Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

酒場歳時記 (生活人新書)/吉田 類 ~お酒のみにいこうかなぁ。。。~

この本は酒のみの先輩から、一度この酒場歳時記を薦められたことがあります。

ちょくちょく見ている「吉田類の酒場放浪記」。その裏側も載っているから読んだら面白いよとのことでした。

それが、そのときは気にせずスルー。ただ、本を読むようになって、一度吉田類さんの本を読んだことがあり、気になってきたので、電子書籍で購入。旅のお供に読んでみました。この本の雰囲気が旅情とあわせていい感じです。旅の疲れや仕事の疲れを癒すために、ちょっと一杯飲んでくる。そういう感じで、本書に紹介されたところに、ちょっと東京にいったときにでも呑みにいってもいいかな?とも思えてきます。

実際は、東京に行くのは18きっぷか仕事で行くことのほうが多いので、そんなにぶらっとはいけないのですが。。。

18きっぷは日帰りだと時間的制約が大きいのと、仕事だと、次の日があったりするので、酒を飲む気が起きないという。。。

 

そういうのもあって、こういう雰囲気の飲み屋を、住んでいるところ、特に通勤で使う経路上で見つけるのはありかもなということ。特に、乗り換え駅あたりで見つけられたら、最高です。そして、週末にふらっと呑みに行く。いいなぁ。。。

昔住んでた付近には、ちょくちょく行きつけの呑み屋を見つけてましたが、今住んでいる場所ではあんまり呑みにいくことが少なくなってます。

 

酒場というと、少し昔風な感じもしますが、のんびり酒を飲みつつ、一日起こったことや考え事に思いをめぐらす。

そして、あほらしくなって、気楽になる。

そういう呑み方をしてもいいのかもなぁ。。。そのときは、おいしい料理と一緒に呑みたいものです。

 

この本にでてくるお店や酒場放浪記にでてくるお店って、その土地の呑み屋ですが、そこに入るのってなかなかできない。結構勇気がいるんですよね。

ただ、みていると非常においしそうで。。。なので、今度旅行にいき、無理なスケジュールを組んでいないときは、呑み屋にいき、その土地のおいしいものを食べる。そういう夜をすごしたいものです。

酒場歳時記 (生活人新書)

酒場歳時記 (生活人新書)

 

トランスフォーマー 最後の騎士王 ~SFの映像美は見てて楽しいんですよね。~

トランスフォーマーの最新作。

予告動画を見ると、オプティマスとビーが戦っているという衝撃的な映像が。なぜ戦っているのか?という興味も沸いたのもあり視聴。

 

えー、見ての感想ですが、前振りが非常に長い。長すぎる。

もっとトランスフォーマーに暴れてほしいし、無駄にかっこいい変形をばんばんしてほしいというのが個人的な感想です。変形に理由はいらない。ただ、その映像を見せてくれるだけで、メカ好きな個人としては非常に楽しめるんですが。。。

SFやメカものは、基本好きなんですけどね。背景を作りこんでほしいけど、それ以上にちょくちょくメカ同士の激しいバトルをいれてほしいんだよなぁ。ド派手なやつを。

個人的に楽しめたのが残り40分くらい。むしろ、残り40分にすべてを突っ込んでいるので、前半の伏線を回収しきれてないし。ポロとか関係ないやんとか、突っ込みどころが多いんですよね。でも、執事コグマンが笑いを用意してくれていたので、面白かったです。海の中にでたりして、好き勝手やっているのが面白い。いいキャラなので、次回もでてほしいなぁ。。。

それに、最後は次回に続きそうな伏線も張ってくれているので、次回に期待です。公開されたら見に行くことにしよう!

 

ただ、不満というか自分の不勉強なところが多々あるのが反省ですかね。今回のバックグラウンドにあるのが、アーサー王の話。ここいらあんまり知らないんですよね。アーサー王という人がいたのは知っているけど、どの時期の人なのか、何をした人なのかがとんと。。。そういう意味でも、「へー」で終わってしまったところもある。

そこいらを知っとけば、もっと深くのめりこめたのかなぁ。。。ちょっとどこかのタイミングで読んでみるかなぁ。

 

そういえば、今回の映画は、久々に見に行った映画。

調べてみたら、2016/5に見た「スポットライト」以来です。

スポットライト 世紀のスクープ ~本当にいろいろと考えさせられる内容。~ - Otra célula del cerebro

もう少し頻度をあげて見に行きたいのですが、なかなかいいのが少ない気もしてしまいます。やはり、映画にちょくちょくいって公開予定のムービーを見ないとみたい!というのがないのが問題なのかも。

とりあえず、スターウォーズの新作は公開されたら見に行くことにしようっと。

tf-movie.jp

高知観光 その2 ~坂本龍馬ってすごいわぁ~

高知の旅 その2。

 

気になってた坂本龍馬関連のスポットを巡る旅になります。

 

高知駅から移動をしている道中にひろめ市場の前を通過。ここでは土佐の名産を食べれるので、よく観光ガイドとかに掲載されています。

ただ、今回の目的とは違うのでスルー。

 

ちょっと進んでいくと、武市半平太の殉節の地の碑を発見。

ここなんだなと知るだけでも、歴史小説のイメージがわくので面白いです。

 

目的地その1。坂本龍馬生誕の地。

いまは病院の横にひっそり碑が立ってます。

結構メイン通りに面してて、坂本家って結構裕福だったんだなと勝手に想像。当時もこの通りってメイン通りだったのかなぁ。。。

 

目的地その2。龍馬の生まれた町記念館。

ryoma-hometown.com

入館料300円(JAF会員だと240円)。

 

入口に龍馬の像があります。

 

中には、写真撮影ポイントも。

構成としては、龍馬の歴史と、その当時の高知の街並みを見たりすることができる内容です。

過去と現代の映像をいろいろとみれるのは、見てて面白かったですね。

ちょっと高知についての理解が進むような展示がありますし、いったときはちょうど幕末の展示特集もやっていたので面白いです。

龍馬暗殺のいろんな説を並べていて、そこの比較が面白い。たしかに単独でみると、どれもあり得そうだなと思うけど、比較することであり得そうかなさそうかがわかるというのも、なかなかない展示です。

 

龍馬に興味ある方であれば、一度いってみてもいいかもしれません。高知城からそう遠くないですし。

 

そこから高知城方面へ移動。

市役所・県庁の前の通りから高知城を撮影。

県庁は、以前県庁おもてなし課という映画の舞台になって、その展示されてたことがありました。

こう見ると、高知城って結構立派だなぁ。

ここから見ると、高知城天守に人がたくさんいたので、高知城を上るのはスルー。

また今度来る機会があれば、いこうかな。

 

高知城については、次のURLを参照。

http://kochipark.jp/kochijyo/

 

高知城内には、山内一豊の像があったりします。

 

そして、追手門。この追手門のほうが有名かも。

あと追手門を入ると、よさこい祭りの時期は舞台があります。

なお、高知城は、貴重な現存12天守のうちの1つ。

さらには、本丸御殿もあり、非常に見どころが豊富です。春とか秋とかだとライトアップをしていたりするので、夜間も楽しめる取り組みもしてますので、昼だけでなく夜間も調べてみると面白いです。

 

ではでは、続きは次回。

あと1回で終わらせるかな。。。

 

 

 

 

いろいろと書いてたら、

ブラタモリ 6 松山 道後温泉 沖縄 熊本 ~治水って大事なんだねぇ。。。~

ブラタモリを読もう第二弾。第6巻です。

この巻で、昨年の担当だった桑子アナが引退です。そのときの話も書いてあり、いいなと思うところが多々。

 

個人的には、熊本と松山、道後温泉あたりが興味深かったです。

四国って、火山もないのに温泉がどうしてあるんだろう?と思ってましたが、そこの謎が解けてなんか納得です。断層の上でかつ、地熱で温められていたということなんだと思ったら、そこらをゆっくり回っていきたいものになるわけで。。。

あと、松山のは、おなじNHKの72時間にでてきた観覧車とともに、ゆっくり回りたいですね。

ふるさと納税をすれば、いろいろと観光地をまわるのに便利なクーポン券も届きますし。そこいらを駆使してのんびり観光地巡りをしたいものです。

 

熊本は、熊本城が在りし日の状態を残している貴重な回ですね。この放送の後、震災が起こって熊本城の石垣が崩落したりと大変な状況になってますし。

そういうのを思ってみると、貴重な写真だなと思います。熊本に行くことがあったら、そこいらをじっくり見ながら観光したいですね。むしろ、大変な状況になっている現状を目に焼き付けておきたいかなと。

それにしても、加藤清正って、猛将のイメージしかないですが、城づくり、街づくりと大活躍ですごい人だったんだなと。

そういえば、松山も水の治水をしていましたから、やはり、街づくりというのは治水からなんでしょう。

松山は足立重信という方が石手川や伊予川(石手川下流)の治水の指揮をとって、その成果をたたえて、伊予川の名前が重信川になってますから。この個人名のついた川というのは日本では珍しいそうです(日本唯一なのかな?)。

川に名を残す足立重信

山梨にも信玄堤とかありますし、治水というのが大事というのがわかってきます。

 

沖縄も水問題の話がでてきますし、将来的に沖縄の首里城がもつかどうかという話もでてきてますから、はやいうちに見にいったほうがよさそうですね。。。

 

このブラタモリの本を読むたびに旅行に行きたくなるのはなんでだろうなぁ。。。

ブラタモリ 6 松山 道後温泉 沖縄 熊本

ブラタモリ 6 松山 道後温泉 沖縄 熊本

 

高知観光 その1 ~渋滞がひどかった。。。~

2017年盆休みに高知へ。

予定では3回くらいの内容になるはず。

といっても、写真をぺたぺた貼り付け程度でいきそうですけど。。。

 

まずは、盆休みの大移動の中、渋滞に突っ込むのを避けて、夕方から移動開始でしたが、それでも時間がかかりました。。。

本当は、ここで早めに移動しておいたほうがよかったのかもしれませんが、所要を片付けたりしていたので仕方がないかなと。

 

吹田や宝塚の渋滞を抜けて、淡路SAへ。

ここで有名なのは、たまねぎカレー。

 淡路産のおおきなたまねぎがボイルされて、カレーにIN。

スープも玉ねぎスープで、サラダの上にも玉ねぎがのっており、たまねぎ尽くし。非常においしいです。

 

ついたの日が落ちてからだったので、明石海峡大橋がライトアップ。

食後に休憩がてら、ぶらぶらと散歩。そのときの写真を証海峡大橋の写真をパチリ。

 

橋の部分のみ拡大。

反省は、スマホ用レンズを買ったのに、もっていかなかったこと。持っていけば試せたのになぁ。。。

 

印象的な観覧車。

 

日付が変わって、高知駅前です。

とさてらすが、リニューアルしたのか中に入ると雰囲気が変わってます。以前行ったことある方も一度行ってみると、その変化を楽しめるかと。

 

とさてらす周辺にあんぱんまんのキャラクターがおかれています。

夏場でなければ、座って写真を撮る人が多そうな気がします。。。

 

ばいきんまん

 

しょくぱんまん

 

あんぱんまん

 

そして、電車もあんぱんまんのラッピングしたものが。

JRのあんぱんまん列車もとっておけば完璧だったのかも。。。

 

あと、高知駅前には、高知の生んだ英傑の像があります。はてなブログに投稿しました

左から、武市半平太坂本龍馬中岡慎太郎

ここに本来なら、ジョン万次郎あたりもいますからね。高知って幕末にとって非常に有名な方が多い土地なんだなと。

 

次回は、高知市内の観光です。桂浜は混んでそうだったので、スルーしてます。。。

ブラタモリ 5 札幌 小樽 日光 熱海 小田原 ~熱海、小田原をじっくり観光しようかな。。。~

ブラタモリの本5巻目。

4巻まで一気に買ってましたが、気づいたら8巻まででてました。ミスった。。。

 

読んでて思ったのは、18きっぷでよく通過する熱海と小田原。

小田原はさすがに小田原城という名城があるので、行くことがあります。でも、城以外ほぼいかないし、ましてや熱海はほぼスルー。熱海って温泉地として有名なイメージしかなく、自分自身が温泉地にいくのってなかなかないですし。

 

その熱海や小田原をじっくりこの本を手にしてまわりたいなと。

 

歴史の知識をもっていて旅行すると、歴史的意義とかを見て感慨深く、より深く楽しめます。それは、そこの土地でどういうことが起こったのか?なぜ起こったのか?というのを知ることができる。

それに、歴史だけでなく、アニメやドラマの聖地巡りも楽しいものですが。。。

ただ、ブラタモリを見ていると、そこに地形の知識をもつことで、そこからなぜその土地に街ができたのか?どう発展していったのか?というのがわかってくる。

もともと町の成り立ちというのを考えると、なぜその土地が選ばれたのか?というのを知ることができれば、その必然性というのもわかってくる。

この目線が加わると、もう少し旅行を楽しめるし、さらには歴史を深く知ることができる。

読みながら、ふとそういうことを思ってました。

 

このブラタモリ、読み物としても楽しいですし、旅行プランとしても使えるのでいい本だなと思います。

だって、観光地ではでてくるところではない場所が出てきますから。そういう意味では興味深いところが多いのがいいです。

旅行計画をたてるのに、ブラタモリ巡りするってのもいいよなぁ。。。

 

本書で面白かったのは、小樽の回ですかね。放映では来たことがないといいつつ、一度来てたという話でしたが、実はその前に来たことがあるというのが。

印象が残ってないと人間覚えてないんですかねぇ。。。

あとは、ブラタモリにでてくる地図は毎度作り直しのようなので、非常に金のかかっている番組なんだなと思わされます。説明したいように地図を作り直すという作業をしていると書いてあって、これは作業者も大変。

そういう番組の裏話が書かれているのもいいよなと思う貴重な本だと思います。

ブラタモリ 5 札幌 小樽 日光 熱海 小田原

ブラタモリ 5 札幌 小樽 日光 熱海 小田原

 

放送大学 2学期からどうするか?悩ましい。

昨年の2学期から選科履修生として、お世話になっている放送大学

現状を考えると、選科履修生を続けるのも手かなと考えていたりしてます。既に大学は卒業しているので、大学卒業という学歴に箔をつける必要はないですし。

学費の面では、全科履修生のほうが効率がいいんですけどね。

ただ、自分の興味が広がっていて、つまみ食いをしていきたいという欲望がうっすらですが、自分でわかってきてます。

 

一つの流れとして、理解をしていくというのも大切なのは十分わかっているんですけどね。

 

現状、興味があるのは次の3つ。

1.心理学

2.経営学

3.歴史

 

3つの理由を書いてみると次の通りです。

1.心理学

仕事をしていく上で大事なのは人とのチームワーク。一人でやれることは限界がある。それが、一人より二人、三人となることで、より大きな仕事ができたりする。

それが、会社に入って仕事を進めていく上での楽しみでもあり、やりがいであったりします。

ただ、もう一方で、人間関係がぼろぼろになると、チームワークもなくなり、個人の戦いになって、チームで働く意義がなくなる。

そういうのを考えていくと、多くの人が気持ちよく働ける環境を作るのは、人の気持ちが大切だよなと思うところがあるというところがあります。

周りを少しでも、前向きなチャレンジをできる環境にしていきたいという想いを実現するためにも。

 

2.経営学

新しいことを企画したり、提案していく上で大事なのは経営的目線があるかないか。

学術的興味があっても、それを全面に押し出すとNGがでてしまいます。それをうまく関係者を説得していくには、そのことが会社にどう影響を与え、それが手に入れば何が言えるのか?など冷静に考え、かつ、説明する必要があります。

そこの思考の仕方で、一歩引いてみて、分析する方法として使えるのでは?と考えています。

ただ、その手法自体も取り扱いかたを間違えると、役に立たないだけではなく、時には諸刃の剣になってしまう。そこを中途半端な知識だけで使いたくないというところです。

それに、株式取引するときの長期取引時の銘柄選定に使えそうですしね。まぁ、それが邪魔することも多々あるでしょうが、それはそれ。経験を積むしかないところですかね…。

 

3.歴史

単純に歴史好きなのですが、非常に好みの範囲が狭いという問題がおります。

ただ、動乱期しか興味がないというのがなんとも…。平時の安定した運営も大事なんですよね…。

それに、海外の方と話すときに、その人の国のバックグラウンドを知ることで、話題をふりやすいとかもありますし。地雷がなにかもわかるだけでもいいかなとも。

それに、歴史は繰り返すと言います。ならば、歴史を学んでどうなっていったのか?というのを知ると言うのが目的。

現状分析をすると大概はどこか歴史に似たような状況があったりします。そこから、そのときどうなったのか?というのを知るのはもちろん、そこに至るまでの道筋を知ることで、最悪の事態は避けられるかもしれない。そういう使い方もあるかなと。

昔の人が、賢いものは歴史に学ぶということを言われてたので、そこに近いのかもしれません。

 

上記の3つを書いてみると、おおよその考え方が見えてきました。やはり、チームワークを上げていくのが、一番大事かなと。

2や3は、1ができているとすごい力を発揮しそうですが、それだけだとどこか限定的。いや、個人のスキルだけになる可能性がある。1とコラボさせることでより強い力が発揮できるのでは?と考えています。

優先すべきは1かな。

となると、あとは全科履修生にするか、選科履修生にするかの二択問題。楽さなら選科履修生のほうがいいかなと興味が移っても対応できるし。

金銭的なとこをかんがえると、全科履修生なんですよね。うーん、悩ましい。

ここはもう少し考えてみることとします。

 

あと、興味のある分野の追記ですが、もともとの専門は、理系分野で、全くの別分野です。大学と会社入ってからは別分野が専門なので、仕事の幅は人より広めになっていますが…。

そこに、新しい目線として、理系分野、特に情報系を増やすというのもエンジニア目線ではありえます。ただ、技術ばかりじゃいけないよなというのが、仕事をしていて見えてきているなかで、専門分野を増やすのは得策ではないかなと考えています。

むしろ、情報系なら自分でプログラミングしたり、ITパスポート、セキュリティマネジメントといった資格を取ったりとしていったほうがいい気がしていますし。

 

ここまで書いてて、やりたいことを整理できたのはメリットがあったかなと。

ただ、全科履修生に編入する場合とかの手続きとかを調べてみて最終判断かな…。