Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

お題スロットを使ってみました。

お題「私の師匠」

 

旅行ネタをすべて吐き出して、ネタ切れ感がすごくなってきたので、お題スロットを回してみました。残っているのは読書の感想ネタですが、それも10個程度。ということで、ネタが増える前に、すべてを吐き出していきそうで。。。

テストが終われば、ちょくちょくと18きっぷでの旅行ができるので、気晴らしにいろいろとなるかなぁ。

 

ということで、お題について書いていこうかと思います。

 

私の師匠となると、大学時代の恩師です。

 

卒業してしばらくは、ようやく恩師の影響下を離れて、のんびりやれると思ってたのですが、いろいろと思うと、結構大事なことを学ばせていただいていたんだなと思わされることが多々。

今思うと、いい恩師だったかなと思っているのですが、恩師の下にいたころは怖くて仕方がなかったです。

まぁ、自分が失敗をやらかしまくってたのが原因なんですが。。。

失敗としては、試験条件を間違える、それに気づかずにそのデータを検証せずに報告する。さらに試験を失敗する。与えられたテーマが成立しないのをいいのけてしまうなどなど。足を引っ張っているとしか思えないことが多々。

冷静に考えると、自分のミスであったり、そのときの常識でできないということをいっているとか、どうなのかな?と思うところが多々です。

今の自分であったら、当時の自分をどしかりつけますね。変わらんなぁ。。。

 

結局与えられたテーマから逸脱したり、ブレークスルーを見つけたりして、無事巣立っていったわけですが・・・。

 

恩師との思い出で印象的なのが2つ。

 

1つ目は、自分の就職先を相談したとき。

自分がいいなと思ってた家電系や重電系への就職活動にストップをかけて、今いる業界を押してくれたことですかね。リーマンショック以降急激に変わっていったのを考えると、先見の明がある人だったなぁと。

 

2つ目は、巣立つときのこと

巣立つときに、恩師に言われた言葉。「いまの学位は仮免です。この学位が本物になるかどうかは、これからのがんばり次第です。これからもがんばれ」のような内容をもらいました。

仮免というのに当時はむっとしましたが、仕事をしていくうえで、仮免という意味も含めて理解が進んでいくにつれ、いい言葉をもらったなと思ってます。謙虚に仕事をしていくという意味では、ありがたい言葉でした。

 

振り返ってみても、自分に大きな影響を与えた方なのは間違いないかと思います。

ただ、再度恩師のもとで学びたいか?と言われたら、じっくり考えなおします。。。

四季の絶景写真 撮影テクニック&撮影地ガイド ―日本ベストセレクション400― ~いい風景をみにいこうかな。~

絶景写真がたくさん載っています。

近場のものもあれば、北海道や沖縄など素敵な場所もある。写真のテクニックを抜きにしても、この写真の風景を見に行きたいという思いがでてきます。どこか、この絶景を見るためだけに旅行にいってもいいのかな?とも。

とはいえ、近場の写真を見ていると、こういう写真を撮りに行きたいとすら、思えてきてしまうから不思議。また、過去にいったことのあるところの写真を見ていると、なぜここまで差がでるのか?と思えてしまう。

 

夏の写真を見ていると、夏休みの旅行先にいれてみようかなと思ったりしてます。

貴船神社厳島神社などなど。

これらの風景を堪能するために、旅行にいく。自分の目で見て、感動を味わったり、写真とったりする。

 

季節ごとに素敵な風景がある。

それを満喫するために、いろいろと旅行する。それでいいのかなと。

 

あと、写真の撮影条件がいろいろと記載されているので、そこいらを見ながら、参考にしながら、写真撮影の腕前をあげていきたいものです。

四季の絶景写真 撮影テクニック&撮影地ガイド ―日本ベストセレクション400―
 

機動戦士ガンダムF91―クロスボーン・バンガード〈下〉/富野 由悠季 ~ちょっとかわいそうな気がしてしまいます。~

上巻でやきもきしてしまったので、急ぎ下巻を読んでみました。いつ、ガンダムF91がでてくるのか?という1点に興味がありましたから。それが、ガンダムF91の登場・活躍って、一瞬な感じです。

出撃したら、いきなり最後の戦いという感じで。。。しかも、最後がなぁ。。。クロスボーン・バンガードがどうなっていったのか?くらい書いてほしかった。

そういう意味でも、転々と戦い続けていったガンダムUCのほうが面白かったです。

 

とはいえ、ガンダムF91の強さと、ラフレシアはある意味衝撃的。それと、バグ。バグ自体は、鉄仮面の悪意があるとしか思えないような兵器。

ああいう計画を立てておいて、どうどうと宣言したりするのをみると、人としてどうなのかな?と思ったりします。

まじめな科学者だったからこそ、暴走したという典型例なのかな?マイッツアーの考えを深く理解したがゆえに、その考えを拡大解釈をしてしまったとか。

 

仕事でも、上司に委任されて仕事を進めるときに、ちょくちょく判断を求められることが多々。そのときに自分なりに上司の考えをトレースして、進めていくことがあるのですが、そのあとで報告した際に、いろいろとご指導を受けることがあります。

ケースバイケースというのもあるかと思いますが、そこいらがなぁ。。。なんというか難しい。

 

そういうのを思うと、ちょっとした人間のあるある模様が見えてくるので、少しつらい感じもします。

それにしても、鉄仮面もといカロッゾは、嫁に逃げられ、娘に愛想をつかされるというある意味家庭から見捨てられた人だったのかもしれないですね。。。

そう思うと、少し寂しい感じもしてしまいます。

 

さて、次は何をよむことにするかなぁ。。。

 

機動戦士ガンダムF91―クロスボーン・バンガード〈上〉/富野 由悠季 ~ほとんど物語の背景描写で終わった気がする。。。~

ガンダムF91って、そういや映画でみた記憶がない。

ガンダムF91がどういう物語なのか?はGジェネでやって覚えてはいるのですが、物語として読んだことなかったなと。

読んでて思うのは、背景描写にほぼ上巻をまるまる使って終了。1990年代にかかれた物語なので、ところどころに時代を感じるところがあります。FAXの描写があったりしますからね。この中でスマホや携帯のようなものがあったら、こまかい雰囲気がかわってくるんだろうなと思います。

 

コスモバビロニア建設について、その背景や登場人物の考え方が書き込まれているため、読んでいて、どこかこういう考えのことが歴史的におこっているのかな?と考えてしまったりしました。結局はどこか?というのがいまいちわからず。。。

 

コロニーの描写というか、人によってコントロールされている環境下では過激なことになることが少ないのでは?という描写がちょっと面白いかなと。

コロニーの天候は、人に苛酷な気象条件を設定して、人の感性を刺激するようにしてあったも、しょせんは管理された気候である。極度に人を不安におとしいれる暴風や寒暖の変化はインプットされていない。

~中略~

そんな環境が、人をおだやかにするか、自堕落なものにする。それを避けるために、人は、みずから面倒な労働をするようになっていた。

楽な環境にいると、ついつい楽をしようとしてしまいますからねぇ。。。

 

さて、F91がでてくるのは下巻となりますが、その活躍どのくらいなんだろうなぁ。。。

家計簿ソフトを活用しはじめました。

今年の目標の1つであった家計簿をつける。

matypoyo.hatenablog.com

つけようと思っていたのですが、どこかまだいいやと思ってそのままスルー。

このままつけずに終わるかというのが頭をよぎっていたのですが、6月のPC壊れた→PC購入という流れで、かなり大きめの金額の動きを見て、お金の流れを一度可視化しておいたほうがいいなと頭によぎりました。

ということで、過去に使っていたサービスを復活させるか?それとも別のにするかを1週間ほど考え、もとい調べてみて結論として次のを選びました。

 

moneyforward.com

ZaimやMoneyLookとかも考えたのですが、使い勝手というところと、スマホとの連動というところと、グラフ化とか比較とかを考えると、マネーフォワードのほうに差があるかなと。

ということで、使っていたサービスはすべて退会。そして、新たにマネーフォワードに登録。

 

いままで、月単位でExcelで管理していたので、おおざっぱな動きは理解していたのですが、ほぼカード決済に移行してしまったのを加味すると、こういうサービスを使うのもいいのかもと思ってます。

ただ、使ってて思うのは、無料の範囲であれば、Zaimのほうがいいのかなと思ってます。カードの使用金額合計とかも見れますし。マネーフォワードだと、そこいらは有料になりますから。

もうしばらく使っていくと、マネーフォワードは無料だと不満がでてくるのが見えてるので、そこいらを改善するために、おそらく有料版に変えると思ってます。

 

普段の無駄を生み出すことができれば、有料版の値段くらい確保できると思います。

 

家計簿ソフトのメリットって、日ごろからお金がどれだけあるか?というのを理解することと、使っている金額を把握することで無駄遣いかどうかがわかる。そこが一番大きいかなと思ってます。

以前つけてた時は、普段の生活していても、そこそこ貯蓄ができていた気もしますし。やめてしまうとあんまり貯蓄できなくなったりしてますからね。

そう思うと、こういうのは日ごろの意識付けには非常に大事なことなのかなと思ってます。

 

それにしても、便利な生活になってしまったものです。

あとは、クレジットカード関係の見直しもしておいたほうがよさそうだなぁ。。。

無駄が多いような気もするし。

野村克也「頭の使い方」―人を使い、育てる勝利の方程式/永谷 脩 ~やっぱすごいなと思う~

野村克也さんの本。

かれこれもう5冊目になります。似たような話を読む気もしてますが、たまに読むとなるほどなと思うところが多々。

理屈を立てて、野球を科学しているというところが共感できるし、そうすることで弱者が勝てるというのがいいなと。孫子の兵法の「彼を知り己を知れば、百戦危うからず」というのを実践している感じがするのがなんともいえないです。

孫子の兵法自体、2000年以上前の書物なのに、現代の人気スポーツである野球にも使える。ただ、表面的に野村さんのまねをしてもなかなか同じことができない。やはり、先行者の優位というのと、細かく理詰めでいくというのに差がでているんだろうなと。

 

今回、読んでて思うのは、野村さんのコーチ陣に対する配慮。

これって、結構大事なことだなと思う。一緒に仕事をしている仲間に対して、頼んだ仕事をしたときに、いかに活躍の場を用意するか?ということ。そして、その経緯を認めるということ。この2つってなかなかできることではない。チームでやっていれば、チームの成果だからというのもあるけど、それをやると本人たちがなかなか自分の仕事に意義というのがわからなくなる。

そういうのを踏まえると、きついところはかぶるべきだろうけど、おいしいところはチームメンバーに渡してあげるくらいの配慮がいるんだろうなと。そして、認められる場を用意していく。

なかなかできることではないけれど、気にかけていこうかと思います。

 

放送大学 面接授業に出てきました

放送大学の面接授業にでてみました。

久々にいったので、ちょっとどきどきでした。思ったより電車に人がいたりして、こんなに人がいるんだなぁと思いながら、放送大学の面接授業会場へ。

 

受けた内容については、割愛しますが、いろいろと考えることや思ったことが多々。

思ったのは、過去にやってきたことや今仕事でやっていることって、内容が違ってもなにかしら使えるところがあるなということ。内容自体が難しい場合もありますが、どこか理屈の作り方とか似ているところもあるときもありますし。

そういうのを考えると、今の仕事でもきちんと考えてやっていったり、今学んでいることが、仕事にも生かされてくることもあるんだろうなと。

 

さて、放送大学、昨年10月から選科履修生として1年間やってきましたが、次はどうするか?継続していく方向で考えていますが、継続するのなら、選科履修生をもう1年するか?それとも全科履修生になっちゃうか?ということ。

全科履修生になるのであれば、どのコースでいくのか?興味があるのは、次の3つ。

  • 心理と教育コース
  • 社会と産業コース
  • 人間と文化コース

心理と教育は、人と接する限り、心理というのは逃れられない。それに、これからAIとかの進化が進むのを考えると、心理的なところが重要になる気がしますし。

社会と産業だと、経済や経営のところに興味があります。特に経営に関するところ。仕事に直結して使えそうというか企画を立てるときの引き出しとして使える気もしますし。

人間と文化は、歴史に単純に興味があるから。歴史を知っておくことで、旅行をより深く楽しめる。そういうのを考えると、これが人生を一番豊かにしそうな気がしてなりません。

 

というのを考えていると、なかなか答えがでないんですよね。おそらく半年でとれるコマ数は4コマ程度。がんばって5コマ。となると、必然的に編入学でも4-6年くらいかかると思うと、慎重にならざるを得ない。

その答えがだせないから、もう一年選科履修生という選択肢が魅力的に見えてしまう。

うーん、なかなか難しいなぁ。

頭の片隅から「やりたいことが多いなら、どれかに入って終わったら、再入学すればいいんでは?」という声が聞こえてくるんですよね。。。

うーん、悩ましい。