読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

ガンダムUC 9 虹のかなたに(上)/福井晴敏 ~バナージの成長が著しいなぁ。。。~

最終ポイントでの攻防。

それ以上に、悲しい物語といってもいいのかもしれませんが。。。

 

この巻は、マリーダさんのための話といってもおかしくないくらいですね。

マリーダさんとバナージの共闘が見られるし、お互い助け合うしと。。。

ルフロンタルの戦いで、マリーダさんがかろうじて上回ったと思ったら、いかりや嫉妬にとらわれていた人から、周りの人を助けるために犠牲になったりと。。。

 

それと、武器たくさんのフルアーマーガンダムUCの無双ぷりもすごい。このシーンをガンダム無双でやってみたい。もうあるのかもだけど。。。

 

ただ、読んでけば読んでいくほど、人の想いを形にするロボット、ガンダムUC

そういってもおかしくないと思えてきます。操縦しているというよりも、思っているように動く装置。まるでロボットが人と融合していると思うがばかりの。

 

連戦の中ででてきたローゼンズールが繰り出したガンダムUCの対抗策。これは面白いアイデアだなぁと。

相手のいいところを消すという戦術としては優れているところ。ただ、その想定以上のことが起こると、パニックになるのを見ると。。。

 

 

最後に、ガンダムUCを読んでけば読んでいくほど、ドラゴンボールじゃないか?とか、幽遊白書じゃないか?とかと思えてきます。

なんつうか、ロボットの枠を超えて、人々の想いだけで闘う姿が描写されていきますとね。。。

努力根性だけで、人智を超えた能力がでる。設定としては、面白いけど。。。

 

さて、残り1巻。ラプラスの箱はどうなのか?フル・フロンタルの正体は?袖付きの裏幕はどう動くのか?

ローナンやマーサがどう動くのか?ブライト艦長の出番は?と気になる点がたくさんでてきてます。これだけのことを回収しきれるのかなぁ。。。