読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

名古屋城 本丸御殿 ~個人的にはこちらのほうが天守閣より好き~

現在、復元中の本丸御殿。

スターウォーズ展を見に行った際に、そのまま見に行ってきました。

半年くらい前に見に言った記憶がありますが、久々に見に来るとやはりいい。

 

復元の状況は、第二期まで工事完了。平成30年に完成するようです。詳細は次のURLを参考です。

復元計画:名古屋城本丸御殿

 

まずは外観をというところですが、撮影忘れ。

あと、天守閣の入り口付近にグッズ販売コーナーができてました。興味のある方はぜひ。

 

本丸御殿内に入ると、まずは第1期で復元された玄関・表書院になります。

復元された建物も見事ですが、ついついふすまの絵に興味が。虎をイメージした力強いの印象的です。

 

フラッシュを使わなければ撮影してもいいようなので、ついついスマホでパシャパシャと。

 

そして、こちらも。華やかな感じだけど、力強さを感じさせられます。

 

一方、第二期工事で復元された対面所。

ふすまの絵が一気に落ち着いたものになります。どこか威圧感というよりも落ち着かせるためという感じもしてしまいます。

 

風景画?的な感じがします。

名古屋城本丸御殿「対面所・下御膳所」の公開は、いよいよ平成28年6月1日(水)から!:名古屋城公式ウェブサイト

 

上品なんだけど、落ち着いた感じ。身内だけが出入りできる場所という感じがします。

 

拡大するとこんな感じ。どこか人々の生活が見えてくる感じがします。

 

歩く通路もこんな感じです。

 

この本丸御殿、江戸時代の当時も使われた回数が少ないそうで。

実際使ったのは、秀忠、家光、家茂の3人。藩主すらも引き継ぎのときの巡覧のときのみ中に入れたそうで。普段のメンテナンスする人以外入れなかったそうです。

そう思うと、家光⇒家茂の間の200年はだれも寝泊りしていない。でも、管理は徹底している。うーん、どこかなくしてもいいかと思わなかったのかなぁ。。。

 

来年残りの1つができるそうなので、見に行くこととします。

そして、天守閣が入れるうちに入っておかないとなぁ。。。天守閣の木造復元の話もでてきていますから。

www.nikkei.com

11月には立ち入り禁止か。。。その前に入っておいて、壊されていく姿もとっておかないとねぇ。。。通うことが増えそうです。