Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

GW 令和初日の行動。。。 その7 七所神社

富部神社の次は、近くの七所神社へ。

ここもよく近所の環状線はとおるのに、まったくもって気づいてませんでした。

うーん、結構知らないことばかり。

 

ということで、非常にありがたい。

www.city.nagoya.jp

ということで、写真を。

5月ということで、新緑が非常に多い。名古屋というのを忘れる感じがしていい気がします。また、いこうかな。。。

 

手水場。

 

その拡大。

 

本殿。

 

おまいり。

 

参拝と御朱印をいただいたのち、一礼して次のところへ。

 

こう思うと、すごい量の移動をしている気がします。

名古屋周辺でこれだけ動いてるのって。。。

 

さて、まだまだ続きます。。。

戦略の不条理 なぜ合理的な行動は失敗するのか/菊澤研宗 ~なかなか難しい~

 戦略って必要だなと思うのですが、最適な解を出しているつもりでも、それが正しいとは限らない。

戦略の不条理とは、特定の世界ではきわめて適合的で合理的な行動をしているのですが、別の世界ではまったく不適合となっているために淘汰されてしまう「合理的不適合」と呼びうる不条理な現象のことを言います。

 

不思議なことだなと思います。むしろ、こういうのが面白いところでもある気がしますが。。。

 

 仕事をしていく場合の部下との関係については、なるほどなと思う。

リーダーは、戦略と戦術を実行するために、どのように兵士を管理する必要があるのでしょうか。『孫子』の兵法では、兵士が十分になついていないのに、罰則だけを機械的に適用すると、兵士は信服しないし、ついてこないと説いています。

 罰則が厳しかったり、機械的でありすぎると厳しいという感じを受けてしまうことが多いです。そういうことなんだなと思う。どこか血が通った感じがしないと、不評というかついていこうという気持ちがでてこなくなりますからね。。。

そこいらが非常に難しい。

 

 自分の成果を評価するのってなかなか難しい。ついつい自分のことを美化しがちでありますし。

われわれ人間は、自分の成果を客観的かつ批判的に検討しようとする試みによって自己を超越できるのです。常に、自己を客観的視点から批判的に点検する努力と、それによって自らが生み出すパフォーマンスをより良くしようとする姿勢が人間の成長には不可欠なのです。

 客観的に自分をみるというのが非常に難しい。どこか冷静になっていかないといけないというのを考えるとそこを確保する必要があるのかなとも。

自分を越えていくにはそういうことができないと厳しいのか。。。

 

すべてを肯定して正しいものとして受容することでもなければ、逆にすべてを否定して間違いだとして放棄することでもありません。批判とは、どこまでが正しくどこまでが誤りなのか、その境界を確定することです。それゆえ、批判主義とは限界確定主義(マージナリズム)のことを意味します。

どこに線引きをするのか。。。

なかなか難しい。

 

単純なような感じもしますが、そこがまた難しい。。。 

戦略の不条理?なぜ合理的な行動は失敗するのか? (光文社新書)

戦略の不条理?なぜ合理的な行動は失敗するのか? (光文社新書)

 

海にいってないなぁ。。。

今週のお題「海」

 

海には遊びにいくことが最近少ない。

なので、過去にとった写真をグーグルフォトから検索。

 

どうも海にいくときは、大概灯台のあるところに行くことが多いみたいです。

気づいてなかったのですけど。。。

灯台ってロマンありますから。行くのは仕方ない。

 

あとは夕日を見に行っているのも多かったかな。

最近いってないから夕日を見に行きたいなぁ。ただ、帰宅が遅くなるのがね。そこさえ解決できれば全然いいんですけど。

 

ということで、過去に撮影した灯台の写真です。

 

夕陽の写真。

 

曇ってる写真が多い気が。。。

 

そして、大きなレンズの灯台

たしか室戸岬だったような、そうでなかったような。あいまいです。

 

ということで、今年の夏は海に行きたいなぁ。

その前に早く梅雨があけてほしいものです。

一生食いっぱぐれないための エンジニアの仕事術/椎木 一夫 ~エンジニアっておもしろい~

 エンジニアに求められるものってなんだろって思うと、次のことらしいです。 

対象(原発の立地)を解析(A:Analyze)し、大津波にも耐えられるという目的に沿って原発を設計(D:Design)し、それを実現(R:Realize)するというADRのプロセス

 解析して、設計する。

最初の解析というのってなかなか難しい。現状把握もきちんとできていないとよく変な方向に進むことも多いですから。

あと実現というのもね。。。現実的にできないものを作っても意味ないですし、再現性がないのもなぁとも。

 

そういうのを踏まえると、会社が求めているのは次のような人材。 

会社は、「応用問題に対して最適解が出せる人材」「答えのわからない仕事をまかせられる人材」「難問の解決に向かって努力しつづける人材」をつねに求めています。

いってみれば仕事ができる人材ということですかね。

「仕事ができる」とは、混沌とした情報やものごとを整理して道筋をつけ、難しい問題を解決することです。

 

 ただ、エンジニアが会社で働いていると少し窮屈に感じることも多々。そこに対するコメントがこちら。

 More active, more free

 Less active, less free

 アクティブに動けば動くほど自由に動けるということだそうです。

 

 さらに、自由を手に入れるならば、昇進していくしかない。

自分の力を磨き、仕事を通して上司にも部下にも認められるような、人間関係をつくらなければならないのです。出世というと即物的でいやらしく聞こえるかもしれません。しかし、偉くなれば自分のやりたい仕事が、思うようにできるわけですから、出世しないよりはした方がよいと思います。

 ただ、昇進しすぎると徐々に技術から離れていくわけですから、そこはどうするか?というのもあるんでしょうけど。。。

なかなかそこいらが難しい気がします。

 

あと、先の長い仕事をするには次のことを考えながらしたほうがいい。

エジソン象限の試行錯誤の成果は刹那的なのです。 さて、自然法則の理解度が高く、応用性・実用性の考察深度も高いステータスは、「パスツール象限」と名づけられています。この象限は、原因解明と理解に基づく実用考案の領域です。タテ軸とヨコ軸の間にあるこの第三の方向が工学(技術)を表し、イノベーションにつながるのです。

 

 最後に、仕事をしている中で疑問に思ったり不思議と思ったりしたことはメモっておいたほうがいい。

そして、そのまま置いておくのではなく、少し時間ができたときに検討をしてみる。そうすることで、新しいことを見つけることになるかもしれない。そして、イノベーションを興すことができるかもしれない。

そう思うと、日ごろの疑問をどこかに書き残しておくことが大事。

 

一生食いっぱぐれないための エンジニアの仕事術 (光文社新書)

一生食いっぱぐれないための エンジニアの仕事術 (光文社新書)

 

GW 令和初日の行動。。。 その6 富部神社

圓通寺の次は、富部神社へ。

名古屋市南区にある神社なのですが、このときまでまったくもって知らずに。。。

でも、考えてみれば、愛知県は神社仏閣が多いところですから。いろんなところがあるんだなと。

 

富部神社について

www.tobe-shrine.org

ここの御朱印って月ごとに違うようなので、毎月お参りにいって御朱印をもらってもいいのかもと思ったりしてます。

今回は特別なものもいただけるとのことで両方をもらうことを考えて参拝に。

 

さて、写真。

 

手水場

 

その拡大。

 

名古屋市の中にこんな緑があるのを見るとすごいなと思います。

イオン新瑞橋から見えるのはこれだったのかな?

 

近づいてみて撮影。

 

御朱印をいただいたのち、鳥居の撮影。

 

富部神社の御由緒。

 

さて、次に続きます。

ガリガリ君の秘密 赤城乳業・躍進を支える「言える化」/遠藤 功 ~成長しているのを感じるのって大事だな。~

夏が近づいてくるとついつい食べたくなるアイス。

その中でもガリガリ君の梨はでてくるとかならず冷蔵庫のストックに入れてしまうようになるくらい好物です。

最近のガリガリ君はいろんな新しい味にチャレンジしているので、面白い企業だよなと思っていたんですが、その中身を知ることができるいいチャンスと思って本書を読んでみました。

 

見てて思うのは、チャレンジ精神がすごいなということ。

会社の上層部からしてこの精神があるからこそ、どんどん新しいアイデアがでてくるのだなと思う。

どんどん失敗しろ!失敗を恐れるな!

 

この文化をつくるのには、上層部がいろんな意見を聞くことができるという風土がないといけない。その仕組みを作るのは大変だと思う。

相手の意見に耳を傾ける「聞ける化」があってこそ、「言える化」は成立する。 

こういう風土があるからこそ、新しいことがどんどんでてくるんだろうなと思えてきます。

 

モチベーションを高めるために大事なこと

  • 連帯感:結束を高め、つながっていると感じることができれば、やる気は高まる
  • 成長感:自らの成長を肌で実感すれば、さらなる挑戦意欲が湧いてくる
  • 貢献感:人の役に立っていることが認識できれば、人は努力を続けられる

これをみると、一体感をだすというのが大事なんですねぇ。

あと成長感も。

 

GW 令和初日の行動。。。 その5 秋葉山圓通寺

羊神社のあとは、次のところへ。

熱田神宮御朱印をいただこうかと思っていたのですが、ふと気になってTwitterをみたら数時間待ちとかの情報が流れていたので急遽取りやめ。

でも、近所には来ていたので、いけるところを考えると秋葉山圓通寺にいくことに。秋葉さんのことから火の用心ですね。。。

円通寺 (名古屋市) - Wikipedia

 

ということで、写真を。

熱田神宮の方向を見てみると、すごい車の列。。。

 

秋葉さんのほうまで車の列が並んでいます。

 

さて、手水場。

 

やはり、龍。

 

お祭りをしてました。一日だったからかも。

 

秋葉さんにお参り。

 

このあと御朱印をいただいたのち、次のところへ。

 

秋葉さん自体一度訪れたことはあったのですが、お祭りしてたのを見るのは初めてでした。

もうちょっと近所をまわってみてもいいのかも。。。

 

さて、まだ続きます。