読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Otra célula del cerebro

気が向くままにだらだらと書いていきます。

久しぶりにお題を書いてみる。 お題その1「VISAデビットをブログで宣伝コンテスト」

久しぶりにお題でブログを書いてみます。

ネタがないというよりも、ストック話題がないので書きようが大変というのが理由です。

 

お題その1「VISAデビットをブログで宣伝コンテスト」

 

基本、支払いはクレジットカードで済ませているので、VISAデビットの案内がきてもほぼスルーしてましたので、今回をいい機会に調べてみました。

 

VISAデビットカードとクレジットカードとの大きな違いは、次のことかと思います。

VISAデビットカードの特徴

  • 現金支払いと同じなのに、クレジットカードのようにポイントがつく(だいたい0.2%、最大0.5%)。
  • 不正利用されても、保護されている。
  • 支払いをしたら、すぐ口座から引き落とされる
  • クレジットカードをもちたくないけど、現金も持ち運びたくない人に便利。

 

クレジットカードの特徴

  • 月に1回決まった日に引き落とし
  • 預金枠を超えても利用可能。
  • 支払いに対してポイントがつく(デビットより多い。0.5%以上)。
  • 不正利用されても、保護される。保険がつく。

 

VISAデビットの詳細については、次のURL参照してください。

www.bk.mufg.jp

上記を読んで思うに、自分がVISAデビットの対象となる方は次の3パターン。

  • クレジットカードを作れない方(高校生など)
  • クレジットカードをもつと、使い過ぎてしまう方
  • クレジットカードはいやだけど、現金支払いが面倒な方(あとポイントもほしい方)

その方を対象にして、メリットとなるのは次の3ケース。

  • ネットショッピング(AMAZON楽天など)
  • 海外に出張や旅行へ出かける場合(海外で現金をATMでおろしたり、買い物するにも使用可能)
  • 海外に送金する場合(VISAデビットを作った口座に振り込む or 入金するだけで可)

 

ここらを見据えて、自分自身にメリットがあれば作るというのがいいかと思います。

現状、クレジットカードでカードの種類を選ばなければ、年会費無料なカードもありますから、そこいらとの比較になるかなと思います。

ETCカードはクレジットカードがないと作れませんから、車を持っている人はクレジットカードをもっといたほうがいいと思うんですよね。

 

振り返ってみると、自分自身、支払いはクレジットカードメインで、電子マネーnanacoWAONと電車系ICカード)を使い分けており、ほとんど現金支払いをしてません。

定期の支払いすら、クレジットカードで支払い可能なところにしてますし。

現金支払いをするときは、飲み会のときか、神社仏閣くらい?といったところです。

なので、自分自身が必要か?といわれると、・・・・。

 

久々にカードを調べて、いろいろと新しいサービスがでてくるのだなぁと思います。

今回みたいにいろいろとカードについて勉強したのは、自分がカードを作るときに、どこのカードにするか、悩んだ時以来です。