Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ち ~まずは一歩踏み出すことからですかね~

資産をどう増やしていくか?普通に貯金をすればいいんじゃないかな?と思ってたりしてますし、さっさとローンを返したほうがいいんじゃないかな?と思ったりも。

でも、ある程度早いうちから投資に慣れておいた方が、定年後に初めてバタバタしてしまって資産を失うよりははるかにいいかなと思ってます。

まぁ、早いうちに資産ができれば、ある程度計画を立てやすくなりますし、人生をコントロール下に置きやすくなりますから。

 

<お金に持ちになる法則I>自分のために働き、自分のお金をつくる

<お金に持ちになる法則II>自分のお金を働かせて、お金を生ませる

 

お金の流れは主に次の4つ。

お金の流れには、①給料の川、②衣の川、③食の川、④住の川という4つの川があります。

 

ダムをいかに大きくするかが大事になる。

「給料の川」から入ってきたお金は、あなたの「ダム」に入っていきます。「ダム」に入っている水の量があなたの<金融>資産の量だと思ってください。

 

つまり、給料の川から、ダムに入って一度資産としてプールされるけども、そのあとダムから衣食住の川で資産が流れていく。INの川を太く、OUTの川を補足すれば、ダムに残るものが増えていく。

ただ、INの川ってなかなか太くするのは難しい。そうなると大事になるのが、川を複数に分けていくというところ。

お金もちは、4つの川に加えて2つの川を持っている。1つは、不労所得の川、もう1つは資産の川。

資産の川はOUTの川になるけども、不労所得の川に繋がっていく。資産の川が太くなって、配当所得や不動産収入につながると不労所得の川に繋がっていく。

 

この不労所得をいかに作っていくかでしょうねぇ。株主優待とかをもらえるようにすれば、衣食住のどれかを減らせるようになりますからねぇ。そういう目線で考えてもいいのかもしれない。

 

そう思って読んでいくと、投資というのに手を出さないと限界は見えてきます。ただ、今の情勢が不安定な感じがするので、かなり怖い感じはしているのは事実です。

とはいえ、動き出さないことにはなかなか状況は変わらないので、動き出してみることが大事なんでしょうねぇ。損失を出しても問題のないレベルから少しづつなんでしょうけど、なかなか難しいところかと思ってます。

佐屋街道を歩く その8 新幹線の高架付近~長良橋東

佐屋街道を歩くの8回目。

 

さて、前回の新幹線の高架下からてくてくと歩いていきます。

ちょっと周りの雰囲気が変わって、ちょっと懐かしい感じの雰囲気になっていった気がします。とはいえ、田んぼとかは一切ありませんが。。。さすが街中。

f:id:matypoyo:20211010214737j:plain

 

まだまだてくてくと進みます。

f:id:matypoyo:20211010214746j:plain

 

ちょっと店舗が減ってきたからかな?

f:id:matypoyo:20211010214755j:plain

 

道中にこういうものを発見。佐屋街道って昔は栄えてたんですね。国道一号線ができてからは、そちらがメインになったようで。その後は街の主要道路になったとのことです。

f:id:matypoyo:20211010214804j:plain

 

こう読むと、歴史を感じさせられます。

f:id:matypoyo:20211010214838j:plain

 

そして、佐屋街道の碑。

f:id:matypoyo:20211010214848j:plain

 

さらに進むと、ちょっと開けた感じになりました。

f:id:matypoyo:20211010214857j:plain

 

明治天皇もこられたところのようです。

f:id:matypoyo:20211010214907j:plain

 

そして、中川運河の橋に到着。バスには抜かれてしまいました。あれ乗ったら楽だろうなぁと思いつつも、乗ったらそもそも歩いたことにならんと思って、諦めました。

f:id:matypoyo:20211010214925j:plain

 

さて、次回に続きます。

連続投稿200日達成 今回もなんとか継続中

気づけば200日連続。

 

まぁ、かつかつ状態なのは相変わらずですが。。。

そんなこと前回も書いてあった気がします。

matypoyo.hatenablog.com

まぁ、気長に続けていくつもりですが、過度に連続投稿にこだわろうとは思ってません。心のどこかでは連続投稿を続けたいなという気持ちがあるのは事実ですけどね。とはいえ、過度にそれを意識すると徐々にそれが心の重荷になりますから。

て、いま思ったんですが、こういうことを書いている時点でこだわってますね。。。

 

まぁ、適度に継続していくというのが大事なことだと思ってます。それがなかなかできないから苦労しているんですが。。。

 

内容的にはなかなか変わらないんですよね。前回と書いてあることが。。。

 

うーん、最近の悩みは、お休み中にやってたことをどうするか?ということ。写真とかは残っているんですよね。このまま放置しておくのももったいない気もしています。

続100名城もいってたりしますから。あと、東海道もとい1号線を沿っててくてくと歩いたのもある。そこいらをどのタイミングで投稿していくか?というのが最近の悩みどころです。

以前に巻き戻って投稿していくのがいいのか?それとも、これからの投稿でかいていったほうがいいのか?悩ましいところかなと思ってます。

過去に書いたほうが自信の行動の振返りというのもできるので、興味はあるんですけどね。

どうしようかなぁ。

お風呂はシャワーがほとんどです。

今週のお題「お風呂での過ごし方」

 

お風呂ねぇ。

お風呂最近使ってないですね。シャワーで体の汗を流しておしまいです。

体を芯から温めようと思うなら、湯舟にお湯をためてといきたいのですけどね。どうも長湯ができないたちなので、仕方がないところと思ってます。

 

とはいえ、1カ月か2か月に1回は湯舟にお湯をためます。排水管の汚れを取り除くためというのもありますので。そのときは、せっかくなので入浴剤を使うことが多いですね。

最近入浴剤のばら売りとかをしていることが多いので、そのときにえいっと購入しておいて使ってます。

自分のペースで使うとさすがに使いきれないですから。そういう意味でもね。

 

最近だと旅行にいけないから、気分だけでも旅行気分ということで、湯めぐり系のものを使うことが多い気がします。

あー、緊急事態宣言が明けたけど、なかなか旅行にいこうという気分にならないんですよね。また、くるかもという不安が先に立ちますし。

うーん、次の第6波がこなかったら、安心して動き出せるのかなぁ。それでも、まずは車で県をまたぐのが最初なのかもしれないなと思ってます。

 

 

佐屋街道を歩く その7 尾頭橋~新幹線の高架付近

佐屋街道を歩くの7回目。

金山駅からてくてくと進んでいきます。

 

尾頭橋の交差点からさらに西へと進んでいきます。

f:id:matypoyo:20211010193746j:plain

 

ここいらはあんまり来ないですが、街中ですね。下町感満載。

f:id:matypoyo:20211010193757j:plain

 

てくてくと進みます。

f:id:matypoyo:20211010193808j:plain

 

新幹線の高架らしいものが見えてきました。

f:id:matypoyo:20211010193817j:plain

 

新幹線が通過。やっぱ早いです。気が付いたらあっという間に後方のところに。

f:id:matypoyo:20211010194103j:plain

 

そして、高架を通過。

f:id:matypoyo:20211010194112j:plain

 

高架を通過して、少し歩くと。。。

f:id:matypoyo:20211010194124j:plain

 

こういうものを発見。

佐屋街道の一里塚がここにあったんですね。こういうのって残ってるのかなぁ。。。

f:id:matypoyo:20211010194138j:plain

 

ということで、次回に続きます。

ビジネスモデル2.0図鑑 ~ビジネスモデルを図示化は面白い~

100社ものビジネスモデルを説明するのに、ぱっと見でわかりやすく、利用者・事業名・関連会社・関係者・商品や部材を軸に図示化していて、わかりやすいです。

 

一見メーカーの説明でふーんと思ってしまっていることが多々あるのですが、それが図示化されているとより深く理解が進む感じがします。やはり言葉だけではなかなか難しいですね。

 

そういう意味では、本書のような形でまとめていくのは面白いなと思います。この図示化のためには、企業の資料を読み解かないといけないので、じっくり読むだろうし。。。何個かこういうのをすると、必然と頭の中でこういう構造かな?とか頭の中に浮かんでくるんだろうなと思ってしまいます。

 

自社の既存事業を図解する

自社の新規事業を図解する

個人の勉強のために図解する

 

ツールも無料配布されているので、使ってみてもいいのかもしれませんね。

特に投資とかのときの対象企業がどういう強みがあるのか?というのを調べてみるのにいいのかもしれません。対象の企業と、その競合となる企業の違いは何か?というのを調べるという意味でも。

note.com

たぶん、こういうのって、数を多くこなしていくことで、その蓄積が大きな差を生んでいくんだろうなと思ってます。こつこつと少しづつだけれども、情報を蓄積するとともに、事業変化を捉えていくというのも大事なんですよね。

昨今の変化は激しいですから、その変化に耐えれるかどうか?メリットはあるのか?というのを考えていくという点では面白い気がします。

最初は真似から入って、自分なりに改良を加えたいところがあれば、徐々にオリジナリティを出していくというのもいいのかなと思ってます。

 

まぁ、最大の問題は、自分の興味や時間確保がどこまでできるか?ですけどね。。。

佐屋街道を歩く その6 金山駅~尾頭橋

佐屋街道を歩く 6回目。

2日目に実施です。

天気がいいときにてくてくと。

 

金山駅からスタートです。

f:id:matypoyo:20211003212840j:plain

 

金山駅からてくてくと西へ向かいます。

f:id:matypoyo:20211003212848j:plain

 

交差点でまちつつ、移動。

f:id:matypoyo:20211003212857j:plain

 

そして、こういうものを発見

佐屋街道道標。

f:id:matypoyo:20211003212906j:plain

 

こういうのを書いてあるんですね。てかあるの知らんかった。

f:id:matypoyo:20211003212929j:plain

 

これが道標。

f:id:matypoyo:20211003212937j:plain

 

西

右 宮街道

左 なごや道

これって、今いる方向を書いてあるんですね。

西側から見てるから、西と書いてあるわけで。。。

なるほどねぇ。

f:id:matypoyo:20211003212947j:plain

 

さて、自分は西側へ向かいます。

f:id:matypoyo:20211003212957j:plain

 

そして、尾頭橋に到着。

f:id:matypoyo:20211003213103j:plain

 

ここらあたり、JRAがあるのウィングスがあるので、人が多かったです。

意外と人移動してんだなぁって思いました。

 

さて、次回に続きます。