読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

名古屋散策 名古屋市営地下鉄の地上を歩く 地下鉄鶴舞線その2 上前津⇒大須観音⇒伏見

鶴舞線の散策 その2です。 前回は、鶴舞スタートで上前津へ。 上前津からは、大須エリアのアーケードを通過します。 普通に、道路を歩いてもつまらないので、大須のアーケードの中を歩きます。 招き猫の置物がお出迎え。 歩いてみて思うのが人が多い。 ここ…

ブラタモリ(4) 松江 出雲 軽井沢 博多・福岡/NHK「ブラタモリ」制作班 ~巻末のスタッフの裏話が面白い~

テレビを見たとき、面白かったので、結構覚えているところが多々。 ただ、3巻と同じく巻末のスタッフの裏話が面白い。 今回は、エンディングで使っている写真について。あれは、撮影中にカメラマンが撮っているもの。てっきり、録画したものから抜粋して静止…

名古屋散策 名古屋市営地下鉄の地上を歩く 地下鉄鶴舞線その1 鶴舞、上前津

普段、通勤で使う名古屋市営地下鉄。 何気なく、電車に乗って移動してますが、その地上でどういう風景があるのか?とかまったく考えたことがなかったなと思い、今回ふらふらと散策。 全線制覇はなかなか難しいかもしれませんが、ちまちまと散歩をかねて歩い…

深夜食堂/大石直紀 ~料理と人情話って、なぜか読んでしまうんです~

深夜12:00~朝方7:00まで開店している深夜食堂での物語。 もともとは、ビッグコミックで連載している漫画。それが小説やドラマ化されている。そういや、漫画原作のドラマや映画ってここ最近多い気がする。 深夜食堂 - Wikipedia Googleで検索すると、ドラ…

アメリカ大統領に対しての疑問 副大統領が大統領になったケースは9件もある。

トランプ大統領が1/20に就任しました。 疑問に思ったことが1つ。 アメリカ大統領の中で辞任した人は過去にいるのか?ということ。それと、副大統領が大統領になった事例はどれくらいあるのか? ということで早速調べてみました。 アメリカ大統領で辞任した人…

ブラタモリ(3) 函館 川越 奈良 仙台/NHK「ブラタモリ」制作班 ~見方が異なるところが面白い~

毎週楽しみに見ているブラタモリ。 nasneに録画してみてますが、ある程度溜まってきたら消しているので、古いのはなかなか情報がなく、旅行に行くときに参考にできない。 それを解決してくれるこの本、非常に頼りにしてます。 この本の最後のところに、ブラ…

「脱管理」のチームづくり/岩本 真弥 ~自分で考えることができるかどうかが肝心~

世羅高校というと、駅伝の名門。 広島県立世羅高等学校 - Wikipedia 全国高等学校駅伝競走大会 - Wikipedia 男子は駅伝で9回全国一位に、女子は1回全国一位に。 その出身著名人でいくと、鎧坂哲哉さん(陸上競技選手)、原晋さん(青山学院大学陸上競技部監…

年始の旅 熱田神宮と生田神社。。。 ~今年の年末年始の旅は反省ばかり~

年末年始、旅行はほとんどできませんでした。 去年は、いろいろとしたんだけどなぁ。。。今年は、いろいろと用事があったりしてダメだった。残念。 その中で一応いったところを写真で。 反省の中の一つとして。。。 年始にいったのは、熱田神宮と生田神社(…

情報参謀/小口日出彦 ~情報って重要なんですね。。。~

野に下った自民党が情報の観点で、民主党を圧倒していったか?ということを書いてある本。 2009年当時民主党が政権交代を果たし、政権を取った。そのあとの自民党の埋もれていくかのごとくの状況から、状況を変えていき、次の参院選、そして政権奪回した衆議…

スタンフォードの自分を変える教室/ケリー・マクゴニガル ~なかなか自分を変えるのは難しい。~

興味があって読んでみた。 感想としては自分は変わりたいのだろうか?という素直な疑問が。。。 変わりたいのか、それとも変わりたくないのか。どちらでもそうだなぁといえてしまう自分がいます。むしろ、流されるかのように変わっていっているというのが実…

2016年最後の旅 ~移動開始が遅すぎた~

2016年最後の旅です。 このとき、投資のことを朝ぐだぐだ考えてて、スタートがだいぶ遅れたという反省点がある旅です。 京都についたのが2時過ぎというだいぶ遅れ気味。。。 普段なら、午前中について、いろいろと見て回るのですが、2つしか回ってません。あ…

インカムゲイン投資の教科書/玉川 陽介 ~勉強することが多いですね。。。~

インカムゲイン。 投資に興味がなければ、なんじゃらほい?と思ってしまう言葉。 インカムゲインとは、配当や分配金による利益のこと インカムゲイン、キャピタルゲイン | いま聞きたいQ&A | man@bowまなぼう この著者の中で肝となるのが、高利回りをどう実…

ローマ人の物語7 勝者の混迷[下]/塩野七生 ~大きくなりすぎたがゆえに、自らかわっていかざるをえないのかなぁ~

ローマの100年におよぶ内乱の一世紀がようやく終息。 その中で、燦然と輝くのがスッラ。 ルキウス・コルネリウス・スッラ - Wikipedia スッラ体制とよばれる独裁政権を樹立し、ローマの権力を集中させるまでに至る。共和制の守護者のようにふるまっているも…

下半身に筋肉をつけると「太らない」「疲れない」/中野 ジェームズ 修一 ~きちんと現実に向き合わないとなぁ。。。~

正月休み、年末年始、さらには年末から年始に続く忘年会、新年会で太り気味になってしまうこの時期。 ちょっと太りすぎるのもいかがなものかと考えて、この本を本屋で見つけて買ってみました。 読んでて思ったのは、ターゲットはアラフォーの女性。自分はタ…

不屈の棋士/大川 慎太郎 ~棋士と人工知能の戦いは、この先の世界がどうなるかを先読みさせてくれそうです~

棋士と人工知能との戦いについて、11名の棋士にインタビューした本。 これを読んでいて、世の中が人工知能だなんだといっていてもてはやしているが、それがどういうことを生み出していくのか?、そのとき人はどう葛藤していくのか?というのがよくわかる。 …

捨てられる銀行/橋本 卓典 ~銀行の話はちょっとむずかしい。ただ、大きく変わっていってるのはわかった~

銀行のイメージがガラガラと崩れた本。 いままで、銀行は安定でお固く、庶民に厳しい。晴れているときには傘をもてといってくるのに、雨が降ると傘をひっぺがす。 そんな強気を助け、弱気をくじくという悪役のイメージがありました。 それが、もともとは金融…

気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている/村瀬 秀信 ~吉野家は七味だよなぁ~

普段あまりチェーン店でご飯を食べることが少ないです。 ほとんど家で食べるか、仕事のときは会社でごはんを食べる感じ。 旅行にでかけても、その土地のものを食べたいので、有名なところにいったりして、なかなか食べに行かない。。。 ドライブに出かけた際…

マンション格差/榊 淳司 ~マンションのチラシやHPの見方がかいてあるのが面白い。~

マンションなんて、まだ買うつもりはないのですが、今後の参考のために読んでみました。いや、マンションなんてもとより、一軒家すらも予定もないんですけど。 ずーと買ってても、うんともすんともいわない宝くじやBIGあたりで大当たりしたときのことを踏ま…

プラットフォーム戦略/平野 敦士 カール ~場を作るということがどれだけ重要かということか。。。~

アマゾンプライムのkindleの月1冊で読んだ本。 もう電子書籍を使うことに対する抵抗感は完全になくなりました。むしろ、電子書籍版があるかどうかを確認して、あれば電子書籍版を購入することが多いです。安いことが多いですし、すぐに手に入りますしね。 本…

マグネシウム文明論/矢部孝 ~なるほどなぁ。。。と一瞬引き込まれた。。。~

マグネシウム文明論と大層なタイトルがついていますが、読み進めていくと、マグネシウムが次世代の電池(空気電池)になるという話です。 今使われているリチウム電池は量が限られており、これからの電池社会に進めば進むほど高騰が想定されている。だからこ…

あやしい投資話に乗ってみた/藤原久敏 ~このやってみよう精神はすごいなぁ。。。~

本屋さんにいったとき、たまたま見つけた本。 こんなこと乗っかったら大変なことになるんじゃない?とも思えるような内容がずらりと。 未公開株を買ってみた 新規公開株を買ってみた 和牛オーナーになってみた 先物取引をやってみた など、合計7つ。 この本…

科学は不確かだ!/R.P.ファインマン ~ファインマンさんの本は面白いなぁ。。。~

ノーベル賞を受賞しているR.P.ファインマン。 リチャード・P・ファインマン - Wikipedia いろいろな逸話のある方なのですが、それはリンク先やほかの本を参照願います。 ノーベル賞を取った研究が、遊びで思いついた内容をコツコツとやった内容というのも面…

なぜ、我々はマネジメントの道を歩むのか/田坂広志 ~ずしんと重たいものが自分の方に乗りかかった気がします~

人に薦められて読んでみた本。 好き勝手な行動をしがちな自分に対して、上に立つ者の想いをしって、もう少し動けという意味かなと思いつつも読んでみました。 書籍でほしかったのですが、入手しづらいみたいなので、電子書籍版で入手して読んでみました。 読…

ローマ人の物語6 勝者の混迷[上]/塩野七生 ~危機を乗り越えた後にくる新たな内からの危機~

ハンニバルの危機を乗り越えたローマにきた新たな危機。 それは、内部の不満からくる内乱。 これがほぼ100年、1世紀続いたわけですから、たまらない。。。 内乱の一世紀 - Wikipedia この中でもいままでの味方と思ってたところが、ローマ市民権をもらいたく…

2016年の読書の振り返り 結構読んだものです。

年末ということで、1年の振り返りです。 2016年を振り返ると、かなり本を読んだ気がします。自分の人生史上一番本を読んだといっても過言ではない。 読んだ本の冊数を数えると、207冊。 思ったより、読んでましたね。。。6月くらいまで使用していたSmartShel…

今年の旅行の振り返り 2016年はいろいろといったもんです。

今年はいろいろと旅行に行きました。 投稿してない仕事がらみのもあるので、毎月どこかに行ってたような感じすらあります。 ということで、振り返りを。 1月 八王子 2月 松本城と飯田線 3月 伊勢神宮と熱田神宮 京都旅 六波羅密寺と下賀茂神社 大阪城と近江…

退職金バカ/中野晴啓 ~月々10万貯めるようにするのが一番難易度が高いと思うんだが。。。~

老後をどう考えるか? 老後に必要な金額をどう貯めるか?それのあてに退職金を充てればいいのでは?という考えを壊してくれた本。 今からなんとしてでも、定年までに一定の老後資金をつくる努力をしなければなりません。50代は、老後の資産形成をする「ラス…

イース8 日本ファルコム ~面白いけど、武器の引き継ぎができたほうがよかったかも。。。~

東京ザナドゥがクリアしてから、しばらくゲームから離れてましたが、最近FF15やら桃鉄といろいろと販売されているので、発売日付近に購入した積みゲーを片づけようといそいそとしてます。 そのゲームの1つがイース8。FF15は買ったけど、絶賛積みゲーとなって…

今年最後の伊勢詣で よくいったもんだ。

今年は、伊勢に四回詣でてました。 だいたいいく経路、方法、場所といったことは決まってきてます。 伊勢にいくのは、大概電車でいくので本を読みたいときや、ぼけーと考え事をしたいときになります。悩みが多いときは余計向かってるのかも。以前はドライブ…

負ける技術/カレー沢薫 ~クレムリンの人だったのか。。。~

2010-2013でモーニングでクレムリンを連載していたカレー沢薫さんのコラムをまとめた本。 作者とクレムリンの概要はこちら。 カレー沢薫 - Wikipedia クレムリン (漫画) - Wikipedia 漫画家で、会社員で、人妻という売りはすごい。しかも、連載をもっていて…

インフェルノ(上)/ダンブラウン ~息もつかせぬハラハラ展開~

ダンブラウンシリーズがようやく文庫化されたので、それを購入。 と思ったら、もう映画化されてたようで。。。 年末に時間があれば、映画見に行こうかな?やってるのかなぁ。。。時期を逃したのでやってない気がする。。。 今作は、ダンテ「神曲」をモチーフ…

私本太平記/吉川英治 ~室町幕府の立ち上がりが日本の歴史に大きく影響を与えているのだなと。~

13話という長い太平記を読んで、思うことをつらつらと。 太平記は非常に重要な物語なのだなということが感想。 南北朝の時代を作ったのはさておき、その正当性の観点から後の水戸学につながり、尊王攘夷へとつながり、江戸幕府の倒幕へ。さらには、皇国史観…

私本太平記 黒白帖/吉川英治 ~あれ?楠木正成ってここまで保守的?~

長かった私本太平記がこれをもっておしまい。 まとめを書こうかと思っているので、もう一回書きますが。。。 湊川の戦いに勝った足利尊氏。 これで、天下泰平。我が世を謳歌するかと思いきや、一族の内紛や弟直義との争い、さらには南朝側の北畠顕家、楠木正…

私本太平記 湊川帖/吉川英治 ~楠木正成の戦い方が寂しすぎる。。。~

足利尊氏vs新田義貞・楠木正成の最終ラウンドである湊川の戦い。 湊川の戦い - Wikipedia 太平記のクライマックスは、すべてここに集約されているといっても過言でないくらい読んでて面白い。 新田義貞を批判し、河内へこもっていた楠木正成が呼び戻され、新…

私本太平記 筑紫帖/吉川英治 ~薄氷の中すすんでいくようでいて、蒔いておいた種が育っていくのがわかる。。。~

九州開きのために、福岡についた足利一族。 時間稼ぎのために、赤松氏や佐々木氏を残しての九州開き。 兵の数も少なく、対応しきれないような感じもするのですが、それ以上に建武の新政時に六波羅でいろいろと種を蒔いておいたものを収穫していくかのうよう…

私本太平記 風花帖/吉川英治 ~流れにのると、一気に味方が増えるというのが面白い~

恩賞人事の不満がある中でおきた中先代の乱。 中先代の乱 - Wikipedia 鎌倉幕府の残党対当時の鎌倉将軍府の戦い。鎌倉将軍府の執権の足利直義がおされて、鎌倉を一時的に残党が制圧。 それを見た足利尊氏が助けにいこうと何度も後醍醐天皇に上奏するが、認め…

私本太平記 建武らくがき帖/吉川英治 ~恩賞の人事って非常に大事なのね。。。~

一気に読み進めている私本太平記。 長いので、いつ終わるんだろう?どこで終わるんだろう?と思いつつ、読み進めています。 初めて読むのですが、面白い。 いろんな人が有象無象と動き回り、各々の想いで動き続けていく。 いままで一丸となって、打倒鎌倉幕…

私本太平記 新田帖/吉川英治 ~鎌倉幕府も落ちるのか。。。~

新田義貞の挙兵。 そして、足利高氏の挙兵。さらには、楠木正成の奮闘。 この3つが有機的に連鎖するかのごとく、一気に鎌倉幕府を滅ぼしてしまった感じがします。 その中で、足利高氏の行動を見ていると、六波羅の攻めは以前から攻めてた赤松円心に気をつか…

私本太平記 八荒帖/吉川英治 ~隠岐の島から脱出か。。。~

隠岐に流された後醍醐天皇の大脱出劇。 その中に、女の争いがあったり、宮方の潜伏があったりとかなり盛りだくさん。 そのなかで一番すごいのは、脱出中の出来事ですかね。後醍醐天皇が乗船した脱出船が幕府方の船に追いかけられている中、小競り合いがおき…

日光東照宮へ。

少し前に、日光東照宮へいってきました。 一度きたことがありますが、その際は車で。 今回は電車とバスで乗り継いできてみました。 意外とバスと電車でいけるものなのだなぁというのが感想です。 バスにゆられてからついたのが、日光東照宮へ。 見ざる聞かざ…

私本太平記 世の辻の帖/吉川英治 ~こんな面白い物語を読んでなかったとは。。。~

人々の様々な思いが錯綜しながら、後醍醐天皇の隠岐流しが決行される。 この後醍醐天皇を隠岐へつれいてくのをまかされたのが、佐々木道誉。機転のきいた策略で、うまく宮方の作戦を煙に巻いていく。 ただ、佐々木道誉の行動が宮方のようにも見えるし、幕府…

千代保稲荷へいってきました。

日本3大稲荷の一つ千代保稲荷へ行ってきました。 平日にいったのですが、お昼時は混んでた。なんで平日なのにこんなに混んでるの?と思えるくらい。 千代保稲荷神社 - Wikipedia 千代保稲荷神社:観光・イベント|海津市 日本3大稲荷:伏見稲荷、豊川稲荷、…

私本太平記 みなかみ帖/吉川英治 ~あれ?楠木正成ってここまで保守的?~

ようやく楠木正成がでてきた。 なんというか、日野俊基が逃げ回るのを手助けした人の身内が、楠木正成の妹とかね。。。 六波羅の手を逃れさすために、いろいろと手を打って。。。というところが非常にいい。 非常に優しい人なんだなと。 どうも、楠木正成の…

私本太平記 婆娑羅帖/吉川英治 ~思いのほか、足利尊氏の話にならない。。。~

この帖は、ほとんど正中の変に関して。 正中の変 - Wikipedia 後の史家が、よんで、”正中の変”となす、南北朝大乱の最初の火の手は、ついにこの朝、ここに揚った。 ものすごく大事なきっかけだし、ここから鎌倉幕府の倒幕、建武の新政へとつながっていく非常…

人生を決断できるフレームワーク思考法/ミカエル・クロゲラス ~優先順位付けって難しいよなぁ。。。~

意思決定をする際に使える思考法が50個紹介されています。 書籍で買うというよりも、デジタル書籍で安いときに買った方がいいかも。 自分自身参考になったのは次のもの。 アイゼンハワー・マトリックス(効率よく仕事をするために) ゴムバンド・モデル(ど…

ビッグデータと人工知能/西垣通 ~よくわからない世界かなぁ。。。~

昨今、よく見る人工知能という言葉と、ビッグデータ。 要は、大量のデータを取り扱うのに人間ではやりきれないから、パソコンに任せてしまえ!というのが根幹。 それに対する見解が書いてあり、これからの世の中を生きていくのに、読んでおいて損はないと思…

私本太平記 あしかが帖/吉川英治 ~気にはなってたけど、読んだことがなかった本~

青空文庫のおかげで、吉川英治さんの作品が無料で読めます。 作者没後50年で著作権の権利がなくなるとのことで、この珠玉の作品群が無料に。 電子書籍に手を出さなかったらきっと気づかずに書籍を古本で買い集めてたんだろうなと思います。 こういう青空文庫…

Bリーグを見に行ってみた。 三河vs大阪 11/24

今年から始まったBリーグ。 www.bleague.jp 11/24の平日開催だったのですが、観戦してきました。 非常に面白い試合でした。 試合としては、三河vs大阪。 試合結果は、104-78で三河。 スコア 三河|24 22 34 22 | 104 大阪|30 17 13 18 | 78 1Q、2Qまでは大…

大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる/井堀利宏 ~経済学って面白いなぁ~

株式投資を始めてから、経済学って興味が。。。 いや、経済学を知ったところで株式投資の成績がよくなるというもんでもないというのも分かってます。 ただ、少しでもいいから知識を増やして、世の中の動静や物事の状態をきちんと把握することは大切かなと思…

日本100名城 長篠城 と 道の駅もっくる新城めぐり

柿本城址にいったあと、長篠城址へ。 ここいらは、長篠合戦関係が密集していて回ってて楽しいです。 長篠の戦い - Wikipedia 長篠城は現存しておらず、現在は城址のみがある形です。 長篠合戦のあとの翌年に長篠城は廃城したようです。そのあとは、新城城に…