読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

レッドクリフ PartI

趣味 映画

三国志の実写版です。
赤壁の戦いを中心に描くというわけで。

ただ、PartIというのを知らずに見に行きました。


映画館で、PartIIの宣伝があったので、いったいどこらをするんだろって考えてたんですが、なかなかやられました。てっきり、孫策あたりが、活躍のときの話かと思ってたんですが、まさか、赤壁が2部構成とは思ってませんでした。

つまり、今回の内容では、赤壁の本戦は始まってません。
その前哨戦でおしまい。
大いなるプロローグといったところでしょうか。

それでも、各映像は面白くて楽しかったです。
ちょっと、三国無双の雰囲気でてるところが、苦しいのですが。

といってもなぁ。そうでもしないと、各武将の見せ場がなくなるわけで、しかたないっちゃしかたないんですよね。そういうわけで、とにかく責めるわけにもいかず。
ただ、いろいろと道具の扱いとかは、しっかり考えられてるので見てて、そう違和感はないと思います。三国無双の箇所以外はw。

あと、孔明仕事してないだろ。ただ、扇子を仰いでるだけ。それにしか見えないのが不思議。やはり、PartIIでの活躍に期待といったところでしょうか。

話の全体の流れとしては、三国志の人が知らなくても、全体がわかるように作ってあったと思います。結構、PartIIに向けての伏線をきちんと張ってあったので、そこらは親切だなぁと思わされました。おそらく、周喩が死ぬところまで描くんだろうな。そうであってほしいと思ってる自分がいたりします。

一見の価値はあると思いますよ。この映画。
以上、おしまい。