読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

ジェネラル・ルージュの凱旋(下) /海堂 尊 ~どうして無駄な会議が増えていくんだろう。。。~

趣味 読書

上巻の勢いのまま下巻へ突入です。

 

今回の中で、そうだよなと思った言葉いきなり引用です。白鳥がでてきて多少暴れていきますが、バチスタほど暴れていないのが残念すが。。。

全部今回の主役でもある速水の言葉です。

「あんたは何ひとつ背負わず、自分だけ安全地帯にいるからだ。そんな人間に他人を審査したり、ましてや裁く資格なんか、ないのさ」

「行動には危険がつきまとう。行動しない口舌の輩がよってたかって行動する人間を批判する。いつからこの国はそんな腰抜けばかりになってしまったんだ?」

「正確に言おう。それは俺の次の人間が、のたうち回りながら何とかすることだ」

こういうのを見ていると、ちょくちょく思っていることとかぶるなということ。これらの言葉がでてくるくらいの話が日常で思うことがあるということでしょう。

ただ、速水のやり方は納得がいかないし、やってはいけないことに手を付けた。としか、いいようがない。批判されるべきことだけれども、それは患者を救うために全力を尽くしたというふうに解釈すれば、医者としての職分は全うしているともいうことができる。

なかなか難しい話だよなと。

 

そういや、一時期大学の先生がリベートを会社からもらって大きな問題になった話がありました。本人は手を付けずに、研究費として使用していった。ある意味、研究費をもらったといえばそのとおりですが。。。でも、ルールは逸脱をしてしまっている。

本作はその倫理が問われているのでは?と。

倫理はもちろん守りつつ、医師として与えられた環境で全力を尽くす。それが大事なのでは?と。でも、そこで守れない命はどうするんだろう?それに対する答えはなかった気がします。いや、誰も答えがないのかもしれないですね。

アメリカのように個人に大きな負担がかかるような仕組みであればできるのかもしれない。私営の病院であればできるかもしれない。

でも、国立であると、ある程度のガバナンスは求められる。そう思うと、非常に難しい話なんだなと。

 

それと、姫宮の能力の高さがいかされるところが最後にでてきます。いや、むしろ速水の先見の明と暴れっぷりが見えるから楽しい。

速水のような火事場で力を発揮する人ってなかなかいない。でも、いるんだよなと思う。大変だ大変だといいながら対応する。そして、成し遂げていく人がいる。そう思うとね。。。

 

あと、エシックスは、よくある関門ですね。すべてを止めてしまいやる気をなくしてしまう関所。ああいう場は、なぜ揚げ足取りを行い、「こうしたらできる」や「こうしたらどうか?」というような前向きな意見ができないのか?というのを思わされます。

そして、変なことが起こると逃げると。。。すべてよくあるし、イラっとくることばかりのパターン。

どこの世界でもある話なんだと思うと、ある意味むなしくなりますねぇ。。。

 

ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)

ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)

 

 

ゴッホとゴーギャン展 ~ゆっくりみたかったなぁ。。。~

趣味

名古屋で1/3~3/20で開催されているゴッホゴーギャン展を公開最後付近で見てきました。いこう、いこうと思って気が付けば、公開最後付近ということで、駆け込みです。

 

3/18に見に行ったわけですが、到着が10:00ごろ。開館とほぼ同時に到着したのですが、その時点でチケットを購入のためと、入るための列がずらっと。

おそらく30分前くらいから並んでいる人がおおくいらっしゃったんだろうなと。

ゴッホゴーギャンという巨匠の絵画を見れるということで、普段見に来るよりずっと人が多かった気がします。地下鉄やらでたくさん広告を出していたからなおさらかなと。

 

ゴッホゴーギャンを見てて、印象的なのが、ゴッホの絵がどんどん狂気じみていっているように感じること。

最初は、かなりあっさりとした絵なのに、ゴーギャンとの共同生活後は、どんどん狂気じみていってしまう。

なにかあったのかどうなのか?

 

作品自体は、ネットでみることができますね。

フィンセント・ファン・ゴッホの作品一覧 - Wikipedia

油絵とかは、その陰影で画像でみるよりも実物を見た方が筆のタッチとかまで見えてくるので、印象がぜんぜん異なります。

何点か狂気じみてる感じを受けたのに、ネットでみたらあんまりその印象を受けない。

渓谷とかオリーブ園とか玉ねぎとかそんな気がしてならない。

 そういうのを感じるということは、実物を見るタイミングがあれば見に行った方がいいかな。

 

ゴーギャンは、個人的にはタヒチにいってからの作品のほうが好きでした。タヒチの女とか有名ですし。

孤独感も一部伝わるような絵もありますし。。。

ただ、このころのゴーギャンって。。。

ポール・ゴーギャン - Wikipedia

 

愛知県美術館の1階にこのような大きな掲示物が。

今回の教訓は、絵画を見に行くのは早めにいくということが大事ということと、事前にチケットを買っておくことというのがよくわかりました。

あとは、有名なのとか人気の展示は、有休とって見に行くとかしないと、ゆっくり見るのは難しいだろうなということ。

 

見終わって外にでると、常設展示にムンクがでていたので、こちらも貴重。

それに、クリムトの黄金の騎士もありと、じっくりと見るには十分な内容。こちらのほうは少し人が少なかったので、だいぶゆっくり見ることができました。

ムンクの絵画って、日本に4枚しかないんですねぇ。貴重です。

 

 

そのあと、オアシス21に。といっても、美術館をでたところですが。。。

 

ダンスイベントをやっているようで、人が増えてました。

 

ジェネラル・ルージュの凱旋(上) /海堂 尊 ~ナイチンゲールの沈黙と同時並行の話なのかぁ。。。~

趣味 読書

なんと面白いのか。読んでて、これからどう進んでいくのか?というのが気になり、どんどんペースが上がっていきました。

上下巻を一気に読むつもりがなかったのに、気づいたらあっという間に読み終わり。やはり、引き込む勢いがぜんぜん違います。

 

本作は、ナイチンゲールの沈黙とほぼ同タイミングでの話になります。

そういう事前情報を持たずに読み始めたのですが、いきなり水落冴子がでてきて???なんで???という頭に?がいっぱいに。

ちょっと冷静に読んでいくと、なるほどなと。同系列で同時に物事が進んでいく話かとようやく理解。

そして、自分自身の記憶を呼び戻すために、ナイチンゲールの沈黙の感想を読み直し。

matypoyo.hatenablog.com

matypoyo.hatenablog.com

続き物なので、感想は下巻のほうでまとめて書こうかと思います。

そうじゃないと、いろいろとごっちゃで書いてしまいますから。ということで、今回気になるところを一つ。

 

時系列的なところが実は下巻の巻末に書いてありますので、上巻を読んだ後に頭の整理のために読んでもいいかもしれません。むしろ、この時系列でいろんなことが起こりすぎな気がしますがね。。。

高階病院長の心労が心配。。。

 

本作のところででてくるのが姫宮。白鳥の部下の。。。

この姫宮が研修ででてきている。そういえば、ナイチンゲールの最後のところで、ちらっと名前がでてきてたのですが、ここでそういう流れがくるのか!というのが素直なところ。ちょっとどんくさい感じがしますが、超優秀な人らしいので、どこかでその片鱗が見えるのかなとも思ってます。

 

最後に、看護師の如月と森野の会話より。花房師長と猫田師長を比較しての一言。

いい加減でも何となく安心感がある。それを人徳、というの

こうありたいものですねぇ・・・。

ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)

ジェネラル・ルージュの凱旋(上) (宝島社文庫)

 

 

名古屋散策 名古屋市営地下鉄の地上を歩く 地下鉄桜通線その1 御器所⇒桜山⇒瑞穂区役所

旅行・旅

名古屋散策シリーズとして、地下鉄鶴舞線の上を歩いていたのですが、桜通線の上に御器所で少し分岐。

理由は、歩いていた日が3/11で名古屋ウィメンズマラソンの前日だったので、その準備がどんな感じだろうと思って歩いたのが理由です。

ちょうど名古屋環状線新瑞橋までマラソンコースになってますので。

 

基本は、鶴舞線を歩きとおすつもりですが、いろいろと地下鉄をのりつないでいくかのごとく、寄り道をしながら歩いていこうかと思います。

ときには、JR線、名鉄に沿って歩くのもありかなぁ。。。

 

ということで、スタートは御器所駅から。
f:id:matypoyo:20170312115818j:image

 

だいぶ暗くなってきていますが、それもそのはず17時過ぎになっています。

 

桜山に向かっていくと、3/12用のコーン等準備が。

それと、桜をイメージしてか街頭がピンク色に塗られてました。
f:id:matypoyo:20170312115823j:image

 

夕方なので、その色の変化を楽しみながら、歩いています。
f:id:matypoyo:20170312115923j:image

 

桜山の駅前には、昭和郵便局が。

瑞穂区昭和区の境目くらいの場所なのに。。。

もともと、昭和区瑞穂区が一つだったのが、人口増加により、分離したのが原因のようです。

昭和区に住んでいると、かなり不便だろうなぁ。。。せめて御器所周辺にあればよかったのにとすら、思えてなりません。
f:id:matypoyo:20170312115900j:image

 

そして、桜山の駅に到着。
f:id:matypoyo:20170312115944j:image

 

ふと気づくと街頭にライトが。

ちょっといい感じです。もう少し暗い方がいいのかもなぁ。。。
f:id:matypoyo:20170312120007j:image

 

ということで、だいぶ歩いてると、いい感じに。
f:id:matypoyo:20170312120018j:image

 

もう少し歩いていくと、名古屋市大病院の前を通過。
f:id:matypoyo:20170312120030j:image

 

そして、博物館周辺を通過。
f:id:matypoyo:20170312120041j:image

 

ここいらは学術的なものが多い感じですねぇ。

あと、のぼりはグランパスのです。
f:id:matypoyo:20170312120048j:image

 

もうちょっと歩いていくと、瑞穂区役所、みずほ警察署の前に到着。
f:id:matypoyo:20170312120058j:image

 

交差点をふとみると、こういうオブジェが。
f:id:matypoyo:20170312120103j:image

 

だいぶ暗くなっていますが、瑞穂区役所駅に無事到着。
f:id:matypoyo:20170312120108j:image

 

ふと見つけたバス停の広告。

ビールがおいしそう。。。
f:id:matypoyo:20170312120136j:image


以上で、桜通り線その1を終わります。

 

夕方を歩いたのは久しぶりですが、久々に夕日を撮りにドライブでかけてもいいかもと思ったり。ちょっとどこかドライブ行くネタを考えようっと。

エジプトミイラ5000年の謎/吉村作治 ~ミイラって昔薬に使ってたようです。しかも高額な。。。~

趣味 読書

BookOFFで見つけた本。面白そうだったので、購入してみました。

 

エジプトのミイラ。結構そそる内容だなと。いま確認すると2000年の発売。15年前なので、情報としては古い感がします。

 

ミイラの作り方等は、こちらのURLを参照。

ミイラ - Wikipedia

 

ミイラも金持ち、少し金持ち、普通で創り方が異なっていたようです。

金持ち:じっくりつくり腐敗しにくい

少し金持ち:ちょっと手抜き

普通:手抜き

という感じで。死後にもお金とかが生前の差がでてくるのを考えると、せちがらい世の中だったのだなぁと。今と変わらないか。。。

 

ミイラづくりの技術は途絶えてしまっていて、どういう作り方をしているか?というのを調べているのを見ると、現実的に頭で理解するのではなく、現実として一度やってみるというのも大事なんだろうなということ。

通説では、腐敗を抑制していくだけで、ミイラができなかったのに対して、本当の手法ではきちんとミイラができた。

こういう比較をみていくと、頭でっかちだとダメだなぁと。

 

それと、面白いのは、ミイラをCTで撮影して、往時の姿を再現しようとしていることです。

なかなか想像ができない世界なのですが、人の骨格とかからかなり復元できるそうで。ふと思えば、ドラマとかで警察が白骨死体から往時の姿を再現していくというのもありますから、現代の技術を使えばできるのでしょうねぇ。

そう思うと、技術として非常に面白いなと。

 

ここまで書いてて、ふと思うのは、いまだにミイラの新発見とかがでてきている。そういう情報に触れると、まだまだ見つけられていない発見があるのかもと思うと、ついつい興味を持ち続けてしまいます。

www.afpbb.com

不明なところを紐解いていくのは、面白いし、興味深いですから。

 

ここまで書いて、ふと昔、考古学に憧れがあったのを思い出しました。ただ、現実的に生活はつらそうという感覚をもってしまったので、勝手にあれやこれやと考えているので十分かなと思ってます。

世の中の学者の方々、新しい発見をお願いいたします。

 

名古屋散策 名古屋市営地下鉄の地上を歩く 地下鉄鶴舞線その6 鶴舞⇒荒畑⇒御器所

旅行・旅

鶴舞線の上を歩くの第6弾。

 

前回で、上小田井まで到着したので、鶴舞から赤池を目指します。

 

伊勢神宮にいったあと、時間的に余裕が少しできていたので、鶴舞駅から御器所を目指して歩いていきます。

 

まずは、夕暮れ時の鶴舞駅からスタート。
f:id:matypoyo:20170312115514j:image

 

JRから地下鉄の駅へ。
f:id:matypoyo:20170312115525j:image

 

鶴舞公園をつっきっていきます。

昨年の夏にポケモンGOで人気になった鶴舞公園。きたときは、コスプレで写真を撮っている人のほうがずっと多かった気がします。
f:id:matypoyo:20170312115541j:image

 

道中のところで、見つけた梅の花。
f:id:matypoyo:20170312115553j:image

 

鶴舞公園ってもともと池があるので、と知的にはちょっと低い。
f:id:matypoyo:20170312115603j:image

 

ここから東側にでてきたところに、八幡山古墳があります。

八幡山古墳 (名古屋市) - Wikipedia

現在立ち入り禁止ですので、外から見るだけでおしまいです。
f:id:matypoyo:20170312115618j:image

 

南に下って、山王通に。
f:id:matypoyo:20170312115632j:image

 

少し歩いて荒畑駅へ。
f:id:matypoyo:20170312115640j:image

 

ふと振り返ると、夕日が。この時間帯は好きなんだけど、写真撮るのがなかなか難しい。。。
f:id:matypoyo:20170312115649j:image

 

10分くらい歩いて、御器所駅に到着。
f:id:matypoyo:20170312115659j:image

 

御器所駅の交差点。

昔、ランニングでよく来たところ。なつかしい。。。
f:id:matypoyo:20170312115706j:image

 

そういうことを思って、ふと見ると、こういうものが。。。

歩いた日の次の日は、ウィメンズマラソンがある3/12でした。

せっかくなので、次回はコースにそって、桜通線を少し歩くこととします。
f:id:matypoyo:20170312115718j:image

体温力/石原 結實 ~自分自身にあったのがいいのでしょうねぇ~

趣味 読書

体温はいくらぐらいか?

自分自身は、おおよそ36.0前後になります。37.0度を超えると、ちょっとつらいかなと思うくらい。

でも、この本を読んで、熱を出したときにたくさん熱をかいて、気持ちよかったのをふと思い出しました。熱を出して、あんまり食欲もなく、ただただ寝ていて、熱が下がったときに妙に頭がさえている感があるのもなんか納得というか。。。

 

この本には、低体温になるには、次のことが原因のようです。

  1.  筋肉運動や労働不足
  2. 塩分の控えすぎ
  3. 水分の摂りすぎ
  4. 食べすぎ
  5. 体を冷やす食物の摂りすぎ
  6. ストレスでいっぱいの現代生活
  7. 化学薬品、化学調味料、食品の添加物の摂取
  8. シャワーで済ませる入浴習慣
  9. 夏のクーラー

 

そして、低体温になると、次の病気になると書いてあります。

 

こういうのを見ると、いかに体を温めて、高い体温をたもつか?が大事な気がします。あと、空腹が大事なようです。空腹になると、白血球も空腹となり、免疫力が向上する。もちろん、体温が高いほうが免疫力が高くなるそうです。

 

読んでて思うのは、最近は、夏のクーラーをつけずに、熱中症で倒れる方もいますから、ケースバイケースのところかなと。

体が楽になり、さらに体にいいと思うことをすればいいんではないか?それは人ごとに違う。運動したほうがいい人もいれば、食事のほうがいい人もいる。

自分自身にあったほうがいいのでは?と。。。

 

そういうのをいろいろと考えさせられる本でした。

うーん、運動したほうがいいんだろうなぁ。。。

体温力 (PHP新書)

体温力 (PHP新書)