読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

ニッポンぶらり旅 宇和島の鯛めしは生卵入りだった/太田和彦 ~旅行いきたくなるなぁ~

集英社のナツイチの1冊。

本屋にいったときにならんでいたので、買ってみました。

natsuichi.shueisha.co.jpパッチンバンドもらわんかったぞ。

まぁ、もらっても置き場に困るので、使わないんですけど。

 

本書の中で紹介されているのが次のところ。・・・のあとは、主に紹介されているものを記載です。

  • 宇和島 ・・・鯛めし
  • 大分 ・・・麦焼酎
  • 会津 ・・・居酒屋
  • 喜多方 ・・・喜多方ラーメン
  • 静岡 ・・・桜エビとシラス
  • 倉敷 ・・・ままかり 居酒屋
  • 盛岡 ・・・居酒屋横丁
  • 高知 ・・・カツオの塩たたき
  • 富山 ・・・富山の魚
  • 金沢 ・・・居酒屋
  • 京都 ・・・木の葉丼
  • 尾道 ・・・酒場
  • 高松 ・・・うどん

この中ででてきたものの中で、食べたことのあるのが宇和島の鯛めし。これはうまい!

本書に出てくるほづみ亭で食べたんです。


 普通、鯛めしというと、鯛をご飯と共に炊いて、鯛のエキスをご飯に吸わせるというもの。

宇和島のはそれと違って、鯛の刺身をご飯の上にのっけて、生卵をのせて、醤油ベースの甘めのタレをぶっかけて食べるというもの。

これがね、うまいんですよ。

刺身と同時に卵かけご飯を食べるという、あまり経験することのない食感。

これは非常に驚きで美味しい。

いまでも、年に一回はお取り寄せで、宇和島の鯛めしを頼むことがあります。

冷凍で鯛の刺身とたれが届くので、あとは卵やらネギとかを用意して…。

うーん、秋口に入ったら頼もうかな?


あとは、高知の塩たたき。

地元でしかなかなか食べれないものなので、いくことがあるとだいたいたべにいってます。

塩たたきは、持ち帰りができないですからねぇ…。


あー、この本読んでたら、どこかでかけたくなりますね。

あと、一ヶ月もしたら夏休みだし、どこか出掛けようかな。

ぼちぼち計画をたてることにしますか…。

いってみたいところと、現実的にいけるかどうかを天秤にかけないといけませんからねぇ。


続編が文庫版ででるなら、購入して読んでみたいです。

 

そういえば、この著者の本、読んでました。

matypoyo.hatenablog.com居酒屋の本の人だったのね。どうりで酒の話が多いわけです。