読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方/わたなべ ぽん ~やめたいことたくさんあるけどなぁ。。。なかなかやめられない~

いま当然と思っていることを思い切ってやめてみる。

そのことを実践されている実例とともに書かれています。漫画だし非常によみやすい。

 

ついつい便利という言葉に負けてしまうことが多々。

家電製品とか便利なものが多いですからね。この観点から考えてみると、その便利をなくしてでもほしいものがあるのか?というのを自分自身に問いかけてしまいます。

 

この本の中でなるほどなぁと思ったのは2つ。

  • 自信をもちたい
  • 人生を充実させよう

この2つのところは、なるほどなぁと。

 

自信をもちたいというのは、人前であがるかどうかの話。自分に自信があれば、話すのも緊張せずにと思うことがあります。

もしかしたら極度の緊張って

”少しでも自分を良く見せよう”

”準備不足だけどなんとかごまかそう”

と思うから起こるのかも

無理して自信を持とうと思わなくていいのかもな~

この言葉に尽きるかなと。準備をしっかりやって、あとはまぁなんとかなるさの精神でやったほうがいいのかもしれません。

 

リア充の方々を見ていると、すごいなと思うところがあります。よくいろんなことに手をだして、楽しそうにやれるなぁと。

特に、SNSをやっているとなおさらです。いろいろと旅をしている人もいれば、何かしらの特技をもって練習風景をしている人、飲み歩いている人など様々。

その中で、日常の投稿をしてもな。。。と思うと、見るのも億劫に。でも、見ていないのにスマホは新着更新を伝えてくる。

うん、疲れますね。そして、自分も生活を充実させないと、と思うことも多々。

 

このしがらみを断ち切って、のんびりと過ごせればどれだけ楽か。。。他人は他人、自分は自分と思えたらどれだけ楽かなぁ。。。

いや、正確には、楽とかの話を出している時点で、どこか他人の目を気にしているのかもしれません。

 

それにしても、この著者はいろいろなことを少しづつ、自分のペースで見直して変えていっている。その行動力はすごいなと思います。

そう簡単にできるものではないですが、見習っていきたいものです。