読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

侠飯2 ホット&スパイシー編/福澤徹三 ~柳刃の作る料理って、おいしそう。。。作りたくなる。~

侠飯が面白かったので、続きの2巻も。

柳刃・火野の素性がわかってしまっているので、どういうアプローチでくるかと思うと、この手で来たか!という感じです。このパターンならいろいろとやれそうな気がします。あと、1話目のキャラもでてくるので、微妙に同じエリアで動いているのだなとわかっていいですね。

 

この本て、食事以外にも勉強になるところがあるのがいい。今回は、労働について。追い出し部屋って違法じゃないかと思うけど。。。

 

今回は、ブラック企業というか、追い出し部屋に送り込まれた人が柳刃につかまっちゃう犠牲者に。

最終的には、話は解決するのですが、追い出し部屋に送り込まれた状況は、読んでて悲惨という言葉しかない。ここまでになると難しいなぁ。

そんな犠牲者に柳刃が送った言葉。

こういう商売でも、どんな仕事でも必要なのは意思と想像力だ

 

まぁ、暗くなりそうな話を料理でうまく中和してます。この本の料理は読んでて面白いというよりも、夜食で作りたくなる。

特にニンニク黒チャーハン。おいしそう。。。

ただ、ニンニクを大量につかっているので、平日は無理ですね。あと、週末も人にあうとなると、難しい。やはり、引きこもりになる日にやるのが一番いいのかも。

うん?ニンニク大量に食べると、活力がつくから、外に出かけたくなるんじゃ。。。うーん、矛盾。

でも、やったらやったでうまいと、平日でも食べたくなるんだろうなぁ。うーん、難しい。

 

あと、二日酔いのときに出したベジマイトって。。。

昔大学の先輩にそそのかされて、購入したことがある。あれは、個人的には食えたもんじゃない。。。。。。

もう二度と買わないものです。

でも、名古屋に住んでてモーニングとかででてくる小倉トーストも昔は食えたもんじゃなかったけど、いまだと普通に食べたりしているのを考えると、意外となれていくと食えるものなのかもしれないですね。。。

ということは、再びチャレンジしてみてもいいのか?いや、それはないな。。。

 

侠飯2 ホット&スパイシー篇 (文春文庫)
 

 以下メモ

 ニンニク黒チャーハンの作り方

  • スライスした大量のニンニクをフライパンで炒める。ラードか、サラダ油で可。そのあと、フライパンから取り出して、べつの器に入れておく。
  • 刻んだ豚バラ肉と白ネギ、飯を炒める。火力は常に最大。
  • 味付けは塩か、味覇で。
  • 取り出しておいたニンニクを戻して、飯と一緒に炒める。コショウと中国たまり醤油で味付け。