Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

石油の「埋蔵量」は誰が決めるのか? エネルギー情報学入門/岩瀬 昇 ~経済性とはね。。。~

石油って昔の推計だと、とっくになくなっているはずなのにいまだに出てくる。技術革新や新しい油田が見つかったとかもあるだろうけど、なんでなんだろうなと。

 

そう思って読んでいくと、次の定義が本書に書いてあります。

資源量と埋蔵量とはまったく異なった概念なのである。

 

資源量について

「資源量」とは、地中に存在するすべての炭化水素量のことで、不確実性の高い順に「未発見資源量」「推定資源量」「原子資源量」と呼ぶ。EIAが発表しているものは、「原子資源量」のうち「技術的に回収可能な資源量」である。これがどの程度、経済性をもって実際に生産できるかは現時点ではわからない。

 

埋蔵量について

「埋蔵量」とは、この「技術駅に回収可能な資源量」のうち、通常の方法で経済的な採掘が可能なものを言い、回収可能性の高い度合いに応じて「確認埋蔵量」「推定埋蔵量」「予想埋蔵量」という。詳細な定義について共通なものはないが、一般的には90%以上の回収可能性がある場合を「確認埋蔵量」といい、50%以上の場合を「推定埋蔵量」、10%以上を「予想埋蔵量」と呼ぶ。

 

要は埋蔵量というのが経済性を踏まえて回収可能かどうかというのをもとに算出されている。技術革新が進んでいけば、徐々に埋蔵量が増えていくということ。

さらに、石油の価格が上がれば、経済性が成立するので、埋蔵量が増える。

 

ただ、限りあるエネルギーを効率よく使っていくというのが大事なことなのかなと。

発電ロス、輸送ロス、自家消費等で最終消費に廻らない分が供給エネルギー量の約31%にも上っているのは見逃せない。これらの「ロス」を技術革新により軽減すること、エネルギーをより効率的に使用することは、当代きってのエネルギー専門家であるダニエル・屋ー銀をして名著「探求」の中で、「第五の燃料ー効率」として1章を割かせたほどの重要性を持つポイントである。

効率を上げていく。

そのためにも、あらゆる技術革新が進んでいけば、必要な石油量が減り、石油から出るCO2の排出も抑えられるわけですから、そうなると、石油価格も下がって。。。

となるわけないか。石油の生産量を抑えてしまえば、石油価格も維持できて、さらに、石油の埋蔵量を増やすことができる。

うーん、うまい仕組みだなと。。。

 

世界的に脱石油が進んだら、アラブの繁栄が終わるのかな?と思ってましたが、生産を調整していけばある程度儲かるのだから変わらないのかな?そんなことないのかな?

 

 わからないことばかりです。。。

自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書/篠原 信 ~会話ができる環境を保たないとなぁ。。。~

自分の頭で考えて動く部下いると、いろいろと楽だろうなと思います。

進むベクトルさえしっかりそろえておけば、大まかな指示をだすだけで済む。そして、適宜の進捗確認をしていくだけで、成果が出てくる。

そうでないと、細かく指示をしてしまうことになり、思いのほか時間がかかり、毎度毎度かなと思って疲れてしまう。

 

ただ、いきなり自分の頭で考えれる人というのはそうそういない。いたらミラクルに近いか、そういう教育を受けてきた人と思ったほうがいいのかもしれない。

もともと学校教育なんて、詰め込み教育に近いのだから、なかなか自分の頭で考えることができるものではない。大学の研究室に入っていたなら、指導教官の指示にだけ動いていることも多いので、様子を見てかなと。

 

本書を読んでいて、参考になることをつらつらと。

まず、コツを教えるのではなく経験をさせていく。コツを言葉で教えるよりも、感覚を学んでもらったほうが後々のためになるのかなと。

どこかスポーツと似た感じがします。

部下にコツを教えたいのなら、コツを言葉で伝えようとするより、本人に体験してもらったほうがよい。そして、コツを早く教えてしまうより、そのコツがなぜコツと言えるほど有効なのかを実感してもらうためにも、失敗を重ねて体験してもらったほうがよい。

 

あと、ソクラテスのやり方も参考にしてみたい。

こういうのをやろうとすると、かなり頭の回転も必要なので、話す側も大変になりますが。。。

「相手の答えに対し、新しい情報を加味して、新たに質問する」ことを繰り返すだけ。相手は新しい情報とも矛盾しないで済む新たな仮説を唱える必要に迫られる。

 

あとは、やる気を削ぐような発言をしない。部下を信じるというのが大事。

部下のやる気を削ぐような言動を上司が控える必要がある。やる気を削ぐ言動の典型的なものは、「あなたのことを信じられません」というメッセージだろう。

 

要は、部下を育てたいのだ!という熱い想いが大事ということ。

全身全霊で相手に向き合うことができれば、言葉はうまくなくても、よい知恵がなくても大丈夫。「自分のことを必死で理解しようとしてくれている」と伝わる。それだけで、人はずいぶん勇気づけられるもののようだ。

 

なんか書いてみると、当たり前のことのような感じもするのだけど、それだけに非常に難しいことなんだなと思えています。

これも何度も失敗をしながら、学んでいくことなのかもしれません。 

その失敗は素直に認めて、部下との関係が悪化しないように気を付けていかないとな。。。

会話さえできなくなったら、おしまいですから。

自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書
 

一生、同じ会社で働きますか?/山崎 元 ~どうなんだろうな?と考えてしまいます~

転職をしたことがありませんが、将来的にすることになればということで読んでみました。

タイトルの問いかけを自分の胸にしてみると、本当に働き続けるのかな?という疑問もありますから。

いま取り組んでいることがあり、それを投げ出してまでというところで、ストッパーになっている気がします。ただ、この取り組んでいることが終わったり、他人に任せても問題ないかなと思ったときに、「転職するかな?」という言葉が再びのしかかってくるような気がしてますが。。。

 

自分は、どこか技術者的か、研究者気質があるため、技術や研究内容が認められる環境で働きたい願望がある気がしてます。

その願望を現在の職場でかなえられているか?というと、?マークがたくさんついてしまってます。ただ、職場に少しは必要としてくれる人がいたり、周囲の部署からも多少は必要とされている気がするので、そこを抜け出してとまではいかないんですよね。

 

個人的に、研究としてやってみたいことが多々あるので、そこいらをうまく仕事に結び付けていくことをしていきたい。おそらく無理だろうから、個人的な勉強という形で対応していくことになりそうですけど。。。

そうなると、勉強する時間を確保するために、仕事の効率化が必要か。。。

うーん、そっちがでてくるときついな。うまく時間を有効活用していくようにしていかないと。。。

 

なんか漠然と考えていたことをつらつらと書きましたが、本書で書いてある5つの項目を参考にしていこうかなと。

  • 価値観に反する仕事をしない
  • 自分のお金にはこだわるが、他人のお金は気にしない
  • 大きな声で誰にでも同じことを言え
  • 会社を取引先、同僚をお客様と思う
  • 「学ぶ楽しみ」「教える喜び」を感じる

 

これからの未来のことは誰でもわかるものではない。

想定される未来に向けての準備が必要なのかなと。予定外のことが起きたら仕方がないかな。

ただ、そのときの選択肢を広げておいたり、判断の制約を減らすためにも、お金のこととかもしっかりと考えていかないといけないのかなと考えてしまいます。 

一生、同じ会社で働きますか?

一生、同じ会社で働きますか?

 

人が壊れてゆく職場/笹山尚人 ~いろいろと考えさせられます~

職場の雇止めや残業代未払いといった労働問題について取り組まれている弁護士の方が書かれている本書。

興味深く読ませていただきました。

 

読んでいって思うのは、きちんと労働基準法就業規則はしっておかないといけないなということ。

普段あんまり気にせずに働いていますが、どの状況になると就業規則に抵触することになるのか?というのを知っておくのは大事かなと。

 

職場でもあるいじめやパワハラ

いじめ、パワハラというのは、職場に秩序をもたらすためのスケープゴートという面があるのではないかということである。

職場の雰囲気を一方向に向かわせて、秩序を確保して、仕事を進めていくためというのがありますが、これって仕事をいいわけにしているだけの保身なんだろうなと。

ただ、チームワークで働くと、個人ではできないところまでいけるというのもありますから、そこいらをきちんと活用していきたいかなと。

本来、社会と人間は、相互に認め合い、信頼し合ってチームワークを行うことができる存在である。もっと、同じ職場の相手のことを知ろう。その人のことを考えていこう。そういう企業体は変わっていけるはずだと信じたい。

 

順調に働いていると労働組合を軽視しがちですが、そこに気づかないだけでかなり守られていたのだなと。

逆に、平安な状態だからこそ、労働組合を軽視してしまう。困ったときになって頼るようなことがないよう祈ってなりません。

人が壊れてゆく職場?自分を守るために何が必要か? (光文社新書)

人が壊れてゆく職場?自分を守るために何が必要か? (光文社新書)

 

明治日本の産業革命遺産/柳澤 伊佐男 ~旅のときには読み直したほうがいいかも。~

世界遺産巡り。

100名城巡りや一之宮巡りの際に、余裕があれば巡るようにしています。

むしろ、景色がいいところではそちらがメインになってしまいますが。。。

 

世界遺産というのがどういう経緯でどういう評点で決まっているのか?というのが不明な点が多かったのですが、それが本書では、明治日本の産業革命遺産が選ばれた経緯で説明されているので非常に興味深い。

いろんな国の思惑がありながら、選ばれて行っているというのが面白いところだなと。

 

この経緯は下記URLを参照。

明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業 - Wikipedia

明治というところで、いろいろと大変なところがあるのだなと。。。

 

この明治遺産はまだ訪問できていないところが多いので、ゆっくりでもいいのでじっくり回りたいですかね。。。

軍艦島は、台風の被害が大きくて上陸はできなくなっているようです。ただ、直せるのかな?というのもあるので、早いうちに見にいったほうがいいんですかねぇ。。。

長崎は興味深いけど、非公開のところも多いので、山口県や鹿児島県にあるのが中心になるのですかね。うーん、旅行の計画に盛り込んでいくしかないかな。

そのときには、復習として本書を読んでいったほうがいいかな。

 

最後に、日本遺産というのもあるそうです。

japan-heritage.bunka.go.jp

ここをめぐっていくというのも楽しいのかもしれない。。。

 

明治日本の産業革命遺産 (ワニブックスPLUS新書)

明治日本の産業革命遺産 (ワニブックスPLUS新書)

 

アルツハイマー病は「脳の糖尿病」 2つの「国民病」を結ぶ驚きのメカニズム/鬼頭 昭三,新郷 明子 ~なかなか怖い話ですわ。。。~

アルツハイマー病が脳の糖尿病である。

このタイトルは結構衝撃的。

ただ、このタイトル通りであるならば、生活習慣を気を付けることで、アルツハイマー病になるのを予防できたり、遅らせることができるということ。

糖尿病で最も大切で、最も有効な予防・治療法は、運動療法と食事療法です。運動療法・食事療法をしないまま、薬を服用することは、喫煙、飲酒とともに、糖尿病の予防と治療がしてはいけないことの第一に挙げられます。

間食を取る場合は、次の点を注意。

間食をするなら果実や牛乳、チーズ、カシューナッツなどを摂ります。

なんか見ていると、スタンフォード式疲れない体で推奨されていた間食の果実や、ナッツ系というのが入っているのを見ると、面白い。

やはり、食生活を見直していくというのは、健康的な生活をしていくのに大事なことなのだなと。

 

あと、食生活見直しがらみでもう一つ。

高カロリー食が糖尿病発症の引き金になることは、従来からよく知られています。アメリカのテンプル大学のボーデンらは、健康な男性にピザやハンバーガーを主とする超高カロリー食を一週間食べさせただけで糖尿病予備軍の状態となり、最短二日で高いインスリン抵抗性を示したことを報告しています。

高カロリー食はおいしいのですが、それを食べ続けるのはリスクが高すぎます。やはり、バランスの取れた食生活を考えていくのが一番なのかもしれないかなと。

 

そういうのを思って、生活を見直していかないとなぁ。 

2018年3度目の伊勢・豊橋旅 その2 ~伊勢神宮 内宮~

伊勢神宮参拝の続きです。

 

内宮での参拝後、荒祭宮へ。

まずはてくてくと歩いていきます。

 

御稲御倉。

それにしても雨がひどかったです。。。

 

そして、荒祭宮へ。

ここで、お願いごとを。

いろいろと思うことがありますので、今年できていないこととかできるようにお願いです。

 

そのあと、抜けて戻ります。

道中に少し寄り道。

 

風日祈宮

いつも寄っている気がします。

 

ふと周りをみると、うっそうとした緑。

 

歩いて移動です。

 

宇治橋の写真撮影。

すぐわたってしまいがちですが、ちょっと写真を撮影。

雨がひどいのか、五十鈴川がちょっと増水している感があります。

 

そして、おはらい町からおかげ横丁へ。

雨のおかげか人が少ない。。。

 

ここからおかげ横丁

 

いつもどおりに伊勢うどんを食べに。

この風景を見ながら、かつ雨宿りを兼ねてます。

 

そして、月見伊勢うどんを。

このあと一味唐辛子をかけて食しました。

 

こうみると、雨に降られているだけな気がしてなりませんが。。。

うーん、次回は車で行きたいかなぁ。。。