読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

名古屋散策 名古屋市営地下鉄の地上を歩く 地下鉄鶴舞線その7 御器所⇒川名⇒いりなか

名古屋を散策しようシリーズ。

地下鉄鶴舞線の上を歩くその7です。

振り返ると、結構なシリーズ化になってます。まぁ、興味の中歩いているのでまだまだてくてく歩いていく所存です。

 

御器所駅からスタート。

 

環状線と山王通の交差点。若宮大通ほど大きな通りではないですが、鶴舞方面にぬける貴重な道路です。ここの駅自体、鶴舞線桜通線の乗り換え駅。桜通線が地下深いのがなぁ。。。。

 

鶴舞線の方面に向かって歩いていきます。

名古屋牛乳のカンバンを写真で発見。。。なかなか気づかないなぁ。

ここが本社なんですね。あと、牛乳となってるけど、牛乳の事業からは撤退して、いまはローヤルトップがメイン事業に。

名古屋牛乳 - Wikipedia

www.nagoya-milk.co.jp

 

さらに歩いていくと、山崎川の上にでます。

もうすぐ川名駅です。

 

瑞穂区の山崎川所と比べると寂しいものです。

うーん、山崎川について河口からとことこ歩いていくのも面白いかも。平和公園あたりが源泉らしいですし。

 

そして、川名駅に。

 

名駅の向かいには大きな公園があります。昔もっと建物があったような記憶があるのですが、何があったのか記憶にない。。。

 

公園を左手に見ながら、いりなか駅に向かってとことこと歩いていきます。

 

国道153号線 飯田街道に沿って歩いていきます。

 

いりなか駅あたりになると、歩道が狭い感じがしてきます。

 

そして、いりなか駅に到着。御器所駅からだいたい30分くらい。

感覚として、地下鉄1駅15分くらいの感じです。

 

次回は、塩釜口まで歩きます。

とりあえず、次回でストック分は吐き出し完了です。鶴舞線桜通線の2つをメインで進めていきます。もうすぐ終わりも見えてきていますし。

名古屋散策 名古屋市営地下鉄の地上を歩く 地下鉄桜通線その4 今池⇒吹上⇒御器所

名古屋を散策しようシリーズ。

地下鉄桜通線の上を歩くその4です。

誰にニーズがあるとも思えませんが、自分の興味のまま歩いてます。

 

今回は、前回に引き続き今池⇒吹上⇒御器所と歩き、その1で歩いた御器所瑞穂区役所のところへつなげていきます。

 

まずは、今池駅

 

少し歩いていくと、千種郵便局とドンキが見えてきます。

ふと思ったんだけど、この環状線、郵便局が3つ近くを通る。千種郵便局、昭和郵便局は環状線沿い、瑞穂郵便局は道路一本はいったところ。

名古屋にとって非常に大事な通りの環状線ということですねぇ。

 

ということを思いつつ、信号待ちの名古屋駅方向をみた風景。この道の上を歩くことはあるのかな?予定ではないのですけど。。。

 

環状線に沿ってしばし歩くと、見覚えのある風景。でも、知らない店がちょくちょく増えてます。

 

さらに環状線に沿って歩いていきます。

 

千種文化小劇場。側面の緑が時期がよければ気持ちいいんですけどね。

時期が少し早いかな。

 

とことこと歩いて吹上駅に到着。今池駅からおおよそ15分程度。

 

吹上駅の近所には、若宮大通りと環状線の交差点があり、交通量が多いです。

この地下に名古屋高速も走っていますからねぇ。

 

そして、Ks電気の前を通過。

ここを見ると、吹上という感覚になります。

 

さらに環状線に沿って南下。

ふと気づいたんですが、陸橋のところに広告というか会社名があります。命名権とかあるのかな?と。ちょと調べてみると、まさしく命名権を売ってます。

興味のある方は、下のURLを参照ください。

名古屋市:歩道橋ネーミングライツパートナー事業について(市政情報)

 

どんどん歩いていきます。

 

ついに御器所駅に到着。

左手にある建物が昭和区役所。と思ったら、区役所も環状線沿いに3つあるのか。

昭和区役所、瑞穂区役所、南区役所。

区役所多いなと思ってましたが、そういうことか。。。

 

さて、これでようやく前回のところに合流です。

ここからは鶴舞線の上を御器所から歩いていきます。

桜通線の追加分は、また次回。

名古屋散策 名古屋市営地下鉄の地上を歩く 地下鉄桜通線その3 久屋大通⇒高岳⇒車道⇒今池

名古屋市営地下鉄の地上を歩く 桜通線その3。

今回は久屋大通高岳⇒車道⇒今池の順。

 

久屋大通駅からスタート。

 

名古屋のテレビ塔。改修工事に入るそうです。一時休業が19年めどということになると、名古屋城改修工事とかぶりそう。

締める前に一度行った方がよさそうです。

www.nikkei.com

テレビ塔よりも高いものが名駅にありますからねぇ。テレビ塔の価値ってなんだろ?と。シンボルなのかな?

 

そのあと道なりに歩いていきます。

 

まだまだ歩いていきます。

 

名古屋高速の下をくぐっていくと、高岳駅に到着。

 

高岳付近になると、車の交通量が少なくなっている気がします。

 

さらに歩いていくと、桜通泉2丁目の交差点あたりにきれいな桜?梅?が。

あるいたのが3月頭なので、桜ではないと思いますが。。。ちょっと歩いてみたほうがよかったかもなぁ。。。

 

さらに歩いていくと、こんな感じの広がりのところへ。

 

車道駅に到着。

 

交差点を通過すると、

 

コメダの葵店。おかげ庵が。

 

JRの線路の上を歩いていきます。

あれ?JRって鶴舞あたりまでは高架なのに、千種辺りでは道路より下。ちょっと気になります。歩いてみて調べてみるかな?

 

今池の内山歩道橋。ここで南に向かいます。

 

今池駅に到着。

 

歩いてみると、意外と栄から歩いて行けるもんだなというのが印象的。

それと、栄から離れていくと、徐々に高いビルが減っていくのが印象的ですかね。ここから環状線になるので、どういう感じで風景がかわっていくのか?

ちょっと楽しみです。

名古屋散策 名古屋市営地下鉄の地上を歩く 地下鉄桜通線その2 名古屋⇒国際センター⇒丸の内⇒久屋大通

名古屋を散策しようシリーズ。

地下鉄桜通線の上を歩くその2です。

前回、東山線の伏見⇒名古屋と歩いたので、そこから折り返して、桜通線を歩きます。

 

まずは、名古屋駅

 

ミッドランドスクエア。

 

大名古屋ビルヂング。最近建て替えが終わって、かなりおしゃれな建物に。

昔の雰囲気のほうが好きだったなぁ。。。マイアミというビアガーデンもありましたし。

 

ユニモールを歩くというのも考えましたが、普通に本屋に寄ったりしながらたらたらと歩いていたら、国際センターに到着。

ここいらは呑み屋が多いので、結構吞みに来ることがあり、土地勘はばっちりです。

 

さて、この名古屋高速の下をくぐって、丸の内方面へ。

 

道路を渡った先。

ここいらの地名が泥江(ひじえ)。

泥江とかくように、もともとは湿地帯だったようです。いまはもう姿も見えないです。

 

堀川の橋。

 

しばらく歩くことで、丸の内の駅に到着。

ここは、鶴舞線の乗り換え駅。

 

丸の内駅近傍にある日本銀行 名古屋支店。

普段の生活ではお世話になることはまずないはず。関係あるのは、銀行員くらい。。。

 

そこから少し歩いていくと、長者町繊維街に到着。

みるからに大きなやまちゃんの壁絵が。でかい。。。

 

反対側を見ると、長者町繊維街がまだ続いてます。

 

そこから少し歩いていく。

ここいらは道が広くて歩きやすいです。

 

ようやく久屋大通駅に到着。

今回は、ここでおしまいです。あんまり変化が乏しいというよりも、ほとんど桜通りにそって歩いて行ったという感じでしょうか。

桜通線なので、そこはそこかなぁ。そういや、桜通りという割には桜を見なかった気がする。。。

 

久屋大通からの続きはまた今度。。。

三島の旅 後編 韮山反射炉

遺伝研の桜を見に行ったあと、三島大社柿田川湧水を見に行くか悩んだのですが、世界遺産になり、鉄腕ダッシュでも話題となった韮山反射炉へ行ってみました。

 

izunotabi.com

世界で現存している反射炉の中で、砲台をつくったのはこれだけでそうです。

それと、もともとは鉄に補強はなく、漆喰をぬっていたりしてたようで。。。当時の姿を考えると、見て見たかったものです。

 

なぜ、韮山反射炉ができたか?次の経緯のようです。

  1. ペリーが浦賀に来航。危機感をもった幕府が対策を考える
  2. 今度きたときに対抗するために、東京湾にお台場を作り、そこに砲台を並べる。
  3. 砲台に置く大砲を作らないといけないので、溶鉱炉を作ろう
  4. 溶鉱炉等の武器製造所は攻撃対象になりうるから、少し離れたところに作ろう
  5. 浦賀に前こられたから、伊豆の下田あたりでつくるか
  6. 工事を始めたら、ペリーが下田にきちゃった。
  7. ばれるとまずいから、責任者の目が届く韮山にしよう

こう思うと、ペリーの来航が韮山反射炉を作るきっかけを作ったといえそうです。あと、6のところの話で、伊豆下田に反射炉前というバス停があるそうです。

 

大砲自体はそうたくさん作ったわけではないようで、お台場に並べた大砲の中には、お寺の鐘を並べていたようです。

ばれてたと思いますが。。。

 

最初のガイダンスのところにいた反射炉のゆるきゃら「てつざえもん」。

永遠の16歳だそうです。

 

韮山反射炉に水を引いていた韮山古川。

 

欄干が砲台というのも面白いなぁ。

 

韮山反射炉の建造に尽力した江川英龍の像。

江川英龍 - Wikipedia

 

帰りに電車に乗ろうとしたら、こんなのが。。。

ラブライブ伊豆箱根鉄道のコラボのフルラッピング列車です。

どうりで妙に人が多いと思った。。。

animeanime.jp

こういう企画って人が集まるんだなと。

窓のところにも絵が描かれていますが、中からみると普通に外が見えます。

どういう技術なのか少し気になります。

 

なお、運行中と三島についてからも、中で写真を撮る人や、ラッピングの写真を撮る人が多数。

 

アニメの力ってすごいわ。。。

 

帰りは、新幹線で帰宅。

帰りは、韮山反射炉弁当とみしまコロッケ。

みしまコロッケは、じゃがいもの味がしっかりしてて、コショウの味がぴりっときておいしい。今回は作り置きだったので、揚げたてで食べたい。

 

韮山自体、始めていったのですが、結構歴史的には面白い土地ですね。

源平の合戦の北条政子源頼朝の出会いの場とか、北条早雲韮山城があったりと、幕末は韮山反射炉と結構面白い。

今度来るときは、車でいってじっくり回ってもいいのかも。

 

韮山というだけでなく、伊豆自体の観光でもいいのかもしれませんねぇ。。。

三島の旅 前編 遺伝学研究所の桜 2017年

今年も三島市国立遺伝学研究所の桜を見に行ってきました。

研究のため集められた200種類の桜を一堂に見れる貴重な機会というのもあり、2016年に続いて今年も訪問。

せっかくいろんな桜がみれるのに、年に一度しか見れないというのは少し寂しい気もしますが。。。

National Institute of Genetics::Research Organization of Information and Systems

www.city.mishima.shizuoka.jp

電車で三島駅の北口にでると、大きく遺伝研へはこちらと案内する方がいます。

その案内に導かれ、そのままシャトルバスへ。このシャトルバスは無料で頻繁にでているので、非常にありがたい。

 

シャトルバスにのって10~15分。遺伝研の入り口付近でバスを降ります。

入り口につくと、この大きな看板がお出迎え。

 

4/8は天候が悪く、小雨の中、傘をさしたりしまったりを繰り返して桜を見に行きます。この悪天候の影響か、見に来ている人が少なくて、昨年の6~7割くらいの人の入りの感じがしました。

桜=ソメイヨシノというイメージでいましたが、ここにくると桜の種類っていろいろあるんだなと考えを改めさせられます。

ということで、いろんな桜の写真をぺたぺたと貼り付けていきます。

 

揖斐の二度桜

f:id:matypoyo:20170408123742j:plain

 

御帝吉野

f:id:matypoyo:20170408124345j:plain

 

越の彼岸

f:id:matypoyo:20170408124739j:plain

 

早生吉野

f:id:matypoyo:20170408124944j:plain

 

正福寺

f:id:matypoyo:20170408125038j:plain

 

陽光

f:id:matypoyo:20170408125434j:plain

 

近畿豆桜

f:id:matypoyo:20170408125848j:plain

 

瀛洲(えいしゅう)桜(韓国の桜)

f:id:matypoyo:20170408130244j:plain

 

枝垂桜(詳細名称は撮影忘れ)

f:id:matypoyo:20170408130815j:plain

 

鞍馬桜

f:id:matypoyo:20170408131550j:plain

 

木の葉桜

f:id:matypoyo:20170408132643j:plain

 

打切谷菊桜

f:id:matypoyo:20170408132805j:plain

最後の木の葉桜と打切谷菊桜が非常に花びらが多く、非常に印象的。まさしく菊桜と名前を付けた人はすごいなと思う。色も赤みをおびてすごく印象的です。

 

 この桜の種類が多様にあるというのがわかる貴重な場所です。

 

桜を見るのがメインですが、それ以外にも遺伝研で実施している研究テーマについての説明もあり、いろいろと面白いなと思って聞くことができる貴重な場です。

専門外だとわからないことばかりですから。。。

研究テーマの各場所でおいてあるスタンプを集めることで、最後にシールかクリアファイルがもらえます。早いもの順になりますが。。。

 

写真をアップデートしていると、撮影ミスしたのがたくさんありました。

展示物もいろいろと趣向を変えているし、去年見れなかった桜も見れましたので、来年も見に行きたいなぁと思ってます。

あとは、来年以降はスケジュール次第かな。。。

 

そのまえにカメラのフィルターの痛みがあったので、そこいらから交換かな。。。

山崎川の桜 ライトアップ 2017年

4/6 雨が降ってましたが、名古屋の桜の名所の一つ 山崎川の桜のライトアップが4/4までだったのが、4/6,7も追加されたということなので、行ってみました。今年は桜が咲くのが遅かったから、延長されたのかな?と思ってます。

ライトアップの時間は18:30~21:00。そこに間に合うように職場から退散。

 

ライトアップは、2年ぶり。ちょうど前回は、PS純金のスタートで、テレビ撮影してたなぁ。。。

 

瑞穂区役所の駅から山崎川へてくてくと歩いていきました。

この道は、桜並木になっているので、楽しみが盛り上がります。

ところどろで街頭が桜を照らしていて、かなり幻想的。時間が遅いからか、追加の日程だからなのか、雨が降っていたからか、人はまばら。。。

 

路面がぬれていて結構神秘的。傘さえなければなぁ。。。

 

まずは、山崎川に到着したところからの写真。ライトアップのところまではもう少し歩いていく必要があります。この写真の奥側に妙に明るい場所が、ライトアップ場所。

 

ついてみると、周りの街灯が暗く見えるくらいの明かり。かなり幻想的。山崎川にしだれ落ちるような桜がここのライトアップのきれいさをさらに際立てている感があります。

 

山崎川の桜はソメイヨシノ。初めて知ったのは、ソメイヨシノはバラ科だそうです。ここからは、桜の写真をお楽しみください。

 

帰り途中の山崎川のほとりの桜の写真。少し暗めの街灯がほのかに照らす桜と、ぬれた路面に光が広がりかなり素敵な感じに。

こういうそっとした感じの風景は好きです。ただ、雨さえ降ってなければ。。。

 

最後の写真は、ライトアップのところで見つけたライトの写真。

結構強い熱がでているようで、雨が当たった先から蒸発してものすごい勢いで湯気がでてました。LEDとかに変えてもいいような気もするけど、ここまで強いのは難しいのかも。

 

山崎川の桜はきれいでした。毎年見に来ても飽きないです。

昼間に来て桜の下をゆっくり歩くのもいいですが、ライトアップもなかなかいいです。

 

来年もライトアップ行けるタイミングがあればいこうかなぁ。