読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

今年見た映画一覧

ちょっとはやいけど、今後の映画の予定をみると、順位はそうかわらないと思ったので、記載。
リストにあげてみると、19本か。。。。昨日18本てかいたけど、カウントミスだな。反省。

  1. ワールド・オブ・ライズ
  2. 地球が静止する日
  3. チェ・ゲバラ 28歳の革命
  4. チェ・ゲバラ 39歳別れの手紙
  5. ベンジャミン・バトン
  6. レッドクリフII
  7. スラムドッグ$ミリオネア
  8. 天使と悪魔
  9. 剣岳 点の記
  10. トランスフォーマー リベンジ
  11. ハリーポッター6
  12. ノウイング
  13. アマルフィ 女神の報酬
  14. G.I.ジョー Rise of Cobra
  15. 96時間
  16. サブウェイ123
  17. カイジ
  18. 2012
  19. カールじいさんの空飛ぶ家

まー、映画のリストを見ると
ドキュメンタリーか、SFかアクションしか見てないな。
あと邦画は3本か。なんつうか、洋画しかみてないってのが丸わかり。。。。。

今年もう少し見るかもだけど、まぁそれはそれで。
そう順位は変わらんと思う。


てことで、個人的な今年の映画ランキングと。

Best3
1.チェ・ゲバラ 28歳の革命+チェ・ゲバラ 39歳別れの手紙
理由
28歳の革命の国会演説とキューバ革命のときの映像とがうまく関係するように作られてて、作られ方と見せ方があまりにもよかった。あと、その輝かしい未来へという第1部から、第2部の革命の終焉へとむかっていく話が対象的に見えて。
要は、デルトロ演じるゲバラがあまりにも印象的だったってことです。
ただなぁ、内容が内容だけに人を選ぶ映画なのは間違いないかと。。。。

2.カールじいさんの空飛ぶ家
理由
最初の15分+おまけの内容で、2位確定。根拠はそこだけ。
あとの1時間近くのはおもしろいんだけど、前半の15分に比べるとちょっとおちる。
感想の詳細は、昨日の日記参照で。

3.スラムドッグ$ミリオネア
理由
躍動感があって、一気に見終わったという感じで、満足度は大きい。ただ、何回も見る映画ではなくて、一発勝負のインパクト勝負の映画。
さすが、2008年アカデミー賞作品賞など8部門取得ってのは伊達じゃなかった。
作り方がすごくうまい。編集の力つまり監督の力ですごく見ごたえのある映画になってます。ミリオネアの問題の解答を主人公の過去を振り返ることで、見つけていくというのも面白いですし。あと、最初にばら撒いた伏線もすべて回収しているのも見事。

次点 剣岳 点の記
理由
壮大な映画です。もう風景見るだけで十分元がとれます。
自分も登山しにいきてえなって思えるくらい。ああいう景色を見てみたいと思わされます。
話としては、すごく簡潔で、しかもきちんと伏線回収もばっちりなんです。そして、話は淡々と進むという感じで.....。
この淡白さがなく、もう少し躍動感があればって思うけど、それだとあの雰囲気でてこないしなぁってので、個人的にすんごいのたうちます。
最後のオチには、残念って感じがしてなんともやるせなくなっちゃいますけどね。。。

Worst3
1.地球が静止する日
理由
CMにでてきた都市が崩壊していく映像が見たくて見に行ったんですが、20秒くらいで終わりしかも最後のほうのインパクトのある映像。。。
これ以外に見所がなかったのが痛い。。。。
内容もありきたりなヒューマンドラマみたいになってて人類を滅亡させにきた宇宙人(キアヌリーブス)が、母子の心温まるところを見て、人類滅亡を思いとどまるって話なんですが。。。
うーん、どうして思いとどまったかがよくわからんし、滅亡の話になっていくのもよくわからん。
あの街が崩壊していく映像を作ってみて魅せたかっただけ?

2.2012
理由
今公開中ですけど。。。。まぁ、しゃーない。
迫力だけの映画。2012よりインパクトのある映像がかなり続くので、まだ許せる範囲。
ただ、ご都合主義満載であまりにもしらけきってしまうのもあるなぁ。
もともと2012年に地球が急激に高温化するという前提がおかしい。ニュートリノとかであんま反応は起こらんし。。。根拠がないなら、2012とかの題名つけんなっていいたい。もっと別のタイトルにして、もっともらしいシナリオを描いてほしい。ノウイングみたいにさ。

3.アマルフィ 女神の報酬
理由
地中海の世界遺産の映像を見せたいために、映像を撮りましたって感じだった。どう?きれいでしょ?ぜひいってみて!って感じの映画。
内容としては、中途半端だったし、もう少し内容を掘り下げてほしかった。特に犯人の動機があまりにも弱く見えてしまう。あの言葉だけの供述よりも、映像をいれたりしたりとか、あとは回想シーンをいれたりとかして、なんとか犯人側の意図を見えるようにしてほしかったなぁ。
あと、それ無理でしょってところも多々あって、なんともね。。。
ただ、天海祐希はよかった。それが救い。

次点 ワールド・オブ・ライズ
理由
テーマが重過ぎる。中東を舞台にテロ対策の話なんですが、ほとんどアメリカ側のの上司と部下の化かしあいで終始してる。
シュールすぎて。。。。なんつうか、見るのに疲れたのでこの位置に。
こればっかは、人によると思うな。。。。