Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

2018年 GWの思い出 若狭の旅 その4 ~京都・松尾寺~

若狭に、西国三十三観音めぐり29番札所 松尾寺があるので、そちらに参拝。

www.matsunoodera.com

京都府内だったんですね。。。

 

なかなか進んでいない西国三十三観音巡り。今年は少しでも回っていきたいというのもあります。

 

さて、29番札所にいくのには、ちょっと細い道を走る必要があります。

駅から歩くという選択肢もあります。

駅から歩くと40分くらいかな。。。

過去に歩いていった記憶もありますが、今回は車ですいーっと。

一台くらいしか通れないところがあるので、ちょっと運転が面倒になるところがあります。。。

 

ついたら、駐車場の料金500円を支払い、駐車。

 

さて、こちらもなかなかいい雰囲気。

 

馬頭観音の碑があります。

 

それにしても歴史を感じる山門。

 

花もきれいに咲き乱れておりました。

 

そして、松尾寺の碑。

 

 

こけぶかい雰囲気がなかなかいい。

 

手水場。苔の雰囲気がなかなかいいです。

 

本堂にて参拝。

なお、本堂では御朱印はいただけないです。

 

もどって、階段を下りていき、御朱印をいただく場所へ。

 

こちらで御朱印をいただけます。

GWだったので、人が多かったです。。。

 

西国三十三観音めぐりは、草創1300年のイベントを実施中。

いま、いろいろとイベントがなされており、御朱印をいただくと、特別な印をいただけるところもあります。

個人的に、集めたいという気持ちもあるのですが、そればかり優先にするわけにもいかないので、あきらめですかね。。。

 

さて、次回で若狭の旅はラストです。

2018年 GWの思い出 若狭の旅 その3 ~小浜・若狭姫神社~

前回の若狭彦神社に続き、若狭姫神社へ。

 

こちらで御朱印がいただけるということで。。。

若狭の一宮(若狭姫神社) | 観光スポット|福井県観光情報ホームページ ふくいドットコム

 

 

 

それにしても、水の量が豊富、水がきれいというのを見ると、ここいらに神社があるのもわかる気がします。

 

さて、鳥居をくぐったのち、参拝。

 

手水場。

 

この雰囲気結構好きです。シンプルなのも結構好きです。

 

さて、山門をくぐった後参拝です。

 

本殿。となりの千年杉がすごい存在感がでています。

 

近づいて撮影してみると、これまた写真がうまく撮れない。

 

この新緑がまた気持ちいい。

 

本殿に近づいて、まずは参拝。

 

そして、きちんと撮影できていなかった山門を撮影。

 

舞台かな?

 

このあと御朱印をいただいたのち、退散。

 

この若狭姫神社では、若狭彦神社と若狭姫神社の御朱印をいただくことができます。

具体的に書くと、若狭彦神社と若狭姫神社をまとめて、代表とされるのが若狭彦神社の御朱印。それとは、別々に若狭彦神社と若狭姫神社の2種類をいただくことも可能です。

自分は、一之宮巡りの御朱印に記載いただいたので、若狭彦神社の御朱印をいただきました。

 

さて、次は、小浜から抜けて、京都と福井の境目付近にある松尾寺へと向かいました。

2018年 GWの思い出 若狭の旅 その2 ~小浜・若狭彦神社~

ごはんを食べたのち、一之宮巡りへ。

若狭の一之宮は、若狭彦神社と若狭姫神社の2つ。

そのうち、御朱印をいただけるのは、若狭姫神社のほうになります。

 

とはいえ、若狭姫神社のみいって、御朱印をいただくとすると、それはそれでスタンプラリー的なことになるので、まずは若狭彦神社へ。

若狭彦神社 - Wikipedia

 

若狭彦神社。

 

周辺に駐車場がないのがな。。。

 

ただ、雰囲気はすごかった。

大きい杉の木が多くみられたのもすごさを感じた理由ですかね。。。

 

ということで、若狭彦神社へ参拝。

 

由緒記

 

参道。

 

見える木々が巨木という感がすごい。

どこか奈良の談山神社の大きな木々を思い出してしまいました。

 

手入れの行き届いている参道。

地元で大事にされている神社だと思わされます。

 

そして、上宮の門。

 

中に入ってみて、がらんと広がります。

 

一番の驚きがこの手水場。

まさか竹をとおって水が供給されているとは。

 

そして、本殿。

 

周りの木々もきれいに手入れをされているので、見てて気持ちがよかったです。

 

再度別の角度からみた本殿。

やはり、風格がある。

 

帰りに見かけた巨木。夫婦杉だったかな。。。

大きさについつい見上げてしまいました。ただ、写真におさまりきらないというのが難点。離れても規模感がわからなくなりますし、悩ましい。

 

さて、次は若狭姫神社となります。

2018年 GWの思い出 若狭の旅 その1 ~小浜・蘇洞門めぐり~

GW中の投稿で、ざっくりと書いておりましたが、今年も小浜に。

 

前回悪天候の中蘇洞門めぐりにいったので、天候のいいときに行きたいという考えです。

人が多かったからなぁ。。。

こんなに混んでいるとはおもわなかったというのが素直な心情です。

 

さすが、CNNの31選に選ばれたことがあるというかなんというか。

 

場所は、小浜・フィッシャーマンズワーフから、蘇洞門めぐりの遊覧船にのっての旅。1時間弱で、1人2000円。

それが高いのか安いのかは人それぞれでしょう。

 

個人的には十分楽しめたので、まぁいいかなと。

 

写真をぺたぺたと。

 

この遊覧船に乗って移動です。行くとすごい人の列で、これ乗れるのかな?と不安になりつつも乗船。

 

出航してすぐにこの風景。

 

前回は、雨がふっていたので、外にあまりでなかったのですが、今回は天候がいいので、外にずっといました。

風が気持ちよかった。

 

ここから、奇岩がどんどん見えてきます。

 

この削れ具合を見ると、日本海の荒波ってすごいんだなと。

 

層状のものがみえるということは、何か知らの力でひんまがっているということなんだろうけど。。。そこまで詳しくないので、ただ地球の力ってすごいなと。

 

堅そうな岩がたくさん。

 

それにしても、天候に恵まれてました。

 

岸壁に傷がついているのが不思議です。

 

そして、まだまだ進む。

 

こういうのを見てもすごいなと。

ところどころで、釣りをしている人がいたけども、釣れるのかな。。。

 

そして、ぼちぼち折り返しの場所が近づきます。

 

そして、目的地の門へ。大小ありますが、なかなかすごい。

一度でいいからくぐってみたいな。。。

 

目的地を超えたら、あとは折り返して帰りです。

 

この海の風景がなかなか良かった。

 

海の上にいるんだなという感覚もまたよし。

 

ふと、目を向けると大飯原発が見えるんですよね。。。

若狭って原発銀座といわれてますから。。。

 

戻ってからご飯を食べようと思ったのですが、なかなか食べれるところがなく、道の駅にて昼食。

さばうどんと焼き鯖ずしのセット。

 

さて、若狭シリーズはちょっと続きます。

 

名古屋散策 名古屋市営地下鉄の地上を歩く 地下鉄名城線その2 瑞穂運動場東⇒総合リハビリセンター⇒八事

前回に続き、地下鉄名城線その2です。

 

瑞穂運動場東から、八事までです。

てくてくと歩き続けます。

 

駅の近所の交差点。

 

交差点にあったオブジェ。

 

そこからてくてくと歩き続けていくと、薬局の横をつかつかと歩きます。

 

撮影時期が3月末なので、桜が満開。

蜜柑山公園。面白い名前だなと。

 

それにしても、見事な桜。

 

時期的に花々もきれいに咲いています。

ただ、写真は逆光でうまく撮れてません。

 

そこを乗り越えて、次のところへ。

 

総合リハビリセンターという駅。

 

建物そのものの名前ってのがすごいなと。

普通、なんとか前とつけるものが多いですけどね。わかりやすいからいいか。

 

ここいらは、岡という地名が多いです。

ただ、歩く側からすると、アップダウンが多くて大変なんですけどね。。。

 

ここは、雲雀ケ丘。

 

さて、ここから八事へ向かっていきます。

ここを北に行くと、隼人池があって、そこもまた桜がいいんですよね。

 

さて、てくてくと歩いて八事駅に到着。

放送大学でよく通う中京大学が遠目に見えてます。

 

八事駅の入り口。

 

とりあえず、今回のはここで一旦終了です。

 

続きはどこにしようかな。

名古屋散策 名古屋市営地下鉄の地上を歩く 地下鉄名城線その1 新瑞橋⇒瑞穂運動場東

地下鉄の上を歩いてみようをちんたらと続けていますが、思いついた時にするのはいかがなものか?状態に陥っております。

まぁ、この状態でもいいといえばいいんですけど。。。

 

可能ならば、今年中に片付けられるなら片付けていきたいなぁと思うのが心情。

暑さとかもありますから、なかなか進まないですけどね。

 

さて、今回は、名城線の一部を歩きます。

歩いた時期は、桜の咲き始めの3月末ごろ。

もうちょっと早めに投稿したかったんですけどね。。。

まぁ、ネタを一気に投稿すると、他に投稿するネタがなくなっていくので。。。

 

ということで、まずは、瑞穂運動場西から歩いて、山崎川経由で向かいます。

 

桜の咲き始めの時期というよりも、むしろ満開という気がしますが。。。

 

ただ、残念なことに、この時期にはライトアップがされていなかったこと。

この時期にライトアップしてほしかった。。。

 

橋からみた風景。

 

桜。

 

この道をてくてくと歩いて新瑞橋にまず向かいます。

 

瑞穂運動場、パロマ瑞穂スタジアムの横を通過。

 

この景色もいいなと。

川沿いにおりれるのがいいですねぇ。

 

さて、新瑞橋に到着。

ここから、戻るかのような動きをして、瑞穂運動場西へ向かいます。

 

新瑞橋の交差点。

 

地下鉄の駅。

 

横手にバスターミナルを見ながら、てくてくと歩きます。

 

山崎川沿いに歩いていき、まずは北側へ。

 

桜の花のアップ。

 

ここから、瑞穂スタジアムの横を歩いていきます。

 

てくてくと。

 

歩くことで、無事に瑞穂運動場東へ到着。

 

とりあえず、到着したので写真を撮影。

 

 

さて、次は名城線その2です。

2018年 GWの思い出 名古屋城 その5

名古屋城シリーズのラスト。

 

西北隅櫓をでてから、出ていく際に、いろいろと撮影した写真をぺたぺたと貼っていこうかなと。

 

ここが乃木倉庫。

この倉庫に名古屋城の宝をしまっていたから、名古屋城が空襲で焼かれたときに、貴重なものが焼けずに残ったそうです。

もともと弾薬庫だったらしく、重厚な作りになっているようです。

うーん、すごい。

 

そして、ラストになるであろう、名古屋城天守閣の写真。

 

最後尾のものが徐々に伸びてました。これ、最終的にどこらあたりまでいったんだろうなぁ。

 

名古屋城の石垣ってすごいなと思いつつ、剣塀っていうのかと思いながら見てました。

 

あの金シャチはどうなるんだろう。。。

 

そして、この雄姿も見納めか。。。

 

名古屋城が一番いいといわれるポジションから。やっぱりかっこいい。

 

GW中に木曽川うかいの方々もこられていました。

鵜飼いってみたいなぁ。。。

 

あとは、名古屋城のカヤ。天然記念物だそうで。

どうも、大坂の陣に行く前に、このカヤの実を食べて、戦果をあげたということで、必勝のカヤの木ともいわれているそうです。

 

こちらがその説明。

 

最後に歩いてもどりながら、写真を。

帰りのほうが人が増えていったような。。。

 

さて、名古屋城天守閣もなくなるけども、栄の丸栄も'18/6に閉店ということらしいので。

その中にある、三和さんにてお食事をしたのち、帰宅の途に。

なんか昔からあるものが徐々になくなっていくなぁという感慨にひたってしまいました。

 

この親子丼、どこで食べようかな。。。

丸栄、ほどよく食べやすかったんだけどなぁ。

 

ということで、名古屋城に行った内容はこれにておしまいです。

 

ちょくちょく名古屋城にはいこうかなと思ってます。

天守閣が壊されて行く姿や作られて行く姿を見ていきたいってのもありますし。