Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

コーチングの技術/菅原 裕子 ~なかなか難しい技術だけど、身に着けていきたいものです~

仕事はチームでするもの。一人でやれることなんて、結構限られている。そう思うと、万能な人はそういらないのかもなと。周りとうまく連携して、各々の特徴を組み合わせると個人でするよりも、もっといい仕事ができるきがするんですよね。

ただ、チームで仕事をしていると、自分の成長とともに後輩の面倒を見ることが増えてきます。そして、後輩をどうやる気を出させるのか?どう成長させていくのか?というポイント。

モチベーションが高く、やる気のあるうちはいいんですよね。がむしゃらに考えたり、行動したりしていきますから。ただ、その中で失敗したり、うまくいっていてもマンネリを感じて、仕事のやる気が下がってきたり、効率が下がってきたときにどう導いていくのか?ということ。

個人的には、自分で仕事を探して、好き勝手に動き始めたら、あとは手綱を握って変な方向に突っ走らないように管理するだけでいいのでもう安心。たまに、手綱を振り切るくらいパワーのある人がいますが、それはそれで難渋します。それはそれで経験を踏ませると思って好き勝手させておくのもいいのかなと。

なのですが、そこまでをどうするのか?というのが一番気にしますし、難しい気がします。

 

そのスタンスとしては、次のことを気にしておいたほうがいいなと思ったのが次のところ。 

相手を「できる存在」と撮れている人は、部下の話を聞き、相手の屋r気を引き出すための魔法の言葉を使い、相手の自発的な行動を持ちます。すると部下は、本来の力を発揮するようになります。逆に相手を「できない存在」と捉える人は、相手に何かを教えるための説教をし、説得をします。そうなると、受け身の部下が自ら気づくことはほとんどしなくなります。

どうしても、人って最初の行動や、学歴のフィルターで見てしまう。そこで勝手に可能性を判断して、「できるやつ」「できないやつ」と判断して、色眼鏡をかけてしまう。「できないやつ」と判断すると、ついつい説教っぽくなってしまう。そこをやめて、可能性のある「できるやつ」と思って、一緒に成長していく。

もしかしたら、自分の指示や指摘がまずいのかもしれない、など、いろんなことを考えていろいろと試していくわけですから。

 

ただ、受け身になってしまった後輩をどう前向きに自発的に動けるようにしていくのか?考え方を変えさせていくのか?はなかなか難しいところもあります。

そういうスタンスになったという経緯になにかしらあったわけで。そこを取り除くか、忘れさせるようなことをしないと、変わっていけないでしょうから。

 

このコーチング技術、非常に参考にしていきたいので、何度か読むことになりそうです。忘れたころに読んで、また新鮮な気持ちになって新しいことを吸収していければと。

 

一歩間違えると、人間関係が崩れるところもあるので、十分気を付けながら活用していきたいものです。 

コーチングの技術 (講談社現代新書)

コーチングの技術 (講談社現代新書)

 

2017年 夏 18きっぷの旅 九州 vol.7 熊本 ~一日も早い復興を願ってやみません。~

島原外港からのフェリーに乗り、熊本へ。

 

2016/4/16の震災以来初めて熊本に到着です。さすがに震災から1年以上もたっているのですが、熊本城の痛々しい姿はいつ復興ができるのだろうと頭によぎってしまったところです。

 

フェリーを降りると、そこからバスで来れます。こういうサービスは非常にありがたい。

 

熊本駅に到着です。お土産をみたりして、ついつい時間が経過。

 

熊本城へ。

最寄りのところまでは路面電車にて移動です。熊本は路面電車だけでなく、バスも充実しているので非常に行動しやすいです。

 

熊本城の加藤清正公の銅像に到着です。

 

テレビ等で見る、熊本城の痛々しい姿。

城壁がこんなにも崩れてしまうというのを見ると、震度7地震はどれだけ力があるのだろうと感じさせられます。

 

立ち入り禁止となっており、中に入ることはできないです。

ここが入れるようになるのはいつのことだろうと思いつつ、隣の施設へ。

 

夕刻となってしまっていたので、周りの風景を少し撮影。

 

熊本といえば、くまもん。こういうところにも。

 

少しネットで調べると、市役所の展望室が開いているようなので、とことこと入っていき、展望室へ。

熊本市コールセンター

 

展望室からみた写真。工事が二つ実施しているのですねぇ。

ただ、よく見ると石垣がゆがんでいるところもあり、少しでもはやくの復旧をしてほしいものです。

 

この抑えこみを見る限り、緊急を要しているのだなと。

 

夜景が見えるといいんでしょうけどねぇ。。。

今見えるのは痛々しい熊本城の姿。

 

万全な状態で一度見たことがありますが、そのときの写真がなくなっているのがもったいないなぁの一言。

また熊本へ行くことにして、熊本城の復興状況を見ていきたいものです。そして、熊本にお金を落としていくことにしよう。

 

そういや、100名城のスタンプ押し忘れてた。。。まだ行く理由が残ってますねぇ。

 

さて、次回は、別府へ夜中の移動です。

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ〈上〉/富野 由悠季 ~ハサウェイが。。。~

ハサウェイ、おまえ。。。

 

それが途中まで読んだ時の感想。

親が立派な職歴を歩んでいるのに、変な方向に進んでいくのか。。。むしろ、思いっきり足引っ張ってるやん。と思いつつも、もう少し別の思考が頭をよぎり、ガンダムとしては、新しい切り口と見えて非常に面白い。

 

これから話に絡んでくるであろうと思われる人が、ある一つの航空機ハイジャック事件でかかわっているのが面白い。

ギギとハサウェイ、ケネスとこの3人の関係がどう進んでいくのか?というのが興味深いところです。

まずは、Ξガンダムがどう活躍していくのか?そして、どういう結末に向かって突き進んでいくのか?これから読み進めていこうかと思います。

 

疑問に思うのが、ユニコーンとの関係性がどうなのか?というところ。

ユニコーンで、サイコフレームのすごさがたたき出されたのだから、それをうまく次期モデルに盛り込んでいくと思うんですが。。。ただ、ユニコーン自体、閃光のハサウェイのあとで作られた作品なので、整合性をとるのが難しいもの。

だから、強引に個人勝手に情報の整合性を合わせて読むようにしていくと、次のパターンで考えたほうがいいのかもと思ってます。

サイコフレームに関する研究をしているものとは別の開発Tが作ったのがΞガンダム。この開発Tは、ミノスフキー粒子に関する研究をメインとしていて、サイコフレームの開発Tとは仲が悪く、情報の伝達が進んでいなかった。サイコフレームの技術は門外不出の技術で、限られた人間しか知らなかった。まるで、新日鐵の電磁鋼板や、コカ・コーラの製法のように。

そう思うと、アナハイム社自体もドロドロの人間関係もあるようなので、この面から誰か解説書いてくれないかな?大喧嘩してそうで。。。

あれだけの新規のガンダムを作るのなら、基本コンセプトから組み立てていくと、4,5年じゃ終わらないと思うんですよね。基礎研究からすると、10年くらいかかってんじゃないかなぁ。

てことは、ユニコーンの研究の端緒も、ZやZZのころからスタートしていたと思うと、すごい息の長い研究だなと。

そう思うと、Zガンダムはすごいなと。カミーユの構想から1年くらい?の短期間にできてしまってる。もしかしたら、宇宙世紀では効率よく研究・開発して、試作品でも世の中に出していく方法があるのかもしれない。そのためにも基礎技術をだいぶ上げているとしか思えてならない。基礎技術にお金を突っ込めるということは、アナハイム社は、すごくでかく、優良企業だな。。。

 

ただ、これから読み進めていくと、Ξガンダムの驚異的な性能がでてくるのかもしれない。ここいらの話は、結末まで読んでから判断していきたいところです。

 

祖父との思い出というと、怒られた記憶を頭によぎります。

今週のお題「私のおじいちゃん、おばあちゃん」

 

お題が微妙に難しい。

もう祖父と祖母が他界して10年以上経過してます。

記憶も怪しいところもありますが。。。

 

ただ、記憶を思い出すと、祖父は怖かった記憶があります。

子供のころ祖父のそばで遊んでいたら、すごく怒られたことが。理由は、祖父が株式のラジオを聞いていたから。株取引の9:00-15:00までは一切祖父の部屋へ近づくことは厳禁でした。

 

自分が小さかった頃は、PCも一般的ではなく、ネットなんてなんだそれ?の時代。その時代の株取引の情報としては、新聞やテレビ、そしてラジオ。そして、売買は、証券会社へ電話して依頼。

ノートに細かい文字で小さな数字をたくさん書いていて、何をしているんだろう?と思ったりしていました。今思うと、株価を書き上げていき、それをもとに株価の動きを把握し、テクニカル的なこともしていたんだろうなとも思っています。

まぁ、自分も今株取引とかするようになって、調べ事とかしているときに、ヨコで騒がれたら、かわいい子や孫であっても、怒っちゃいますね。。。

 

大学生のころになり、実家から離れるようになると、ちょくちょくJALANA株主優待券をもらった記憶があります。それを使って帰って来いよという意味だったんでしょう。

その意図を受け取りつつも、自分は18きっぷやらの安く買える方法に固執していきましたねぇ。最終的には車での帰省というところに行きついてしまいましたが。。。

だって、自由ですから。どこか寄り道するのも手ですし。

そういえば、最近、知り合いと話しているときに、つぎのようなことを言われました。

お前、旅が好きだなぁ。

普通は、旅行先を楽しむために、移動を短くしようとするのに、お前は途中を楽しむためにのんびり行こうとする。旅行先にいくのが目的なのではなく、移動することも目的としているんだな

まぁ、ある意味正しいというか。。。気分で目的地を変えたりもよくしますからね。

 

ちょっと脱線しましたが、祖父は株取引のとき以外は優しかったし、お小遣いもくれたしでいい祖父でした。

 

そういや、祖父の葬式のときに電車で帰ったとき、風景を見ていたら自然と涙がでてきたなぁ。。。

 

楽しく学べる「知財」入門/稲穂 健市 ~知的財産って難しいなぁ。。。~

知的財産というと、何か?という問いについては、以下のところを参照。

知的財産権 - Wikipedia

 

自分でまとめてみようかと思いましたが、頭痛くなるので割愛です。

 

特許の紛争となると、青色発光ダイオードのような話が頭をよぎりますが、それ以外にも著作や商標といったとことでも問題は起こっている。

ちょっと読んでいたら、いろいろと気になるところが多々。ここいらの知的財産についてはある程度勉強しておかないといけないんでしょうねぇ。なかなか難しい内容とはなりますが、知っているか知らないかで気を付けるポイントが変わりますから。

ちょくちょくとこういう類は読んだりして、勉強しておいたほうがいいんでしょうねぇ。さすがに弁理士なんて資格は取れる感じがしないので、そういうことはする気力は一切ありませんが。。。

 

本書の中で面白い事例が2つ書いてありました。

最近発表されたiPhoneX。そのiPhoneの名前というのが、一度トラブルになっていたそうな。相手はアイホン社。

アップル社がだしたiPhoneの商標がアイホン社のものとかぶってしまい、アイホン社と争議になりましたが、次のスキームで回避。

  1. アップル社がiPhoneの商標をアイホン社へ渡す
  2. アイホン社がiPhoneの商標を登録
  3. アイホン社がアップル社へiPhoneの商標の独占的使用を認める
  4. アップル社はアイホン社へ商標使用料を支払う

これをすることで、iPhoneを大々的に販売できるようになったということだそうです。この商標を回避するために、別の名前を使うのも手なのですが、iPhone、iWatchといったようにブランドを作っていくという面を優先したということなんでしょう。

この”i”という一文字に対する、アップル社もといスティーブ・ジョブ氏の想いが伝わってくる感じがします。 

toyokeizai.net

あとはプーマの事例。

KUMAやSHISAといったものが出てたりしますが、そこについての商標の話。

いまだ決着もついていないところもありますが、PUMA社と特許高裁や特許庁のやりとりは面白く、そういうのもあるのか!というところもあり。

ここいらはかなり複雑で書くのが困難なので、こちらのほうを参照願います。

https://www.westlawjapan.com/column/2010/100809/

 

たかが商標、特許かもしれませんが、それによって、企業の経営戦略も変わってしまう。そう思うと非常に重要なものであるのに、ちょっと知らないことが多い。

そういうことをふと知らされる貴重な本です。

楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)

楽しく学べる「知財」入門 (講談社現代新書)

 

2017年 夏 18きっぷの旅 九州 vol.6 島原 ~雲仙普賢岳は雄大だった。。。もう一度いってじっくり回りたい。~

18きっぷの行動履歴 2017年夏編。

 

諫早駅からは、島原鉄道に乗り換えて、島原へ向かいます。

 

島原鉄道はこちらの電車に乗っての移動です。

 

島原鉄道では、日本初の蒸気機関車が走ったところだそうです。

有明海を臨みつつ走るので、蒸気機関車が走るとさぞ絵になっただろうなぁ。

 

目指したところは、こちら島原

100名城の島原城へとよっていきます。

 

島原城にいくと、こちらのキャラクターがお出迎え。うーん、ウィスパー?

 

島原駅の外観。城を意識した景観です。

 

途中、にわか雨に降られながら島原城へ。

島原城 - Wikipedia

この角度から見ると、堀は深いわ、石垣が高いわで難攻不落な感じがすごいです。

 

さらに進んでいくと、こんな感じに。

攻め込めれるのか?とすら。。。

ただ、そんなに石高は高くないのに、こんな不釣り合いな城を建ててよかったのか?という疑問も。

この城の建築で、住民の不満がたまって島原の乱につながったとの見解もあるようなので。。。あと、ここを一度島原の乱のときに、攻め込もうとしてたけど、難攻不落で落ちなかったそうな。そして、原城を復旧していったと。。。

 

復興天守閣を見る限り、福山城と同じくらい立派。

うーん、やはり、立派なのは何に備えるためだったんだろう。

 

天守からみる雲仙普賢岳。大きい。ただ、山頂付近が雲で隠れているのが残念。

 

天守からの風景その2。有明海がいい感じ。

 

やはり、いま振り返ってみても違和感を感じてしまいます。立派な城だとはわかりますが、不相応という違和感しか感じない。彦根城とかが小ぶりなのを考えても。。。

 

さらに、島原鉄道島原外港へ向かいます。

 

そして、目的地となる島原外港に到着。

 

反省点として、島原は非常に見ごたえがありました。

ただ、雲仙普賢岳をじっくり見に行きたかったですし、原城も見に行っておきたかった。そういうのを思うと、電車で移動するよりもむしろ車でぐるっとまわったほうがよかったのかもしれません。

今度行くことがあるならば、じっくり時間をかけてゆっくり天草・島原をゆっくりまわって景色を満喫するとともに、歴史を感じていきたいものです。

 

あと、雲仙普賢岳の噴火で眉山という山が崩壊し、さらにはそのせいで津波が発生とか起こっているという展示が島原城内にあり、この島原という土地は雲仙普賢岳の影響を大きく影響を受けている土地だなと。

そういえば、雲仙普賢岳の噴火から25年。そのことも忘れてましたが、展示を見て、日本という国は火山と向き合いながら生きていく土地なんだなと。

ただ、そういう土地だからこそ、様々な恩恵もあるわけで。

日ごろから防災意識をもって生活をしていきたいものです。

 

さて、次回は熊本へ向かいます。

通勤電車のはなし - 東京・大阪、快適通勤のために /佐藤 信之 ~列車の進化ってすごいなぁ~

普段の通勤生活でお世話になる通勤電車。

どうしても快速電車に乗ると、混んでいるのもたまにつらくなり、鈍行で通勤したりとかもやったりします。

ただ、歴史を見ていくと、ドアの開口を広くしたり、車体サイズをでかくしたり、と車両側でも混雑解消に向けていろいろと対策を練っている。さらには、運航も効率的に乗降できるように様々な施策をうっている。もちろん、駅の複線化といった手立ても実施しながら。

そういうのを見ていると、だいぶ解消されてきたというのもわかってきますし、それに向けての執念のような取り組みというのには、本当に頭が下がります。ただ、一部は残っていますが、利益との兼ね合いもありますし、なかなか難しいものかなと。

この本で初めて知ったんですが、通勤時間はすべて鈍行にしたりすることがあるんですねぇ。知らなかったです。

住んでいる中京圏は、快速があるということはまだ満員電車として余裕があるということなんでしょうねぇ。そう思うと、楽なところに住んでいるのかな?とも。

とはいえ、朝の混雑が嫌いなので、ついつい朝早めに出社することが多いですが。。。

 

この本は、東京・大阪といった電車網が充実したところを中心に描いており、その進化や課題、そしてこれからの進む道について書いてあります。

もっと列車について書かれているのかなと思ったのですが、そこは少なめ。

ただ、面白いのは面白い。

 

ちょっと普段乗っている電車がどうなっているのか?というのをじっくり見てみたいものです。