くらい前の本ですが、FREEというものにまつわる商売がどういうものか?というのが見える非常に面白い本でした。 FREEの代名詞といえば、いろんな機能を無料で使えるGoogleやFacebook等の商売がどうして成立するのか?というのがなかなか理解できていない…

仕事は楽しいかね?/デイル ドーテン ~トライすることがいかに大事かと身に染みてわかる。。。~

仕事をしていくで、楽しくないことなんて多々。 ルーチンワークなんて、そこにやりがいを見いださない限り疲れるものだし。 チャレンジをしないとダメだといわれて、チャレンジができている間は楽しいものの、チャレンジをして失敗したら、失敗を理由に責め…

写真・図解 日本の仏像 この一冊ですべてがわかる!/薬師寺君子 ~知らないことだらけ~

不動明王巡りとか、西国巡りとかしているので、寺院に行くことが多々。 仏像のことがあんまり知らない。 お姿みれば、お不動さんとか、観音様とかとわかるんですが、それ以外のことがよくわかっていない。。。 どういう役割をもつといった背景をしったうえで…

都市国家の誕生/前田 徹 ~文明で大事なことだったんですねぇ~

あんまり気にしていなかったのですが、漠然と世界史でふーんと思っていたことが意外と重要なことだったという感じです。 本書で紹介されているゴードン・チャイルドの人類文明発展の重要な転換点として書かれているのが次の3つ。 新石器革命 都市革命 産業革…

わかったつもり 読解力がつかない本当の原因/西林 克彦 ~文脈ってこわいんだなと。。。~

本を読んでいたりして、さらっと読めたなと思ってたけど、他人がたまたま一緒の本を読んでいて、もっと深く読んでいたりする人がいるのを見ると、自分はわかったつもりになっていただけなのか?それとも、読みがいい加減だったのか?など思うことがあります…

風景写真の正しい撮り方 (Gakken Camera Mook) ~カメラの設定をいじってみるのも大事か。。。~

旅行にいったりした際に、メモのために写真を撮ることが多いのですが、どうも思った通りに撮影できないことが多々。 見ていた感じと、とった感じが違うなんて多々。 そこの差を埋めたり、より印象的に撮影するのが写真テクニックであったりするのでしょう。 …

指名される技術 六本木ホステスから盗んだ、稼ぐための仕事術/堀江貴文,斎藤由多加 ~ヒットも大変なんですけどね。~

日ごろから、確実につなげていく。一発逆転をあてにしない。 読んでの感想です。 派手な世界かなと思っていましたが、ビジネスに普通に似ているなというのが感想。 本書を見る限り、やれる範囲のことを着々とやっていく。瞬間風速的な大きな売り上げをあげる…

愛する「日本茶」の本/今井久雄 ~お茶って奥が深い。。。~

普段何気なく飲んでいるお茶。 ペットボトルとかで買うのも大概お茶。 なのに、案外お茶のこと知らないなというのを常々感じていたので、ちょっと気になって電子書籍で購入。 読んでみて、やっぱよくわかってないわーというのが感想。 煎茶とか、種類はしっ…

【入門】お金持ち生活のつくり方/佐々木 裕平 ~投資をいかにしていくかか。。。~

お金をどう貯めるか? 費用をどう貯めていくか?というよりもどういかに勝手に貯まっていく環境を作るのか?という話です。 本書で書いてある中で一番いいのが、 「会社員で投資をしている人」だそうです。 一番悪いのが、「会社員で借金のある人」。 会社員…

「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55/古市 幸雄 ~こつこつ続けることが大事なのか。。。~

社会人になってなかなか勉強をする気にならないし、勉強する時間を確保できない。 なので、資格試験前や放送大学の課題やテストのときは直前に怒涛の追い込みをしています。 ただ、このやり方だとなかなか身につかない。 1日30分を毎日続けると、合計180時間…

敗者復活の「学問のすすめ」: 現代の身分制度を生き抜く知恵/古市 幸雄 ~いろいろと考えさせられます~

現代の身分制度についてというよりも、学問をしろというのを説いている本。 学問なんて必要ないと思うことも多々ある。 ただ、就職の時とかに、学歴というフィルターがあったりしますし、どこかで学歴というものが付きまとってくる。 個人的に本書でそうだな…

タロットの秘密/鏡 リュウジ ~タロットって歴史が長いんだなぁ。。。~

タロットというと占いというイメージ。 読んでて思ったのは、タロットに歴史があり、時々で絵柄がかわっていっているということ。その原因が、作成者の誤読やミスコピーであることもあるらしい。 そして、変わった絵柄が定着することもあるというのが面白い…

ファシリテーションの教科書: 組織を活性化させるコミュニケーションとリーダーシップ/グロービス,吉田 素文 ~会議を効率よくしないとなぁ~

会議をやっていても、なんか微妙だなと思うことが多々。 どうどう巡りになって、何も決まらない会議だと面倒になってくるので、たまにそのまま会議で発言せずにいたりとかも。 本当はいけないと思っているんですけどね。 会議でいい内容を打ち合わせることが…

謎とき日本近現代史/野島 博之 ~踏み込んで考えるって学校で習わんかったな。。。~

歴史について、なぜそうなったんだろう?と考える。 そのことの大事さを訴えている本。 歴史というのは暗記科目ではなく、そこから知恵を引き出していくのには、なぜそうなったのか?というのを紐解いていく必要がある。 情報がないところは、推定や論理的に…

オロロ畑でつかまえて/荻原 浩 ~村おこしのようなドタバタのような。。。~

いやぁ、おもしろい。 ユニバーサル広告社と牛穴村の面々が繰り広げる話というのが面白い。 結局、牛穴村の村おこしというのがなんとかなるわけですが、それでもそこまでいくドタバタというか、無理やり感というのがいい。 ネッシーを模したウッシーの話がで…

9割の高血圧は自分で防げる/桑島 巌 ~わかっているんだけどなぁ。。。~

高血圧に関する本 その2。 高血圧自体が、そのあと様々な病気を引き起こすというのを理解。 高血圧の対策として大事なのは、次のこと。 カロリー制限 運動 塩分摂取量低減 といったところ。 太る⇒血流を強くするため、血圧上昇。 運動不足⇒肺活量低下による…

知ってる古文の知らない魅力/鈴木 健一 ~お手本があるからこそ、次があるという考えもあるのか。。。~

本(小説)を読んでいると、似たような展開が多いなと思うことがあります。あ、あのときの展開に似ているとか。 そういうのを見ていると、結構面白いなと思いますし、毎度毎度新しい物語なんて、なかなかできるものではない。どこか似ているモノを作ってしま…

銀行員はどう生きるか/浪川 攻 ~原点を見失わずに、変わっていくしかないんでしょうね。。。~

メガバンクが人員を減らしていくという報道がでたり、地方銀行が合併したりと変化の激しい金融業界。 その激動の中で、銀行員がどうなっていくか?ということ。 現状、フィンテックとかが推進していくと、営業といった顧客と接する(フロント)は残っていく…