Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

今すぐ身につけたいサバイバルテクニック: 遭難・災害…キミは生き残ることができるか?/かざま りんぺい,えびな みつる ~参考になります。~

普段の生活では、あえて身を投じないと、サバイバルが必要になることはない。

ただ、くるくるといわれている東南海地震や、富士山の噴火とか、その事前の準備をどれだけやっておくかというのが大事かなと。

ただ、登山道具とかある程度用意しておけば、結構そろいますから。

それを使いこなすのも大事ですけど、登山したりして楽しみながら、学び、そして活用していくというのが大事なのかなと。

特に、ガスコンロとか使えますしね。

 

そんなことを思いつつも、震災が実際におこってみてから騒いだところで何も進まない。

最悪の事態を想定するなら、その状況にどうするか?というのを事前に決めるとともに、準備を少しづつでいいからしておいたほうがいい。

むしろ、水の備蓄とかすぐにできることをしておいたほうがいい。

本書では、水の備蓄量を次のように書いてあります。

最低でも1日3L×家族の人数×7日分。

1日3Lとすると、1人だと21L。2人だと42L。

となると、2Lのペットボトルの6本入りケース(12L)を2つ(1人)、4つ(2人)必要となる。3人だと、6ケースは用意しておく必要があるんですねぇ。5人だと、うーん、9ケースですか。

置く場所も含めて確保しておかないと。。。

 

普段からペットボトルの水を使っているならば、もう少し多めに用意しておいたほうがいいんでしょう。

あとは、雨水とかを有効活用できるように水ガメ的なものを用意しておいたりとか。。。

 

うーん、水の提供はあるんだろうけど、そこがくるまでに場所によってラグはあるだろうし。

そう思うと、事前準備というのは非常に大事だなと。

ロープの結び方とか、いろいろと知っておいたほうがいいところもありますし。

 

そんなことをいろいろと思いながら、本書を読み進めました。

 

以前読んだ、東京防災をもう一度読み直してみてもいいのかもなぁ。。。 

今すぐ身につけたいサバイバルテクニック: 遭難・災害…キミは生き残ることができるか?

今すぐ身につけたいサバイバルテクニック: 遭難・災害…キミは生き残ることができるか?

 

2018年 春の18きっぷの旅 番外編 ~横浜~

2018年 春の18きっぷの旅 ラスト。

 

といっても、ほとんど旅行らしい旅行ではないです。

個人的に、好きなバームクーヘンを購入するためだけの旅です。

 

買いたかったのは、こちらのねんりん屋さん。

www.nenrinya.jp

ねんりん屋さんは、東京出張に行くと余裕があれば基本購入してます。

おいしいんですよね。カリっとしている感じの固めのバームクーヘンってのがいい。

柔らかいのもいいんですけどね。

初めて食べたときの感動が忘れられず、ついつい何度も買って食べてしまいます。

 

楽天やオムニ7とか使えば、購入できるのは知っているんですけど、通販で買うと、すぐ食べれなかったりしますから。

そういう理由で、横浜まで18きっぷでの旅です。

 

本当は余裕があれば、鎌倉あたりにいこうかと考えてましたが、時間的に厳しいかなと考えて、横浜のみ。。。

 

さて、電車を乗り継いで気が付けば横浜。

その間、本はよく読めた気がします。

 

そして、ねんりん屋さんが入っているSOGOへ。

 

購入したのち、急ぎ電車に飛び乗って、帰宅の途に。

せっかくの購入したものを写真撮り忘れです。

 

乗った電車の次の電車が遅延していたので、ぎりぎりセーフです。

 

さて、ここから沼津からはホームライナーで一気に浜松まで。

費用として、320円かかりますが、この快適さは忘れられない。移動が一気に進むので18きっぷで東京に行くときは、かなり活用してます。

 

さて、ここいらで今年の春の18きっぷの振り返りはおしまいです。

 

本当は、泊まりの旅をいれたかったのですが。。。

続100名城もでてきたことですし、なかなかいきづらい東北や九州をどう攻略していくか?じっくり考えていこうかなと思います。

 

うーん、夏はどこにいこうかなぁ。

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一/夢枕 獏 ~面白くて一気読み。続きも読まないとな。~

以前に購入して放置していたのですが、GWに暇だなと手に取ったら最後、1巻終了まで一気に読み終わり。

いやぁ、面白い。

 

ちょっと物事がどう発展していくのか?というのが全然見えてこないし、空海がどう活躍していくのか?というのがまだ見えない。

 

ただ、映画化されていますし、その予告から楊貴妃とのかかわりがあるというのを考えると、どうつながっていくのか?というのも気になります。

楊貴妃 - Wikipedia(719ー756)

空海 - Wikipedia(774-835)

橘逸勢 - Wikipedia(782-842)

楊貴妃と時期が違うから、うーん、どうつながっていくのかな?

あとは、妖怪じみた話がどうつながっていくのか?というのが気になってはいます。

 

日本史や世界史を学ぶとでてくる著名人が多々でてくるところが面白い。

それと、空海の超人ぶりも味わえますし。

それにしても、空海のとんでもない資金力はどこから来るのか?というのが気になります。当時の貨幣でいくと、銅銭のはず。大量のお金をもっていくと目立つでしょうし。

うーん、謎。

 

だいぶ路線から外れましたが、本書で面白いと思うのは、人にものを習うときに、

たずねてゆくよりも、こわれてゆけか

この考えはなかった。

わからないものは、わからない。そう思って、専門書を読み漁ったりしてましたが、なるほどなと。

相手側もこちらに対してほしいと思うようなことがあれば、それをお互いに出し合う形になれば、ということですか。

なるほどなと。

 

それと、空海の次の言葉が耳に痛い。

知識というものは怖いものだな

知識は、人を明るくもするが、逆に盲目にもすることがあるということだ。

 

知識をもって、旅行にいくと楽しいのですが、そればっかりに気をとられていくと、素晴らしい景色とかを見過ごしたり、もっと大事なものを見落としたりすることがあるのだろうなと。

 

なかなか塩梅が難しいですねぇ。

2018年 春の18きっぷの旅 大阪編 その3 ~坐摩神社~

大阪での一之宮巡りの最後。

 

摂津国の一之宮 坐摩神社(いかすりじんじゃ(通称ざまじんじゃ))です。

まず読めなかった。。。

www.ikasuri.or.jp

南海電鉄 住吉大社駅から、難波駅へ移動したのち、難波駅からは地下鉄御堂筋線に乗り換え、本町駅へ。

そこから歩いて徒歩3分。

 

南海電鉄近鉄のホームは、珍しい構造だから面白いかな。

 

さて、地下鉄に乗り継いだ後、到着したのが坐摩神社

 

しっかりとした作りなのですが、こういう神社が大阪の街中にあるのがびっくりです。

 

手水場。

 

手水場の拡大です。

手を伸ばすと、水がでてくるのにびっくりです。

 

本堂がこちら。

 

お参りしたのちに、御朱印をいただき、退散です。

 

坐摩神社をあとにして、地下鉄にのって大阪駅へ。その後、帰宅の途に。

 

さて、大阪編も終わりです。

18きっぷネタはあと1回で終わりかな。。。

IFRS 国際会計基準で企業経営はこう変わる/PwC Japan IFRSプロジェクト室 ~変わりすぎていまいち理解がすすまない。。。~

IFRS 国際会計基準

国際財務報告基準 - Wikipedia

(日本の会計基準との違いは、上記のURL参照。結構変化点が多いです。)

 

株式投資をしていると、今年度よりIFRS準拠にてとかという文言をちょくちょく見かけます。

あんまり気にしてはいなかったのですが、なぜこの文言がでてくるのだろう?と思うことが出てきたので、本書に手を伸ばしてみました。

IFRSがらみの本が多くあるのに、なぜこの本か?といわれると、BookOFFで安く入手できたからというところ。

 

同一の会計基準で、海外の関連企業との会計をすることができれば、その差異が明確になるし、同一のものさしで見ることができる。

この基準を適用していくことで、グローバルでの経営がしやすくなり、早期の判断ができるようになっていく。

そう考えると、M&Aにおいても、判断がはやくなっていくのでしょう。

そうなると、M&Aで連結していくとなると、同じ会計基準を持っている相手に対しては、判断が早くなる一方で、各国の基準に準拠していると、その判断が遅れていき、決まるものも決まらなくなってしまう。

 

上記のように考えていくと、これからどんどんIFRSへの適用が進んでいくことになっていくのかなと。

同一会計基準ですることで、より効率的な経営判断がされるようになっていくんでしょう。

ただ、IFRSの思想を十分に理解しておかないと、表面的な適用となり、わずらわしいだけとなってしまう。

 

IFRS:原則主義といわれており、概念的な理解をしていく必要がある。それに対して、ルール主義のところだと、悪い点があると、パッチをあてるかのようにルール改変があり、徐々に複雑化していく。複雑になれば、処理するのに時間がかかったりするわけですから。。。

 

そして、同じ会計基準で、いろんな会社がするようになれば、投資家でも、各社の比較が容易になり、どこに投資をするか?という判断がしやすくなる。

IFRSへの対応というのは、どんどん進んでいくのかな?とも思えてきます。特に、グローバルで戦っている企業にとってはすぐにといったところでしょう。

 

すでにIFRS対応しているところも多々あります。

https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kigyou/siryou/kaikei/20170214/01.pdf

金融庁のURLでみても、右肩上がりに135社(上場131社、非上場4社 2017年)がIFRSへの適用をしていますから、これからも増えていくのでしょう。

IFRS 国際会計基準で企業経営はこう変わる

IFRS 国際会計基準で企業経営はこう変わる

 

2018年 春の18きっぷの旅 大阪編 その2 ~住吉大社~

大鳥大社のあと、鳳駅から電車にのり、住吉大社へ。

JRだと直接はいけないので、長居駅から2㎞程度歩いていくことにしました。

 

道中、歩きのときに使っているヘッドフォンが壊れるわ、道がよくわからんし、スマホが熱を持ちすぎて写真が撮れないわと散々。

 

まぁ、スマホは充電しながら、写真撮影をしていたからというのが原因ですから、自業自得といわれたらその通り。。。

 

さて、まずは、長居駅へ。

 

そこからてくてくと歩いて住吉大社へ。

道中、南海高野線の踏切をこえていきます。

 

さて、ようやく住吉大社に到着。

大海神社からはいったので、そこからの写真になります。

 

まずは、手水場。

 

その拡大。井戸がついているのが珍しいかな。。。

 

大海神社の本殿。

参拝したのち、次へ。

 

境内の中を動いているときに、みかけたもの。

神宮寺があったんですねえ。

 

さて、住吉大社の本殿。

人が結構並んでいます。

 

参拝したのち、楠君社へ。

 

こちらがその手水場。

 

龍とか結構かっこいい。

 

さて、社の写真を撮影しつつ、御朱印所へ。

 

御朱印所についたのち、しばらく待ちだったので、周囲をうろちょろと。

 

ここにも手水場。

 

網つきです。

 

そして、桜。

 

御朱印をいただいたのち、住吉反橋へ。

 

川端康成の碑。

 

最後に大鳥居。

 

順番が違う気もしますが、住吉大社の碑となります。

 

こういうのを見ると、結構うろちょろと動いてますねぇ。

 

さて、次で、大阪編はラストになります。

歴史の読み解き方 江戸期日本の危機管理に学ぶ/磯田道史 ~なかなか考えさせられる内容です。~

歴史は繰り返す。

よく言われる言葉です。ただ、この言葉を腹に落として実践していくのであれば、歴史を学んでいく必要がある。

特に、歴史というものは、多くの人々の成功や失敗から成り立っていっている。そこを考えると、そこから学ぶことが非常に多い。

全員成功なんてありえないですからねぇ。成功している人もいれば、失敗している人もいる。

私が、司馬遼太郎さんの書かれたものでいいなと思うのは、昭和の歴史の失敗から学べ、と勇気をもって書いておられることです。

 なるほどなと。

自分の認識では司馬遼太郎さんは、昭和の歴史はひどい時代だったというもの。だからこそ、その時代を知り、なぜ戦争に突入し、負けていったのかを知ることで、自分たちがどのようになっていくのか?というのを考えていく必要があると。

 

たとえば、大企業に挑む中小企業の立場であった場合、正攻法で一対一の戦いを望めば、日本軍と同じ戦いになるのが想定される。

しかも、最初は奇襲作戦で成功しても、徐々に押し返されて行くというのが歴史でありますから。そして、拡大戦略もどこか破綻をしてしまうというのもわかる。

自分の能力を大きく超えたところで失敗するとあとが。。。

それならば、その状況にならないように、アライアンスを組むとか、懐に潜り込むとかいろいろと作戦を立てていくことができる。

 

そういうのを考えてみていくと、自分の置かれている状況だけでなく、投資の際もどう考えていくか?歴史に置き換えつつ進めていくというのがいいんでしょう。

 

この歴史をもとに考えるのに加えて、大事だといわれるのが、最悪の状況は何か?ということを想定し、その対策の手立てを打っておくこと。

日本人の乗った「日本丸」はレーダーが弱い。起きるとわかっていても、最悪の事態について考えることをやめてしまう。日本人は、起きて困ることを直視せず、とりあえず目先のことをやる、几帳面で、真面目で、一面困った人たちである。

ひどいことが想定されると、ついつい目を背けてしまいがちです。

こういうことは起こらないとか、発生しても、可能性は著しく低いといった理由で。

 

そう思うと、むしろ、3.11や熊本震災で起こったことをもとに、いろいろと手立てを考えていったほうがいいのかもしれない。

いや、今であれば、脱炭素社会へ進もうとしている中で、その動向がどう影響を与えるか?というのを真剣に考えていってもいいのかも。

なかなか含蓄の深い内容だなと。。。

歴史の読み解き方 江戸期日本の危機管理に学ぶ (朝日新書)

歴史の読み解き方 江戸期日本の危機管理に学ぶ (朝日新書)