読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

賢者の書/喜多川 泰 ~時間をおいて何度も読み直したくなる本~

喜多川さんの本はちょくちょく読んでます。

他の「君と会えたから・・・」とか、「手紙屋」とか。この2つは読んで、なるほどなと思うところも有りましたし、もう少し早く出会いたかったと思わせてくれる貴重な本です。

 

この本も読んでの感想は、時間をおいてもう一度、いや何度も読み直そうと思わせてくれる貴重な本です。

とくに、仕事とかで途方に暮れているときこそ、読むべきものではないのかと。

本書の中には、様々なエッセンスがつまっているので、人それぞれ感じるところが違ってくるかもしれません。時期によっても感じることが変わってくるんだろうなと。

今の自分が感じたのは、次の3つ。最近、心がけていることをそのまま文章で書かれていて、背中をそっと押していただいた感じがします。

行動の結果として我々が手に入れるものは、成功でもなければ、失敗でもない。~中略~行動をおこすときに何かを期待したり、失敗することを恐れたりすることには、何の意味もない。

 

何になるかを目標にしても成功を収めることはできない。

まず真剣に考えなければならないのは、どんな人間になりたいのかである。

 

人間は何度だって生まれ変わることができる。

~中略~

何がきっかけになるかはわからない。しかし、自分が今日を新しい自分の誕生日とするたびに、それまでの自分とは違う新しい人生を始めることができる。

昨日までのその人を知る者は、その変化をあざ笑うかもしれない。

人間はなかなか変われないのかもしれない。でも、変わろうとしないと変われない。なら、行動を起こして、変化を起こそうとしたほうがいい。それで他人に笑われることになっても、いつかはきっと変われると信じて進めていくしかない。

 

今が苦しくても、そのことはいつか笑って、「あのときがあったから。。。」と思えるときがくる。大きな絵を描くのであれば、それはいろんなピースでできている。ピース一つ一つはいろんな条件で手に入る。そのピースが手に入っても、だいじなものなのかどうかは、気づくかどうかはわからない。ただ、ピースを手に入れたときに大切にして、いつかカチッとはまるタイミングを見つけないと。。。

そう思うと、今を必死にもがくということが大切なんだろうなと。どん欲に前に向いてもがく。今はその時期なのかもしれないかなと。

 

ちょっと勇気をもらえた気がします。また、ほかの作品を読んでみようかな。少し時間を空けた方がいいのかもしれませんが。。。

賢者の書(新装版)

賢者の書(新装版)