Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

働く女子の運命/濱口 桂一郎 ~働き方を変えるのって難しい。。。~

読んでの感想は、タイトルの内容よりも、労働行政に対する変遷・課題についての内容。切り口は女性の働き方にあります。

 

本書で面白いなと思うのが次のこと。

  • ワークライフバランスには第一次と第二次の2種類。
  • 第一次:労働時間規制。日本は存在感がないくらい空洞化。
  • 第二次:労働時間の柔軟性。日本はこちらが充実。

この2つのバランスが崩れてしまい、次のことが起こっている。

総合職女性が「育休世代のジレンマ」に悩み、その周囲の人々が「悶える職場」が、こうして生み出され続ける。

この第一次ワークライフバランスを空洞化させてしまった要因が、残業代を生活費の一部として考え方。

 

昨今言われる働き方改革。その中でも重要となるのが、「同一労働同一賃金」。もともとヨーロッパでのジョブ的な考え方からスタートしたもの。

本書によると、戦争で男性の働き手が少なくなり、女性の社会進出が進み、男性優位性が減っていく中で、ヨーロッパの男性がこれ以上の女性の社会進出を防ぐために、取り入れた仕組み。

日本はどちらかというと、年功序列の考え方がベース。

この違う考え方を組み合わせるとどうなるか?うまくいくか、もしくはうまくいかなくなるかのどちらか。現状考えると、ちぐはぐな感じを受けるから、うまくいっていないということでしょう。

 

この話って、非常に難しいですね。。。

現状の仕組みをどう変えていけばいいのか?そこの答えはそう簡単には見つからない。ただ、企業は利益をあげていき、企業を存続させていかないといけない。一方で、労働者は、収入を上げて生活を楽にしていきたい。

この対立がある中で、どうやっていくか?非常に難しいと思う。

もともと、日本は人の流動が少ない社会。同一の企業に入ってその中でいろいろなことを経験・成長し、成果をあげていく。その仕組みを壊してでも、人が流動するようにしていくのだろうか?

人が動いたとしても、動いた人々は次の場所で、成果をどうだしていくのか?そのいい前例を用意するとともに、それ以上に受け入れ側も失敗を繰り返さないような仕組みづくりが求められる。

そういうのを考えると、本当に仕組みを社会全体で変えていくというのは難しい。政官民、この3つがうまく連動しないと難しいじゃないかな。。。

 

なんか書いてて、とりとめもないことを書き続けてみましたが、なかなか答えのない感じとなりました。

難しい議論であるし、ここで一つの答えが出るわけでもない。ただ、こういうことをきちんと考えてみたりすることが、政治に対する興味につながるのかもしれないです。 

*1" src="https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51H3lH2BfaL._SL160_.jpg" alt="働く女子の運命 *2" />

働く女子の運命 *3

 

*1:文春新書

*2:文春新書

*3:文春新書

今週のお題「行ってみたい場所」

今週のお題「行ってみたい場所」

 

いろいろとうろちょろしていますが、行ってみたい場所を列記してみようかと。

まずは一の宮巡りの離島関連。

離島に行くのに、時間のことを考えたりすると、かなりおっくうに。

まだ始めたばかりで、なかなか御朱印をいただけていないところもあるので、ゆっくりと進めていこうかと思ってます。ただ、ボリュームが多い。

ここ以外にもなかなか御朱印をいただけないところがあったりと結構大変なようで。

 

 

次に100名城関連でなかなか行くのにおっくうになりそうになるところ

純粋に住んでいるところから遠いのと、電車等でいくのが大変なところを書いてます。

特に、根室半島のは。。。そこだけいくのももったいないし、と考えるとなかなか厳しいなぁというのが感想。知床半島世界遺産を見に行くと思えばいいのかもですが。

個人的には、稚内もあわせていきたいけど、距離調べたらとんでもない。。。ここいらは何度かにわけていくのがいいのですかねぇ。

 

見にいきたい日本の絶景

matome.naver.jp

基本、夕日の絶景は見に行きたい。いろいろと見に行くところが楽しいですが、夕日は遠くになると日帰りが大変なことに。。。

小笠原諸島石垣島ではグリーンフラッシュが見える可能性があるようで、それが一番みたい。

matome.naver.jp

天候や気象条件にだいぶ左右され、なかなか見れるものではないのですが、一度は見てみたいですねぇ。

近所でグリーンフラッシュが見えるところを探してみるかなぁ。遠いところだとなかなか見に行くチャンスが限られますから。

 

世界に目を向けると、世界遺産関連には行きたいですね。

 

こういうのを書き出していくと、結構行きたいところがまだまだあるなぁというのが素直な感想です。

さて、年末の旅行計画をたてないとなぁ。

武器としての書く技術/イケダ ハヤト ~いろいろと工夫があるんですねぇ。~

文章を書くことは意外と多い。

ただ、文章も時と場合によって使い分ける必要がある。

仕事で使う資料なら、相手を考えて端的なものにすることが多いし、論文とか書く場合は、論理的な文章を書くように心がけたりします。ブログのときは、どうなんだろ?結構いい加減に思いつくがままに書いてある気がします。

 

本を読んで思ったのは、ブログを収益化していきたい方が読むのにはいいのでは。他人のノウハウなので、自分に合わないところがあるかもしれませんが、成果を出している人のまねをしていくのは、成功への近道ですから。

ただ、出版されてから4年たっているので、現状とあわないこともあるかもしれないので、そこいらは適宜ブログを解析して、改善していくというサイクルを回すのが重要なのかと。

ブログを日記としてつけてたり、収益化なんて考えていない人にはあまり参考にならないのかも。

 

参考になるところも結構あります。

ついつい興味関心のある大きな範囲を書きたくなることがありますが、そこをぐっと我慢して、ニッチなところを見つけて徹底的に進める。

ニッチなテーマは一般的に情報が希少だからです。

~中略~

情報が希少であれば、それだけ検索エンジン等からのアクセスが稼ぎやすくなるので、読者も獲得しやすくなります。

情報が多い中で勝負するのではなく、限られた領域で勝負する。ニッチだから人がいないと思うのではなく、逆にニッチだからこそ、トップ集団に入れる。そこでしっかり足場をつくるのか、さらにステップアップのための足掛かりにしていくなりしていけばいい。

そういうのを思いながら、読んでいました。

実際仕事でやってて考えることと似ているなぁというのが素直な感想。

 

ただ、ブログに対しても仕事のスタンスを貫くのって結構疲れるんですよね。。。

 

ちょくちょく自分のブログスタイルを見直すときに読み直すかも。

武器としての書く技術 (中経出版)

武器としての書く技術 (中経出版)

 

お不動さん巡りと一の宮巡り 8月分 その4 ~大徳院と長福寺、そして桃太郎神社~

前回のお不動さん巡りの続きです。

今回ので8月分は終了です。

 

前々から気になっていた桃太郎神社へ。ちょっと寄り道です。

桃太郎のお供や鬼がお出迎え。

 

桃太郎神社ののぼりをもつサルがかなりいい感じでいらっしゃいます。

 

入口付近には桃太郎の誕生の姿が。

 

お社の前にはこちらのようなお姿が。

 

桃太郎神社のお社です。

正直、行ってみて衝撃でした。

驚きという言葉では言い表せないくらい。興味がある方はぜひ。なお、ここでも御朱印はいただけます。

 

さて、話を戻しまして、お不動さん巡りの再開です。

岐阜方面に飛び出て、多治見の長福寺へ。

ここは35番札所。

 

近所に電車が走っていますが、そんな感じもしないくらいひっそり。

でも、街中なんですよね。。。不思議。

お勤めしたのち、御朱印をいただいて移動です。

ただ、多治見市内が結構混んでいたので、行かれる方は時間的余裕を見られていかれたほうがいいかと思います。

 

最後は、34番大徳寺

こちらで最後のお勤めを行い、8月分は無事完了です。

 

お勤めおよび御朱印をいただいて戻るときに、玉虫を確認。珍しいなと。普段の生活ではなかなか見かけることもないですから。

 

さらには、帰りの道中に彩雲を発見。

珍しいなと。こういうのってなかなか見れない、見ても写真を撮る余裕がなかったりなので、非常に運がよかった。

 

以上で、8月分は無事に終了です。

9月以降も続けていき、なんとか来年の1月末までには完了したいかな。でも、なかなかハードルは高そうですが。。。

HARD THINGS/ベン・ホロウィッツ ~もっと早くよむべきだった。。。~

もっと早く読んでおけばよかった。

電子書籍で購入してから半年くらい放置。ようやく読み終わり。最初の3章をなんとか乗り越えると一気に面白いというかなんというか。

話に入りこめたら、ぐぐぐっと一気に引き込まれて行ってしまいました。

4章以降は何度か読み直してもいいんでは?と。

 

ベンチャー企業で戦うというのはこういうことか!というのをまざまざと教えられます。山あり谷あり。新しい製品アイデアがあって、それをいち早く具現化したとしても、すぐ競争にさらされていってしまう。そういう意味できびしいなと。

個人的には、この本の内容を映画化してもいいんじゃないかなとも思えた。決して、順風満帆な、もといサクセスストーリーにはならないかもだけれども、この悪戦苦闘していく姿にはどこか非常に共感がもてることが多々。だからこそ、参考になる点も多いし、学ぶことも多い。そんな感じがします。

 

参考になるのが次の3つ。

  • ビジョンをいきいきと描写する。
  • 正しい野心を持つ。
  • 「平時」のCEOと「戦時」のCEOとは違う

2つ目のほうは、大事だなと。自分自身のために働くのではなく、周りのために働く。その意識が大事ということ。

自分のために働いてしまうと、都合が悪くなると逃げてしまったり、そういうところに踏み込まなくなってしまう。そのくせ、自己評価が高い場合、どうなることやら。

自分のためにではなく、思想の根底になにがあるのか?そこを一度じっくり見極めないと。。。

 

最後のは、平時と戦時がことなるリーダーシップが求められるということ。平時は優位性をたもっていけるようにじっくり腰を据えてできるのに対して、戦時は存亡の危機のとき。そのときにはがむしゃらにできる手立てを多々打っていく必要がある。とにかくバイタリティーが必要。

 

この本に関しては、機を見てもう一度じっくり読み直してみようかと思う。 

HARD THINGS

HARD THINGS

 

連続投稿2年目経過 いけるところまでいこうかなと。

2015年10月11日に連続投稿を初めて、はや2年。

昨年1年間続けられて一安心的なことを思ってましたが、もう1年ですか。

matypoyo.hatenablog.com

結構危ないときが多いんですけどね。なんか切れるとおそらくやらなくなるというのがわかっているので、気持ちがきれないように気を付けながら継続中です。

 

このブログ自体、読書の感想を書くのがもともとの考えです。自分自身の読んだ本の履歴・旅行の履歴を残しているのがメインなので、深いこともないし、淡々とした日々の履歴を残しているような感じですかねぇ。

 

2年間続けて、投稿が危なくなるときは次の3パターン。

  • 投稿のストックがなくなり、ブログを書くのがぎりぎりの時間に。
  • 本の感想ネタ・旅行ネタのストックが少ない
  • 仕事やテスト勉強に追われる

これら3つが重なると確実に穴が開きます。なので、あけないように気を付けてはいるんですけどねぇ。極力ストックを作るようにしているのですが、FFとかDQとかのゲームがでてるとそちらに気をとられて、ついつい。。。

 

まぁ、時間を奪うものが多いこと多いこと。

危ないときは朝早く起きてから投稿の準備とかもたまにあります。

 

自分は、いきなり書き始めて、思ったまま投稿としているので、文脈もなく支離滅裂なことが多々。ただ、1週間に1回の投稿とかだと文章を練るというか、構成を練ることができる分、時間を際限なくかけていきそうで。

とはいえ、複数分の投稿ストックを用意しているので、そこいらはブログを書いている時間は似たようなものなのかもしれませんが。。。

まとめて本の感想投稿もいいけど、その分濃度や文章が長くなるだけなのかもしれないかなとも思えてます。結局は、現状の継続が一番いいのかもと思ってます。連続投稿前は、本の冊数も少なかったので1週間に1回くらいの投稿をしてましたが、本を読みだしたら一気に感想投稿待ちが増えてしまいましたし。。。この連続投稿、いつかは途切れる記録でしょうけど、可能な限り続けていきたいものと思っています。来年の今頃、3年間続けられたとかければ一番の理想ですかね。その間に1000日連続という大きな節目があるので、そこには続けていきたいものです。1000日というたいそれたことの前に、1日1日を続けていく。そのことが大切なのかも。

お不動さん巡りと一の宮巡り 8月分 その3 ~成田山と寂光院~

お不動さん巡り 8月分 その3です。

 

前回の一宮から移動して、犬山に移動です。

 

今回の投稿の最初は、1番札所 成田山大聖寺

東海不動明王の納経帳を買うならここがいいかと。

 

成田山は、犬山城の近所の山にあるので、見ると犬山城を一望できます。

 

写真だと見えてないですが、行った時期はちょうど犬山城のしゃちほこが雷で焼失したニュースがあった後なので、遠目で探してみましたがよくわからず。。。

やっぱ近所で見るか、望遠鏡あたりないとわからないですかね。。。

落雷が原因?国宝の愛知・犬山城、しゃちほこ破損 天守への観光客入場規制 - 産経WEST

 

成田山大聖寺。立派。

有名なのに、このときまで行ったことがなかった。犬山城には何度か行っているのに。

 

境内から見える風景。これだけでも絶景ですよね。

遠く名古屋市まで見渡せます。

 

成田山から移動して、次は寂光院へ。

寂光院は駐車場から歩いていきます。

 

歩いていくと書きましたが、途中からは電動のものの力を借りて移動。さすがに階段がきついので。。。

 

登っていくことで、到着。

ここは観音様なので、お参りした後、お不動さんの場所へ移動です。

 

緑が映えてて気持ちいいです。ここは紅葉の名所なので、秋口は混みます。

 

こちらがお不動さんの場所。ここでお勤めです。

 

道中の階段には、七福神の方々が。。。

 

降りてみると、この石碑も。

 

そして、のぼりも。

 

よく見ると、東海自然歩道の一部に入っていたんですねぇ。まったく知らなかった。

 

御朱印は、入口近所のところでいただけます。

 

あと2回ぐらいで8月分は終わりかなぁ。